« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月

2019年6月30日 (日)

ウルフルズすげーっ

職場で仕事をしながら高1男子2名が雑談をしているのをなんとなく聞いていました。
二人とも音楽が好きなのだけど、A君は音源のみの楽しみでナマとはまだは縁がない、B君はライブやフェスの楽しみを知っているけど共に楽しめるツレがいなくていつも一人なのでA君を誘っている様子。

 

出てくるバンド名は私の知らないのも多かったけど、どうやら一番のご贔屓はマキシマムザホルモンで、京都大作戦でシビれたと。横山健で魂飛んだと。モッシュに加わりたいけどまだ様子見なんだって。

 

この辺りから耳ダンボです。高1にしてはシブいやっちゃ。
同じことを思ったのか30代男子が話に参加して、話に出て来るのはKANA-BOONとかヤバTとかサカナクションとか。
そのうちスカパラの名前が出て私も無理矢理参加っ。
いやぁ、こんな場所で音楽話が出来るとは思いませんでしたわ。
最終的には小6男子が加わって、彼の押す打首獄門同好会の話を楽しみました。

 

B君はフェスに行くようになって知らないバンドと出会えて楽しいんだって。
年齢的にちょっとオトナかな?と思って聞いたらラジオが大好きでFMをずっと聞いてアンテナ張っているそうです。
おぉ。エエ子や、柔軟な耳で色々楽しんでおくれ。

 

で、ですね。
この顔ぶれで接点を探りつつ音楽話をして皆が好きだと言ったのがなんとウルフルズ!
年代も好みもバラバラなのにちゃんと円グラフの重なる部分があるのよ?
ウルフルズすげーっ。

2019年6月16日 (日)

「サワコの朝」堤真一さんを見た

「サワコの朝」は好きで良く見る番組のひとつです。
(他の地方は知らないけど関西では朝7:30から。朝寝坊したいので100パーセント録画視聴ですが)
好感を持っているゲストの時はもちろん面白いし、苦手な人でも意外と楽しめたり興味をもてたりするのもよろしい。
私はコミュニケーション下手なので、聞き上手なアガワさんのトークをちょっと参考にさせてもらうこともあります。

 

今朝のゲストは堤真一さん。
坂東玉三郎丈が俳優へと引き上げて下さった話が面白かった。
真田広之さんの付き人時代、出番を控えて「天守物語」のお獅子の中に共に入っているときに
(肩トントン)「役者やるんでしょ?」と毎日のように誘われたそうな。
「本番中ですよ!?」とのことでしたが、ああいう子供の頃から舞台に出ている方は舞台にでる瞬間に切り替えてしまわれるから、それまでは素なんですよね。

 

その後抜擢された芝居で注意を受ける時に「逆算」して演じるように指導されたという話も目に浮かぶよう。
両手をくるっと返すような可愛らしい手つきが付いていて、玉三郎丈のラブリーさに笑みがこぼれます。

 

それにしても歌舞伎界の方ってものすごく周りの人に注意を払っている印象があります。
スターシステムの中にいる人の責任というのかな、やれる、と見込んだ人に声をかける話は子役さんにであれ他の世界の人にであれよく耳にする気が。
自分の舞台をより良いものにするためという面もあるのでしょうが、上に立つ人にはチャンスを与える責任もある、そのことを強く意識しているみたい。

 

劇団「カクスコ」の井之上隆志さんも、劇団解散後中村勘三郎丈にお声をかけていただいたそうです。
脇で重用してもらい「大江戸りびんぐでっど」の時には出身地宮崎県にあやかって「日向屋」という屋号までもらったとか。解散後もドラマや舞台で活躍されたとは言え、あのなんともいえないキャラクターのおかしみをもっと発揮できる場所はないものかと見守っていた劇団時代のファンとしては、勘三郎さんの目の付け所にさすが、と唸り、うれしかったものです。

 

勘三郎さんのもとでもう一花新たな花を咲かせて見せてくださるのだろうと楽しみにしていた矢先、勘三郎さんが病に倒れ、井之上さんも同じく去ってしまわれました。
聞くところによれば当時、勘三郎さんは井之上さんに個人的にわざわざ連絡をして次の仕事が公演中止になったお詫びをされたとか。ご自分が舞台に立てない無念さと共に、見込んだ人を活かしてあげられなさった済まなさも感じておられたのでしょう。

 

上の立場の人が周りに目をかけ、育てたり引き上げたりする。
一般社会でも昭和まではよく聞く話でしたが、最近はどうかな。私は権力をカケラも持っていませんが、学ばねばと思います。

 

…そうそう、「サワコの朝」字幕担当さんへ。
字幕が「獅子舞の中で玉三郎さんが…」となっていましたが、なんで天守物語で獅子舞やらにゃならんかね。
あれは天守閣に据えてある獅子頭ですわよ。玉三郎丈が獅子舞やったら泉鏡花が腰抜かすよ。

2019年6月 9日 (日)

場所違い

とうとう始まりました。ORIGINAL LOVEのbless You!Tour。
私が行くのはまだもう少し先なのに、すでにソワソワ、なぜかすこし緊張。
運動不足なのに体力は持つのかとか、前の日は良く睡眠取ろうとか、遠足状態ね。
初日の写真を拝見して、田島さんの左袖に鳥※※がいるのを見てへへっとなってます。
もうbless You!で踊り狂いつつ感極まってる自分が見えるわー。
(変拍子の手拍子要求されて真城さんを頼りに頑張ってるいつもの自分も見えるけど)

 

今回はスタンプサービスという企画もあるそうで(こういうの楽しい)
他の方のことを考えると押せるのは1回として、どこに、何に押せばいいのか熟考中でもあります。
無難なのは手帳でしょうが、私の巨大かつ重量級の手帳、あんなもの持ってライブに行くのは邪魔だし、気分的にはご朱印帳にでも押したいところだけどそれは神様も驚かれるでしょう。

 

きっとインクはフツーの紙用よね?
布用なら帆布のブックカバーとか、無印のインド綿トート持って行ってそこに押すとかもアリかなと思うんだけど滲むから無理。
まぁ結局ハガキ大の上質紙を持って行って、フォトフレームに入れてみる、とかかなぁ。

 

いやそうじゃない、そんなことを書きに来たのではなく、
エラいことに気づいてビックリしたものでそれを書きたかったのでした。

 

大阪公演のチケット申し込み時に会場確認して、ずーっとあそこに行くんだと思っていて、先日友人と前を通った時に「こんどココでのライブに来るねん♪」と報告までしていた場所が違ってた!アソコとちゃう!間違ってる。
私が思っていたのは なんばHatchで、ホンマは大阪Zepp Namba。うわわわ。
恐々調べてみたらこの2軒の距離は直線でも約1.5キロ。走りながら号泣ですね。まだチケット届いてないとは言え、いやぁ、気づいてよかったわ。
おまけにZeppのほうがキャパかなり大きい。おお。

 

ちなみにZepp Nambaは難波とついてますが大国町のほうがずっと近いです。木津卸売市場の裏です。みなさまもお間違えありませんよう。
今までシンフォニーホールとフェニックスホール、近鉄劇場と近鉄アート館、大昔は毎日ホールとサンケイホール…と人の勘違いを哀れんで来ましたが、思い込みってこういうものなのね。

 

と、言うわけでとにかく今は田島貴男さんの始球式でしょうか。
2年連続雨天中止。ツアー真っ只中に3度目の正直となりますかどうか。
日曜現在、6月11日(火)福島県のお天気は降水率90パーセント!?ギャーッ、てるてる坊主作ってくる。

※6月11日追記

郡山ヨーク開成山球場における楽天対ヤクルト戦。田島貴男さんによる始球式が3年越しで見事大成功!
動画を拝見致しました。おめでとうありがとうきゃー♪ ← 大コーフン
マウンドに立ってバッターボックスに向かったことがありますが、ものすごい距離よ?
ノーバンだなんてすごい!。
ツアー始まったばかりのタイミングなのはちょっと心配でした。よーくほぐしてくださいませ。
それにしても3回目の正直。あぁよかった。

※ちょっと落ち着いて追記

足元はナイキのスニーカー。野球詳しくないのですがスパイクじゃなくてもいいのね。ナイキご愛用の印象あるなぁ。

※※6月17日 ORIGINAL JOHNさんというところの製作だそうで。

2019年6月 4日 (火)

城北公園の菖蒲園へ

城北公園内にある「城北菖蒲園」に行ってきました。
ずいぶん前に行った時は大阪駅から本数の少ないバスに乗った記憶があるのですが
今回は今年3月16日に開通したJRおおさか東線の「城北公園通駅」を利用して出かけました。

駅から城北公園までは徒歩10分~15分程度かかります。
昨日・一昨日となにかイベントをやっていたらしく、作業の方々が足場の解体をしておられました。
どうやらくまモンのショーなどもあったそうで、それはちょっと見たかった。

 

Img_7801

200円の入場料をお支払いして入ったら丁度満開でそりゃあ綺麗なこと。
人出も平日にしてはなかなかのものでしたが、今日は暑くて皆さん日陰のベンチから鑑賞しておられました。

Img_7803

Img_7816

Img_7808

しかし、ですね、回遊しながら色んな種類の花を楽しめるのはいいのだけど、年明けのスーパーみたいなチープな和風音楽がけっこうな音量でずーっと流れていて、興を削ぐったらない。
あれはなんなんだ?サービスのつもり?
まったくもって邪魔なんだけどなぁ。無音のほうがずっとスッキリして良くない?
葉擦れの音も鳥のさえずりもぶち壊しですかそうですか。
無神経さと音楽そのもののビンボー臭さに参って一気に萎えてしまい、早々に退散してしまいました。残念。

Img_7840

仕方なくトボトボと移動して千林商店街の角屋に甘いものを食べに行きました。
バスに乗る予定がバス停を見つけられず、歩いてみたら20分程度で到着。

Img_7836

壁にブワーッと貼ってあるお品書きを見るだけで機嫌が直る。
ツレは氷ミルク金時、私はおぐら白玉ソフト。

Img_7838

Img_7839

あぁ幸せ。おいしい。飾り気のない見かけでSNS映えはしないかもしれないけれど、まだほのかに暖かい出来立て白玉もアンコもしみじみとおいしい。
暑い中歩いて来たから尚おいしい。角屋が近所にあったらなぁ。おまけにお財布に優しいし。

その後は商店街でなんやかやと買い物をして、ひとまず楽しいおでかけにはなりました。

 

※ 無理矢理聞かされる音楽の話。
毎日利用する駅でも電車が来るまで沿線の遊園地のスペイン風テーマ曲を聞かされるのよね。あれも中々ストレスです。

 

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »