« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

2019年5月 6日 (月)

レスポのベタベタと臭いが取れた!

※以下の方法はダメージもあるので最後の手段です。あくまで自己責任でどうぞ。

レスポートサック。ご存知ナイロン素材のバッグです。
色んなプリントがあって、軽くて雨も気にならないので一時期いくつも集めて楽しんでいましたが、最近は気に入るプリントが見当たらないのに加え、心斎橋の直営店が撤退してしまったので少々ご無沙汰です。とは言え、気に入ったものは古くても大事に使って来ました。動物モチーフかラブリー過ぎないプリントが好みなんです。

さて、レスポの宿命と言いますが寿命の証と言われているのが臭いとベタベタ。
最近のものは裏地もあり、劣化原因も改善されているようですが、(確かに数年経っても問題なく使えています)ちょっと古いものに関してはこの臭いとペタペタが出現したらもう捨てるしかないというのが通説でした。日本の湿気がダメだそうです。

私のものもかなり前から問題出現。
臭いが無く、裏がベタベタするだけのものには自分で型紙を作り裏地をつけて使ってみたりしましたが、そのうち臭いも出てきて、プリントした表面もベタベタというかニチャニチャしてしまったため最近は放置していました。

この連休にとうとう処分しようとゴミ袋に入れかけて、ホンマにこれを取る方法はないのかなと手が止まり、思いついてちょこっと調べてみたところ、このベタベタは酸性らしく、ということはアルカリ性のもので洗浄すればなんとかかんとか。…ほほう?
アルカリ性で危険性のないものといえば水に溶かした重曹が代表格。検索してみたら重曹でスポーツバッグのベタベタをとった例がヒットしました。
おぉ。これダメモトでやってみる価値があるのでは?捨てる前に試してみたい。

そして、いそいそと出かけた100均で掃除用の重曹を手にしたとき、ふと隣にある「セスキ炭酸ソーダ」なるものを発見。
裏を読めばこちらもアルカリ性の洗浄剤。同じメーカーのものなのに100円に対しての量が重曹より少ない、ということは成分が強いのかも。知らんけど。で、結局勘でこっちを買って帰りました。

やり始めたらテキトーさに拍車が掛かります。
洗濯槽にぬるま湯を半分ほど入れ、ちょっと迷ってセスキ炭酸ソーダを一袋(200グラム)ぶち込み、さらにベタベタで臭いレスポ数点を投入。
2~3分洗濯機を回して放置。
始めたのが夕方4時ごろで、以降夜中の12時ごろまで思い出す度2~3分ずつ洗濯機を回すというのをなんども繰り返してみました。
8時間越しで液に浸かっては回転を繰り返した水のそりゃあ汚いこと。
普段からちゃんと手洗いをしていたのでバッグの汚れとは思えず、この真っ黒は何?プリントが溶けてる?なにか反応してる?と考えつつも、やりはじめたら止められず、ぐるぐる回し続けて後、排水とすすぎを繰り返し、静電気防止のために軽く柔軟剤を入れ、結果チェックは明日にして夜干しして終了。
(あ、洗濯槽のゴミ取りネットは絶対つけてください。大量に剥がれが溜まります)

…翌朝、乾いたところをチェック。

ベタベタしなーい!臭いも全くしなーい!色落ちも無い!

ただし、一番古いものは剥き出しの布の裏がポロポロと剥がれたカケラだらけなので揉み擦って取りました。粘着コロコロが大活躍。(リップストップナイロンのコーティング部分が浮いて剥がれたみたいです)これは今後裏地をつけて使うことにします。
元々裏地が付いているものはプリント布と裏地の間でポロポロが発生しているのが透けて見えていますが、外には出てこないので無視して使えば支障はなさそう。
自分で裏地をつけていたものも多分ポロポロが出ているはずですがこれも同じく気にしなければ使用に問題はなし。

ただ、レスポはなんと言いますか、縫製が非常に大らか(笑)なので、バッグ本体はともかく付属のポーチはグルグル回っているうちに縫い目がほどけたものもありました。まぁ、ミシンでガーッと縫えば大丈夫。

とにかく臭いがまったく無くなったのと、手触りがサラサラになった点は大成功。
粉だらけの剥がれは対処できる&気にしないということで私としては問題なし。愛着のあるものがもう少し使えそうでうれしいです。
が、これが万人に正解かどうかは知りません。
参考になさる方がもしいらっしゃればしつこいですが自己責任でお願いします。どうなっても責任は全く取れませんっ。


Img_7780

これがポロポロ。べたつき部分が変質して剥がれた模様。こすれば取れます。

Img_7784

これが裏地越しに見えている剥がれ。布の中の出来事なので気にしない。

Img_7783

このプリントの復活がうれしい。変なサカナ模様です。鯉だったかな。

追記・2020年3月現在、このとき洗ったレスポは一年後も問題なく使用中。ベタベタも臭いもないままです。
プラ製の衣装ケースに乾燥剤と共に密封して保管。ガンガン使ってます。

 

 

2019年5月 5日 (日)

ジェットストリームのキャップ

ジェットストリームと言えば城達也さん…ではなくて今回はボールペンの話です。
三菱ユニのジェットストリーム4&1をずっと愛用しています。
最初はやや滑りすぎな気がしていたのに、慣れてしまってからはもうこればっかり。
0.7の太さが好みなので替え芯もずっとこれを使用、筆圧高め、黒々とした描線好きなのにもピッタリです。筆記具はもうこれだけあれば充分じゃないかと思うほどで、いただきものを含めいつのまにかブラック・ライトブルー・グリーン・ボルドーと4本も所有しています。(文具好きなので実際はこれだけとは行きませんが)

 

が、数ヶ月前にそのうち1本のキャップをどこかへ紛失。
無くても支障はないのでそのまま使っていましたが、なんとなくテンションが下がるものでこのブルーの出番が自然と少なくなって来てしまいました。

 

Img_7757

 

先日ふとこの部分だけ買えるものかなと思い立って調べてみました。…買えるんですね。
正攻法の三菱鉛筆オンラインショップで108円。ただし送料216円。
楽天でもヤフーでもアマゾンでもあるやん。お値段は似たり寄ったりで送料は仕方ない。さっそくポチっとやりかけたところでふとひらめいたのがグリーンの指差しマークのあのお店。

 

以前、こんなものも取り扱っています!という広告のなかにシャチハタ印のキャップがあって、あぁコレつい無くしそうだもんなぁ、コレだけ気軽に買えたらうれしいよなぁと思ったのを思い出したのでした。

 

店頭に行き、筆記具担当と思しき方に現物を見せて質問。カタログを確認のうえあっさり取り寄せOK。
「小さいものなのに申し訳ないです」と言ったらにこやかに「いえいえ」と言っていただきましたが実際問題として100円の商品にやりとりして伝票書いて発注して連絡して…という手順を考えたら出血サービスという感じなのでしょう。
普段から結構なハ○ズ贔屓なのでお許しを。こういう対応をしていただいたらますますお店に足が向きますね。
で、一週間とのことでしたが2日ほどで入荷の連絡があり、ペンは無事に復活したのです。

Img_7758

Img_7759

Img_7760

 

まさかと思いますが、これ読んだ人がキャップのお取り寄せばかりお願いしてご迷惑になってはいけないのでやんわりと伏字っぽくしてみました(笑)
でもさすが対応すごいわー。感謝。

2019年5月 4日 (土)

植物園とスタントン

10連休も終盤戦となりました。
庭の草抜きや塀のペンキ塗りなど気になったことをこなしつつなんだかんだと過ごしております。

 

人混みでなく、でも楽しめるところをと言う訳で長居の植物園に出かけて来ました。
お弁当を作らずに「パリーネ」でパンを買っていく計画だったのに人気店なのと同じ事を考える人が多かったのか
店内に入ることも無理な混みかたであきらめました。仕方なく隣のスーパーでお弁当を購入。
これはこれでオツなものでした。外で食べると非日常感が加味されて何でも美味しいです。

Img_7773

 

Img_7771

 

Img_7764

薔薇はまだ早め、藤とボタンはもう終わり。
ラベンダーと植え込みのパンジー・ビオラが盛りで楽しめ、広い園内でゆっくり散策できました。
園芸好きやスケッチ愛好家、カメラ好きさんも大勢おられました。植物の多いところって空気も綺麗で気持ちいいです。

 

長居植物園に出かけたときは大抵そのまま歩いて駒川商店街に行きます。
八百屋さんと花屋さんが多くてこのご時勢にとっても賑わっていて楽しい商店街。
安いんですよね~。ワケあり商品を扱う店も多くて、上手くすると掘り出し物に出会えるのも楽しい。

 

最近このあたりに立ち寄ると「本のお店スタントン」で締め。ものすごく居心地のいい本屋さんです。
文芸・アートの新刊、古本もありのお店です。店主さんは元アセンス針中野店の店長さんだそうで、なんだかとっても感じのいい方です。

Img_7775

そこで今日のハイライト中野翠の「上等少女趣味101コラム」を購入。昭和57年刊、イラストは上田三根子さん。
中野さんは好きで大概読んでますがここまで古いものは知らなくて、踊りあがりました。
大事に読むつもりでまだパラパラと見ただけですが「ギャルズライフ」に書いたものから再構成したもののようです。
ぎゃ、ぎゃるずらいふ?と驚くものの、イラストも可愛く雑貨、ポップなもの、可愛いものに関してのコラムみたいで本当に楽しみ。
ツレに「これっ、これ欲しいっ。貰ってくるっ」と興奮しながら言ったのを店主さんがレジで聞いておられたようで「懐かしいねぇ。中野翠若いねぇ」と話しかけてくださいました。「うれしいですっ。読むの楽しみ」と言うのにニコニコしておられて、ファンの元にこの本が渡ったな、よしよしと思われたのでは。ものすごい良心価格でしたよ。ありがたい。

 

そうそう、北園克衛全詩集がありましたよ。欲しい方は急げっ。

 

※購入することを「貰う」と言うのは古めの関西言葉かも。
標準語でも買うときに「これいただくわ」って言うでしょ?
「もろうてくる」「もろてきた」などと聞いてもかっぱらってきたわけではないので驚かれませぬよう。

 

 

 

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »