« ハンズメッセ 2018 チラシが届く → 初日の追記 | トップページ | ニール・サイモンさん天国へ »

2018年8月29日 (水)

写真家 沢田教一展 ―その視線の先に

大阪タカシマヤで開催中の
「写真家 沢田教一展 ―その視線の先に」展がとても良かった。

写真展・絵画展の感想はいくら感銘を受けたとて、文字にするのはとても難しいので基本的には何も記録せずに終えるのだけど、この写真展はちょっとメモだけして置こうかと。

あまりにも有名な「安全への逃避」と、昔「ピュリツツァー賞写真展」で見た数枚しか沢田氏の作品を知らなかったのですが、たまたま目にした今回の写真展のチラシ(最近はフライヤーと呼ぶほうがポピュラー?)に掲載されている子供の写真がとても魅力的であ、これちゃんと見たいと思ったのが足を運ぶきっかけでした。

Img_7046

初期の、奥様や青森の風景を撮ったものから、優しさダダ漏れ状態。
写真意外にもエピソードやお手紙で拝察されるお人柄もなんというか、スケールの大きな逸物という印象。
展覧会という環境でその方のマイナス面を強調することはないでしょうから、多少割り引いて想像したとしても平たく言うとカッコイイ人なんですよ。パワーのあった方なんだろうなぁ。

そしてベトナムの子供を撮った作品がやはりとても素敵でした。
繰り返しになりますが「優しい」。甘っちょろい優しさでなくて力強い優しい写真。いやぁ、こんな方がいらしたのね。

34歳という若さで亡くなっていますが、今まだご存命なら82歳。
惜しい。この後どういう状況でなにを撮り、どんな風に見せてくださったことかと思ってしまいました。

ちょっと関連本など探して読んでみたい。

会期は9月3日(月)まで。ぜひぜひ。

« ハンズメッセ 2018 チラシが届く → 初日の追記 | トップページ | ニール・サイモンさん天国へ »

文化・芸術」カテゴリの記事