« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年10月

2019年10月25日 (金)

bounce どうしたっ!?

毎月25日のお楽しみ、タワーレコードのフリーマガジン、bounceを今月も一冊貰って帰ってきたのですが…。

 

Img_7968

 

真っ白なページ。

 

Img_7967

 

ここも。

 

Img_7966

 

ここも。

 

…おーい?一体どうしたっ!?こんなのはじめて。
無理矢理 MEMO と書いてありますがここになにをメモするんだ。

 

新譜の出るミュージシャンでなにかやらかした人がいたのか、なんかこじれちゃったのか、連載の原稿を落としてしまったのか。素人はそれくらいの理由しか思いつきませんが、でも一冊のうち何箇所もそんな事故があったりしないわよねぇ。
楽しみにしている「ソウル・ミュージックの光と影」も載ってないし(最終回のアナウンスはなかったはず)、なにがあったのー ?とりあえず来月の告知が乗ってるので次号も出るようですが。

 

新星堂のPauseも無くなって久しく(こちらはインタビューが毎回秀逸でした)、新譜情報を知ったり音楽記事を楽しめる今や少なくなった情報誌ですから、頑張っていただきたいなぁ。

 

Img_7965

 

そうそう、今回の表紙はPIZZICATO FIVEですよ、キャー。
この表紙裏の写真もポッブで可愛いの。

 

2019年10月 7日 (月)

「Bless You!」 田島貴男 写真展

大阪でもやるのを知った直後、タイミングよく堺筋本町に出かける用事があったので早速覗いて来ました、田島貴男写真展。
(2019年10月5日(土)~12月1日(日) マスターウォール 大阪)
※全くの余談ですが企画運営のレンコンデザイン株式会社さんって仕事が穴だらけっていう自虐?謙遜?ギャグなのかしら。

 

20点ほどですし、「写真展」と言うよりはお洒落な家具屋さんの一角を飾る写真が田島作品、といった趣です。
すでに見たことのあるものが多かったですが、素敵なタイトルと共に拝見すると中々よろしゅうございました。

 

Img_7947

 

写真OKとのことだったので、展示の様子を数枚だけ。

 

Img_7940

 

Img_7946

 

しかし私このお店の前の道をしょっちゅう通って、お隣の輸入食料品店にも度々来ているのに、ずっと商売っ気控えめなカフェがあるなと勘違いしてました。高級インテリアショップだったのね。
家具も拝見して来ましたがシンプルなデニムラックが良かったです。お部屋でストールやひざ掛けをさらりと掛けて使ったらいいだろうなぁ。

 

 

Img_7952

 

帰りにタカシマヤの北海道展で六花亭の「六花のつゆ」を発見して喜んで購入。
デリケートなお菓子ゆえか、物産展でもなかなか見かけないんですよね。ストレートティーといただきます。

 

 

 

2019年10月 2日 (水)

「栗本薫と中島梓~世界最長の物語を書いた人」里中高志

栗本薫をはじめて読んだのはいつだったか。多分高校に入って親しくなった友人が「グイン・サーガ」を教えてくれたんじゃなかったかな。
既に何巻か出ていたのを読んで、そこから他ジャンルの作品群をさかのぼっていったように思います。
友人はやおいモノと言われるものも好きでしたが私はそちらはまったく受け付けず、代わりに伊集院大介シリーズや「ぼくら」シリーズが大好きでした。

 

一人の人がこんなに色んな種類の作風で、芸道から時代もの、ミステリにエッセイと送り出すのがホンマかいなという感じで、なんという作品でしたか、一冊に編まれた中篇小説数本が全て違うジャンルというものすごいものまでありました。
※※

 

作品の面白さはもちろん、私はこれを書くのだと発散する熱量に惹かれてこちらも「読まされる」という感じ。引きずられる快感、翻弄される喜びといいましょうか。

 

そのうち読書傾向が広がったこともあり、段々作品から遠のいていってしまったのですが、高校生時代の私のアイドルの一人であったことは事実です。

 

お芝居に傾倒されていったのがちょっと不思議でねぇ。
紙とペンであれだけの世界を紡ぎだす人が、いくら才能豊かとは言え、まったくの畑違いに手を出さなくてもいいのに、その分グインがなんだか面白くなくなってきたなと70巻くらいで手が止まってしまったのが我ながら残念でした。

 

 

Img_7937

 

 

その栗本薫/中島梓の生涯を著作と取材から検証したという一冊です。大変に面白かった。
著者がファンであり、それゆえに冷静にきっちりと書き込んだ素晴らしい評伝です。

 

呻吟して物語をひねり出す作家なのではなく、ほとばしるものを書き留める、熱に浮かされるようにただ異常に集中して書く。
中島梓と栗本薫はただのペンネームというのではなく、別人格なんじゃないかと思われるほど。ご自身も多重人格を意識していた。
怒り出すと何時間も途切れず声が枯れ、へとへとになるまで怒ったり、人と親しむ一方で難しい人だといわれ、稼ぎを芝居に注ぎ込み、
集中が妨げられて半狂乱になる…あぁ、そうだったんだろうなと腑に落ちる一方、さぞ辛かっただろうなと思わずにいられませんでした。

 

栗本薫/中島梓の著作は大量に残してあります。また読み返したくなって来ました。

 

それにしても、高校生の時に文芸部の雑誌に掲載した「産婆」という作品の概要の鋭さ、早熟さよ。

 

※敬称略
※※今書棚から引っ張り出して来ました。「十二ヶ月~栗本薫バラエティ劇場」。小説新潮82年1月号から12月号まで全てジャンル書き分けという企画モノ。
突然思い出したが、このなかの七月のイメージが竹宮恵子だと友人と盛り上がったのでした。 

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »