« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

2019年4月30日 (火)

奈良国立博物館 藤田美術館展へ

連休、色々と予定を立てて楽しんでおります。
私は9連休なのですが、お盆とお正月よりも多いお休みでもうなにをしたらいいのやら、ひとまず夏服の準備して久々にミシン出してきたり、あとは本の整理と断捨離かしら。部屋の模様替えもしたいと思っています。

さて、今日は奈良国立博物館で開催中の「国宝の殿堂 藤田美術館展」に行って来ました。
曇り空で夕方から雨の予報なので外出は控える方が多いかなという目論見がありましたが、近鉄奈良駅に着いた所から人人人でエラい騒ぎでした。外国の方も多いので万博会場のようでしたよ。
博物館もそれなりの人混みでしたが、まだ許容範囲かな。

今 回の目玉が「曜変天目茶碗」です。
日本に三椀存在するのみ。それが滋賀県のMIHO MUSEUM、東京の静嘉堂文庫美術館、そしてここ奈良で同時期に拝見できる「奇跡の5週間」。5月1日号のBRUTUSは特集を組み、3館をめぐる特別ツアーもあり、ちょっとしたお祭り状態です。

入館してすぐに行列。
最後尾の札を持った警備員さんからお茶碗まで30分と聞き、行列がなにより苦手な私としては少々へこたれましたが、ツレに「こういうのは長めに言うてるはず」とささやかれて大人しく並びました。結局20分足らずで到達。
あ、きれい。
思っていたより小ぶりのお茶碗でしたが宇宙がおさまっているような美しさ。
角度によって表情が全然違って、このお茶碗の場合は正面がない、というか全面正面のよう。
並んで良かったワところっと機嫌がなおったのでした。
(後ろからの拝見でよければ並ばなくても大丈夫です)

大亀の香合の丸い甲羅と美しい色合いに見惚れ、経箱の細工に見入り、藤田伝三郎という人物を想い、あっちへウロウロこっちへウロウロ。
さらにお隣の「なら仏像館」に移動して大好きな伽藍神立像に久々にお目にかかりまた見惚れ。
もうね、わたしこの伽藍神立像が何度見ても好きで好きで、行く度に見入ってしまうのです。
袴姿の布の躍動感、疾走感、お顔の表情、特に左やや後ろからのお袖のはためき具合よ。どことなくユーモラスなのもたまりません。
ガラス越しとは言え、至近距離で好きなだけ見られるなんてなんと幸せなことか。また会いに来ますね。

…美術館、博物館ってけっこう歩くし、集中するせいかヘトヘトになりません?
予定では春日大社の藤と万葉植物園へと思っていたのですが、博物館の前にも藤棚があったのでもうそれでいいことにして予定は取りやめに。
雨も降りだしたし、とっととビール飲みに行ってしまったのでした。結局はお酒なのね。

Img_7756

鹿たち。
土日に鹿せんべいを食べ過ぎたのか、もう誰が差し出しても無視してお疲れ状態の皆様でした。

 

※写真ボケボケですな。 ココログの仕様変更にまだ苦戦中。前と同じ手順でどうしてこうなるの?

2019年4月15日 (月)

NHK放送番組モニター終了

この半年間、NHKの番組モニターをやっておりました。
いやー、大変だった。でも面白かった。

きっかけはたしか、今モニターを募集していますというメールがNHKから届いたんじゃなかったかと思います。
元々NHKのメール会員か何かに登録していたので、その一斉送信による案内だったはず。

 

たまたま気が向いて、深く考えずに指定番組の中から応募原稿を書いて送る
(雰囲気を知るために固めの番組を視聴、記入の所要時間を計りけっこう大変なのをここで認識)
          ↓
忘れた頃に選抜されたとお知らせが届く
(後から知るにこの時点で大体20倍の倍率らしい)
          ↓
ありゃりゃ決まっちゃったよ、でも担当は半年先とあるのでゆっくり考えようと思う
(で忘れる)
          ↓
半年後説明会のお知らせが届き、最寄の局まで呼び出される
(思い出した)
          ↓
階段教室での講義風景を想像しながら行ってみたら、小会議室に数席しか準備されてなかった
(ここでもう断れないのに気づく。遅い)

 

と、こんな具合に始まった半年、1ヶ月に12本のレポートを6ヶ月で72本、よく書きました。
説明会で最後の悪あがきとして今までの方の提出率をお聞きしたら(要するにバックレた人はいないのか聞きたかった)
担当の方が「前半年担当の皆様は全員パーフェクトにご提出いただきました」とにっこりしていたのが印象的で、腹をくくってからは頑張りましたとも。

なにしろ3日に1本以上のペースですからね。担当番組が2本あるので2×4週で8本、
選択番組という自由枠が4本の計12本です。
担当番組は先方から指示されるので、経済番組だろうがお笑い番組だろうが書かねばならず、苦手な番組にあたった時期が辛かった。正直な感想を書けばいいのですがこの期間はそうとう辛口だったと思います。

 

今までボーっと見ていた番組を真剣に見て、賞賛するにしても批判するにしても筋道を立てて「この点に論旨のズレを感じた」だの「ここの掘り下げが物足りない」だの「こうだから意義深い」などと文章で伝えるわけですから夜中までかかって推敲し、呻吟することもしばしばでした。
反応がかえってくるわけでもなく、議論の俎上に載るわけでもない一方通行に最初は戸惑いましたが、自分の書いたものが番組に反映されたと思う出来事があってからは自信をもてました。
ネット上には色んな感想が転がっているのを知りつつも、これは絶対見なかった。引き受けた以上の責任もプライドもありますから、自分の言葉で自分の意見を書きました。
番組をちゃんと見て、期日までに本数を提出するスケジュール管理もけっこう大変で、カレンダー付き手帳と自作のチェックリストで管理してこなしました。

報酬は1ヶ月15.000円。半年で90.000円。プラス説明会の日当と交通費もいただきました。
在宅のプチバイトとしてはいいかな?と思うでしょ?私もそうでした(笑)
月15.000円。CDなら5~6枚、単行本なら8~9冊。芝居なら2~3本、飲み会なら3回分だわと。
…無理です。そんな楽しみはどこへやら、私はこの半年番組視聴とモニターレポート書きに追われて積読の山が出来、レコーダーに未視聴の番組が溜まりました。
残業しても友達と飲みに行っても未明にレポート書いたもの。流行作家が締め切りに追われる疑似体験は出来ますってか。

1時間の番組を見て、場合によっては巻き戻して発言内容の確認なんかしたりして、レポート書き出して気がついたら1時間以上経っていて、そう考えたら金銭的にははっきり言って割に合いません。
でも、知らない番組に出会い、書いたものが番組作りに反映されたかなという体験をし、拙いなりに誰かに確実に読まれるという体験は得がたく、いつもと視点の違う文を書くことは楽しく、面白かった。
番組モニターって、テレビ局は視聴者の意見を広く聞く態勢にありますよという体を装うためにあるのではと思っていましたが、色々お聞きしたところによると、少なくともNHKに関しては番組に関わる人々が皆さん確実に読んでおられるようです。

真面目、几帳面、文章を書くのが苦にならないタイプの人にはお勧めです。
またやりたいか?うーん、2度目、3度目の猛者もいるようですが、私はどうかな?(笑)

 

 

2019年4月 9日 (火)

ハルカスにイリエのクリームパン!

あべのハルカスの地下食料品売り場をふらふらと歩いていたら、改装中のブースに
「バックハウスイリエ 4月○日オープン予定」と書いてあるのを発見しました!
(日付部分は興奮しすぎて失念。また見てきますが24日だったような気が)

一人歩きだったのにうれしくて「ひぇーっ」と声が出ましたとも。
イーリーエー♪
クリームパンがやってくーるー♪ 

もうクリームパンの為だけに梅田に行かなくていいのね。
毎日通る場所にイリエが来るなんてうれしすぎです。

ブースはある程度の広さがあるように見えました。クリームパン以外の商品も扱うのか、
それとも並ばずに買えるように何らかの対応が取れるようにあの広さなのか。
私としては他のパンも買えたらうれしいです。

しかし本当にキタに行く用事が無くなったなぁ。
梅田ルクアイーレの蔦谷書店といくつかの食べ物やさん以外は皆ミナミと天王寺でこと足りるように
なってしまったわ。

 

追記 工事中の壁に4月24日(水)オープンと書いてありました。
クリームパンだけでなくハルカス限定など他のパンもあるようです。楽しみ!

 

2019年4月 5日 (金)

Suchmos「THE ANYMAL」

Suchmosの新作「THE ANYMAL」を発売以来、何度となく聞いています。
ボリュームがありすぎて通しで聞くのが難しく、その点ちょっと損してる感があるもののすっごい力作。

 

「THE ASHTRAY」でアンバランスや練り不足を感じて少々もどかしく、成長期の青年をハラハラと見守るような気分になっていたのだけど
今作は「我々は今度はこっちに行くんで!」という意思と自信がガツンと伝わります。
例えて言うなら、舵を大きく切った船が堂々と外洋に出ていくみたい。

 

…しかしながらこの船には同乗した人、こぼれ落ちて海にプカプカ浮いてる人、岸から見送っている人と色んな船客(ファン)がいるところまで見える気が(笑)

 

私は一聴して唖然(先行の音源は聞いてなかったので)
何度か聞いてこれスゴくないかと思い、慌てて船尾にしがみついて一緒に沖に出たもののこれからどうするか甲板で考え中といったところ。
理由は、好き、また聞きたい、楽しい、というシンプルな楽しみが出来るアルバムとはちょっと違うし(そういうジャンルで無いのはちゃんとわかってます)、解釈や技量に圧倒されるというほどの快感にも至らずで、凄いなぁとは思いつつも私自身が好きか嫌いかという判断が混沌としてまだできないからです。

Img_7696

うーん、どうにもヴォーカルがしっくりこないというか頼りなくて、そこは気になるかな。
これまでの音源では感じなかったのに、このアルバムの世界観をリードしていくには線が細いし、全体に力量不足。
そこが私には物足りなく感じるし、アルバムの完成度を崩すように聞こえる。(YONCEゴメンよ)

 

SWITCHやMUSIC MAGAZINEのSuchmos特集号も積読の山の中です。
最近ちょっと時間も出来たので、とりあえずこれを引っ張り出して読みつつ、もうしばらく聞いてみるかな。

 

 

 

その後、某所でこのアルバムがなぜかフルで流れているのに出合ってじっと聞き入る。
ほほう、こうやって聞くとやっぱり格好良いな。格闘中。

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »