« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

2019年1月28日 (月)

改題と誤植

電車に乗ってさっき古本屋さんで買ったばかりの文庫本を数頁読んで
「あ、またやってしもーた」と気づきました。
この本、単行本で持ってる…2冊目やん。

 

同じ本を2冊買うという失態を稀にしでかしてしまいます。
図書館で読んだことを忘れて買ってしまうとか、数冊組のものを巻数ダブってしまうとか、そしてこの本のように「改題」されているのに気づかない場合とか。一番ガッカリするのはこの改題に気づかなかったパターンです。

しばらく読むまで気づかない自分の頭の出来を棚に上げて言いますが、改題する場合ははっきりとわかるようにしてくれ。
表紙とは言いませんが(親切なものは表紙にだって書いてありますがね)
扉裏か、中表紙くらいには明記して欲しい。
でないと「2冊買わせよう作戦」のためにわざわざ改題したと解釈してしまいますよ。

 

この本、単行本の「さらば勘九郎」が幻冬舎から2005年3月初版発行、
文庫本が「勘三郎、荒ぶる」として幻冬舎文庫から2010年2月初版発行でした。改題の断りは後ろに小さく載ってるのみ(怒)

Img_7500

まぁ、古本屋さんで買ったわけですし、そう怒る権利もないといえば無いんですが、うーん、やっぱり悔しいわ。
悔しいついでに書いてしまうと、単行本での誤植が文庫になっても直ってないっ。

 

勘九郎(当時)と野田秀樹氏との関係に頁が割いてあり、何度も何度も劇団名が出てくるのだけどそれが全て「劇団 夢の遊民社」になってるのよ。
言うまでもなくこれは「劇団 夢の遊眠社」で、あなた、そんじょそこらの劇団じゃありませんよ、80年代小劇団ブームの中心劇団であり間違いなく現代演劇の礎たる劇団のひとつですよ。
まだある。
六代目笑福亭松鶴のルビが「しょうかく」となってて、これも当然ながら「しょかく」で、なんで著者(小松成美氏)のゲラチェックも出版社の校正もパスしてしまったのか唖然としたので読んだ時にメモして単行本に挟んでおいたのです。(性格悪し)

 

で、これは単行本初版なので無理して目を瞑るとしても、文庫を確認したらまだ直ってない。どうなってるんだ。
なんだかもう2冊買ってしまったことへのムカツキがどこかに行ってしまいそうですが、そもそも改題にひっかからなければこの雑なつくりにも気づかずに済んだ訳ですからおさまりがつかない。本ってこんなに杜撰に作るもの?幻冬舎って本を愛しているように思えないことが自分の経験上多すぎる。

 

救いがあるとすれば、文庫にはジェームズ・リプトン氏(『アクターズ・スタジオ・インタビュー』の素晴らしいインタビュアーの先生ね)
と勘九郎の対談および宮藤官九郎の解説が載ってます。

2019年1月19日 (土)

「僕が骨髄提供をした理由」 木下ほうか

1~2年前のこと、骨髄ドナー登録を呼びかけるポスターに俳優の木下ほうかさんの写真を見たことがありました。総合病院の掲示板だったかと思います。
そこにはご自分がドナーを経験したことが書いてあり、かなり驚きました。

尊い行為だけど、あれは思いつきで簡単に出来るものではないはず。
時間的拘束もあるし、痛みもあると聞いたことがあります。相当ハードルの高いことをされた動機を知りたくて木下さんのブログにたどり着きました。
長年続けている投稿に埋もれるように、つまり特別なこととしてではなく日常の延長線上にあるかのように手術時の写真などを公開されていて、こういう一面をお持ちだったのかと感じ入りました。
ただ、あちこち読んでも「なぜ提供者になったか」という記述は見つけられず、そのままになりました。

さて、月日は過ぎてつい先日、図書館でこの本をみつけ、すぐさまお借りしてきました。「僕が骨髄提供をした理由」木下ほうか。2018年11月刊の新刊です。

Img_7504_2

一度は偽善的行為だと見られることを嫌い出版を断ったそうですが、医療者や患者さん側のことを書いた本はあってもドナー側に立ったものはほとんどないことを知り翻意したとのこと。

ご本人のこと、登録から提供までのことに加えて、これも長く続けておられる献血と提供の流れについての公式な記載で構成された本です。
割合あっさりとした記述でもうすこし書き込んでいただきたい箇所もありましたが、移植本番へ数度のチェックを経てゴーサインが出て、患者さんも準備をはじめ、もうなにがあっても後戻りできない部分の緊張感などはこちらにも伝わってくるようでした。

前述の「なぜ提供者に」という部分もタイトルにあるようにきちんと書かれています。私が恐いと感じていた痛みについては、木下さんはなかったとありました。個人差があるようです。

私は献血もドナー登録も条件を満たせないので、こういう本を読むと申し訳ないような気持ちになってしまうのですが、あいまいだった知識が修正され、色々考えるところがあったのは良かったと思いました。

そして日本骨髄バンクのHPも読み、私のような人は募金という形で協力できることも知りました。
今まで募金は日本赤十字のみと決めていたのですが、これは覚えておこうと思います。へぇっと思ったのは不幸ごとの香典返しを寄付にかえることができ、その場合はお礼状を日本骨髄バンクの名前で準備して下さるようです。
あ、これ知ってたら良かったな。私のときはぜひそうしてもらおう。

この本、読んで良かったら「貸して」あげてね、とあるのにお人柄を感じました。木下さん、いい俳優さんですよね。脇にいてもちゃんと自分の爪あとを残す方です。

2019年1月14日 (月)

悲しきハート 弘田三枝子

いやー、凄い。
この画像にハマってしまって毎晩のように聞いています。

YouTubeは公式以外なるべく貼らないように心がけているのですが(ホンマか~?)禁を破って貼ってしまいます。シビレる。

弘田三枝子さんが上手いのはもちろん知っていましたが
年齢的にリアルタイムではないので、こういう聞き逃しが今頃出てくるのです。

この上手さってなに?声量もリズム感もテクニックも素っ晴らしい!
時代的に表拍でモノクロですが、それにしても今これだけ歌えるティーンっているのでしょうか。
1963年ということは55年前、にわかには信じがたいですが16~17歳の映像のようです。これ紅白歌合戦よ?
紅白に出るのって歌手にとって今よりずっと大舞台だったはず。おまけにちょいと調べたら(こういうのがすぐにわかる所はいい時代だ)トップバッターらしいです。それでコレかー。

健康的でキュート。鼻にキュッとしわをよせる表情も可愛いわー。(私は女性のこの表情にめっぽう弱い)最後にスタスタスタと帰っていくのもいいわー。

カバー曲ですがも原曲よりいいです。さらにご本人の音源よりもこの歌唱がイキイキしていていい。みナみカズみ作詞。あ、安井かずみさんじゃん。

2019年1月 7日 (月)

#あけましておめでとうの頭文字で一番最初に思いついたアーティストを言ってみる

ツイッターで話題のようなので参加。
色々考えずにタイトル通り最初に思いついた人をただ並べてみたら。

あ ICE
け ケニー・バレル
ま マイケル・ジャクソン
し シュガー・ベイブ 
て テディ・ランダッツォ  
お オリジナル・ラブ
め 明和電気 
で  ディオンヌ・ワーウィック 
と 戸川純
う 上原ひろみ

2019年1月 5日 (土)

旭屋書店天王寺MiO店が閉店…

私は今日から仕事です。
まだまだお休みの人が多いのか電車が空いてました。

さて、活字中毒者としてはお休みが終わったらとりあえず用事はなくても本屋です。
一番良く行く天王寺ミオ(と、いう名前のショッピングビルです)の旭屋書店へ行きましたらなんと2019年1月6日をもって閉店の張り紙があちこちにありました。ショック…。

実店舗で本が売れなくなったと聞いて久しく、蟷螂の斧とわかっていても出来るだけネットは使わず本は本屋さんで買うように心がけていたのですが、またひとつ身近な本屋さんが消えることになりました…。

