« プロの声 | トップページ | サントリー天然水キャンペーン »

2020年8月16日 (日)

ミントの葉が喰われた

今年の夏は自家製モヒートを飲もうと春にミントを植えました。

ミントを植えたらものすごく増えるから心して植えろ。地獄のように増えるから地植えはやめて鉢植えにしろと先人たちがクチを揃えて言うものですから、ちゃんと庭の隅にレンガで囲いをつくってその範囲から増えないように刺し芽をしました。
順調に増えてエエ感じに葉もついて、これはモヒートだけじゃなく、ミント水、ミントティー、サラダにも添えてと思いをめぐらせて、そろそろ葉をむしっても大丈夫かなとラムとライムを買ってきてまずは最初の1杯。
これがとーっても美味しかった。
お店で飲むのより美味しい。そして安上がり。もうホクホクでした。

が、その数日後によく見たらもう葉がない。丸裸になってしまいました。
犯人はバッタです。小さいオンブバッタが何匹か地面を飛んでいて、食いつくしたあとのレース状態の葉と枝が残るばかりでした。
ショック。
除虫剤はありますが、食用には撒くなと書いてあるし、木酢液は使ったことナイ。効くのか?あの臭いがどうも苦手だし、なにせ食用にするのが目的なので妙なものを使いたくない。
とりあえず、葉の無くなった部分を切って、またここから生えてこないかと様子見をしています。
根っこは無事だろうから生えるはずなんだけど、そうしたらバッタとイタチごっこになるのでしょうか。

結局楽しみにしていたモヒートは1杯飲んだだけというありさま。
皆さん食用植物の害虫はどうしておられるのでしょう。
ただ、比較的近い場所に植えてあるシソがなぜかほとんど無事です。ミントの方が美味しいのかなぁ。気に入ったのかなぁ。
あと、目の前のゼラニウムは完全に勝利しています。香りが強いからでしょうか。さすがに丈夫だわと感心してしまいました。

« プロの声 | トップページ | サントリー天然水キャンペーン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事