この界隈にはくまざわ書店が2軒、ほかにジュンク堂書店、喜久屋書店、個性的なところだとスタンダードブックストア、ヴィレッジヴァンガード、なんならアニメイトもブックオフもあるんですが、立ち寄りやすさと品揃え、陳列の相性などはこの旭屋さんがいちばん好きだったのです。
どこになにがあるか、陳列のクセみたいなものもわかっていて、本当に探しやすくて買いやすかった。

雑貨ショップを併設し、それがなくなったとおもったら文具コーナーを併設し、突然ルートート大量入荷したりで、ちょっとそのあたりに迷走を感じていましたが、大手さんだし、天王寺で長年営業されていることもあり、まさか撤退されるとは思っていませんでした。
うーん、残念。

今日は一日仕事をしながら
図書カードいっぱい包装してもらったなとか
取り寄せや取り置きも気持ちよくしてもらったなとか
買い物ついでに貰う「図書」や「本」「青春と読書」「本の旅人」なんて出版社のPR誌がうれしかったなとか
ミオカードのポイント、もう貯められへんわとか
色々考えてしまいました。
あぁ残念。

※1月15日追記

旭屋書店のあとには紀伊國屋書店が入る模様。3月オープンとのこと。
とりあえず本屋さんでほっと安心。文具併設だそうです。

2019年1月 3日 (木)

新年のごあいさつと紅白雑感

新年おめでとうございます。
拙いプログですがご覧頂いてありがとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

年末に我が家の猫の額の南天に真っ赤な実が沢山実っておりました。
南天は難を転ずるというおめでたい木。新年はあれを飾ろうと目論んでいたのに新年明けて花鋏を持って出て行きましたらすでに実はひとつもありませんでした。あらー。
飾り物の無い年明けとなりましたが、これもどこかの鳥のお腹を満たした吉兆の出来事と捉えようと思います。

さて、去年の出来事になってしまいますが紅白、面白かったですね。
Suchmos見ておげんさんとチコちゃん楽しみながらおせちの仕上げなどしていたのですが、多くの人が言うように椎名林檎さんと宮本浩次さんからぐぐっとエンジン加速した印象がありました。この辺りから集中。
(田島貴男さんのツイート「波長が乱れたような時空が歪んだような」は 言い得て妙。正隆さんの突っ込みがあったとしたら手にはアルミの洗面器とキメて欲しいものです)
ユーミンが言っていたように「平成最後のお祭り」というキラキラドンちゃん騒ぎなのに皆さんプロ!という理想形だったと思います。楽しかった。

Suchmosは懸念していた通りで(苦笑)、終始つまらなそうなのにちゃんと遠足に参加している中学生のようでしたねぇ。
松田聖子さんは前髪あったほうがいい!ワタクシテレビの前でいつもいつも言ってたの。前髪可愛いっ。終始楽しそうに振舞うこの方はやっぱりプロフェッショナルで好き。
ベストドレッサーはMISIAさんねー。
サザンは言うまでもないし、ユーミンの盛り上げの勘所の鋭さはさすがでございました。
願わくば結果発表とか全てカットして「勝手にシンドバッド」から狂乱の「蛍の光」なだれ込みで終了と行きたかったわー。(そうも行かんか)

ミュージシャンも豪華。
笹路正徳さん、武部聡志さん、弦一徹ストリングス…佐々木久美さんトコは詩織さんも出ておられましたね。母娘競演。
ユーミンのバックに松任谷正隆さんを確認し、小原礼さん、鈴木茂さん、林立夫さん。もう大騒ぎしましたとも。
aikoさんのダダ泣きに代弁していただきました。感動よね。

年末から色んな音楽番組を楽しみましたが、レコ大と紅白のバンドはさすが強力でした。
口パクが幅を効かせるようになって久しいですが、こんなに素晴らしいミュージシャンが一杯いるんだからもっとナマ音聞きたいものです。

Img_7499
和菓子食べ食べお茶飲み飲み。
いい一年になりますよう。

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »