« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

2018年7月29日 (日)

お宝レコード発掘の旅~あなたの思い出の曲かけさせてください 

BS朝日で7月22日に放送された「お宝レコード発掘の旅~あなたの思い出の曲かけさせてください 4」を見た。

この番組、最初はたしかリモコンで番組表を見ていて「レコード」の文言に惹かれ、録画視聴したんだったと思う。
それが偶然にもパート1、第1回目の放送で、なかなか面白かったので続けて見ている。

BSの番組は不定期放送のものも多いので、気に入りのものは見逃さないようにするのが骨なんだが、深夜寝る前に明日のテレビ番組表を地上波とBS、ざっと眺めてひっかかるものはどんどん録画しておく習慣にしてからはずすことが少なくなった。
たとえば同じBS朝日の「ウチ、断捨離しました」シリーズとかも同じパターン。
この作業を経てテレビを見ると、見はぐれることが少なくはなるが、いつの何時にどの放送局でやったものかが判らないままなのが難点である。
(断捨離シリーズも同じBS朝日だということはたった今知った。そういえば番組のムードも似ているようだ)

それはともかく。
この「お宝レコード」、ポータブルのレコードプレーヤーをスタッフ氏が昔の駅弁売りのおじさんスタイルで胸に下げ、街行く人に声をかけて、家にレコードは残っていないか、あったら「思い出の曲かけさせて下さい」とお願いするというそれだけの番組なのだ。
加えて、家庭のお茶の間を模したセットに野口五郎さんと女性がいて、合間に色々トークをしたり、ワイプで感想なりを乗せたりもする。

テレビ人がそうでない人に声賭けをするのに横柄だったり無礼だったりするのはとても見苦しいが、この番組氏はモノを頼む丁寧さと番組として堅くなりすぎないフレンドリーさの「ほど」が良くて安心できる。
おそらく現場はこのスタッフ氏と音声氏、カメラ氏の3人程度、いてもあと1人2人の少人数制と推測される。
昨今人気の旅番組にアナログレコードブームをミックスし、低予算なのでタレントは使えずでやってみたら意外とウケて4本も出来ちゃったという感じ?知らんけど。

「もう捨てちゃったわー」「こないだまであったんだけどね」なんて言われつつ、「あるよ」と応えてくれた人のお宅に伺って現物を出してもらい、話を聞きつつ一番気に入りの一曲をかけさせてもらう。
協力者の家にその場で押しかけることをせず、先方の都合に合わせて時間を置いたり日を改めたりして撮ってるのも好もしいんだよね。制作費は無いが時間はあるのかも知れない。

多いのは演歌、昭和歌謡、アイドル、少し減って洋楽。洋楽も80年ポップス、ロック。年配の方の持ち物だとカントリーとかカンツォーネ、ラテンが登場しそうなのに案外無い。そう言やクラシックも無い。
視聴者が「ああ、懐かしい」と共感するのが肝だろうから、聞き手の多かった曲を優先して少数派のクラシックは持ち主によほどのエピソードがないと除外しているのかも。やにわにイ・ムジチなんて出されても困るわな。
あと、ちょいと下種な楽しみとしては、他所のお宅の押入れのゴチャゴチャ振りやなんかで生活が垣間見えるのも面白い。提供者の話に親近感を持ったり、色々想像させられたりで、その場でレコードに針が乗ると音楽に沿ったミニドキュメントの趣もあって、良作だと思う。

合間の野口五郎さんの話も良いのね。セットから想像するに、お茶の間の四方山話とか、昔の深夜民放ラジオDJとかの路線で話しているんだろうが、作詞者の話、ギターの話、歌手と俳優の歌唱テクニックの違いなど濃い内容の話が駄洒落を交えつつも、ワイプの状態でもかまわず繰り出されている。時にはギターを持ち出してジャカジャカ。達郎か。
この部分がかなり面白いのにしっかり聞けないのがもったいない。昭和歌謡華やかなりし頃の中心人物のお一人の話ですよ、ちゃんと聞きたいんだよなぁ。

そしてひとつ残念なのは、それを受ける女性(腐すのであえて名は書かずにおきますが)が全くもってイカン。
興味が無く、音楽知識が無く、なーんにも知らなくて「へぇー」という相槌から話が広がらずブツ切れになってしまう。挙動がガサツなのもしんどい。
毎度音楽に合わせてカラダを揺らしてみるが全くリズムに合ってなくてイライラする。音楽にあわせて左右に揺れる、そこだけ昭和でどうすんだ。楽しんでる人を演じてみせるのがヘタで辛い。

たとえばこの女性と同世代の人を勝手に推薦させていただければ、昭和歌謡好きの半田健人さんがお相手だったら?アイドルを筆頭に博覧強記のクリス松村さんだったら?
…それじゃトーク番組になって、肝心のレコードを探してかけさせてもらう部分が弱くなりすぎる気もするが、繰り返しになるが毎回野口さんのトーク部分がさらっと流されていくのが惜しくてねぇ。
当時のスタジオでの録音の話とか、作曲家先生とのこととか、どんどん出てくる話に食いつき、時にじっくり聞きつつ掘り下げ、オタク知識を披露して視聴者を置いてきぼりにするくらいの相手が登場したらもっと面白いと思うのだが。
ともあれこの番組は続く限り見たいもののひとつ。

※今まで敬体で書いていたものが今回はなぜか常体に。まいいか。
外は颱風再接近中。どどどどどっどー。
被害出ませんように。

2018年7月16日 (月)

演劇チラシ10~日生劇場 ハムレット

押入れの奥を片づけしていて、細長く巻いた紙を発見。
わりと整理のいい方で、モノの存在と置き場所は把握しているつもりなのに見当が付かず恐る恐る広げてみました。

 

ポスター!
1990年2月、日生劇場での片岡孝夫主演「ハムレット」公演のB倍サイズの特大ポスターでした。(現仁左衛門。敬称略)

 

Img_6955

 

Img_6956

演劇のポスター、けっこう色々と持っていたものの、保管が難しくてほとんど処分したつもりでした。
でも免れたものが残っていたんですねぇ。28年前のものですか…。
とにかく大きいので床に広げ、四隅をテープカッターやらなにやら、重いもので押さえて置いて椅子にのぼって写真を撮りました。(左上の黄色は重石にした飾りビン)
真正面から取れなかったので、お顔が少々歪んでしまって残念ですが美しいドアップでございます。

Img_6957

Img_6958

Img_6959

以前、同じく片岡孝夫主演の「ハムレット」のチラシをご紹介しました。
あれは1987年だったのでこれはその再演だったのかな。

 

キャストががらりと変わっていますので転記しておきます。
演出・木村光一
ハムレット・片岡孝夫 
オフィーリア・黒木瞳
ガートルード・草笛光子
クローディアス・成田三樹夫
ボローニアス・内田朝雄
レアティーズ・寺泉憲
亡霊・小笠原良知
ホレイショー・石田圭祐
ローゼンクランツ・五代俊介
ギルデンスターン・仲恭司
フォーティンブラス・中康治
役者・坂本長利
オズリック・藤木孝
墓掘り・関敬六   の、各氏。もう鬼籍に入られた方も何人かおられます。

 

この配役で観劇した記憶がないため、内容については判りませんが、松竹制作の片岡孝夫主演ときたらお手本どおりの上演だったのだろうなと推測します。
若き王子ハムレットが少々年長なためか、役者の年齢バランスがバラバラに思えますが、まぁ俳優に年齢は無いといいますし、実際舞台では見ているうちに気にならなくなるものです。

関敬六さんの墓掘りはどんなだったでしょう。

成田三樹夫さんのクローディアスは想像するだに魅力的。
大好きな俳優さんで昔の邦画やドラマにお名前があると今もワクワクと拝見します。

2018年7月 6日 (金)

山下達郎選曲 ドゥー・ワップ・ナゲッツ

すさまじい大雨が続いております。
どうやって出勤しようかと朝から交通情報をチェックして頭を悩ませている最中、こんな中、ホンマに行かなあかんのか?という気持ちが頭をもたげてまいりまして、お休み!にしてしまいました。

今日は出勤してもめずらしくヒマな一日になりそうだったことと、先日の地震からの交通遅延、代替輸送の連続に嫌気がさしていたので思い切りました。
上司も、無理に来ても帰りがヤバいでしょうとむしろ推奨してくれて、有給休暇!うわー、いつ以来の有給取得かしら。

さて、時間が出来てゴキゲンで新譜CDのお話。
ワーナーからドゥー・ワップ・ナゲッツというドゥー・ワップのコンピレーションシリーズが3枚発売されます。
発売日がの当初の予定から延び延びになっていましたが、8月8日で決定のようです。
Vol.1とVol.2が山下達郎さんのコンサート・ツアーの客入れ時のBGMに使われた曲集、Vol.3が達郎さんのアカペラアルバム「ON THE STREET CORNER」3枚で取り上げられた曲集だそうです。
(ドゥー・ワップアルバムなのでLove T.K.Oなどは見当たりません)
いずれも達郎さんの手による監修、選曲、解説。うひー
(サイトではVol.1にのみリマスタリングも達郎さんとあります)

とりあえず一番興味が惹かれるのはVol.3。でももちろん1と2も欲しい。
お値段も財布に優しい1枚税込み2.000円。

音楽好き歴は長くともディープなオタクにはならず(なれず)、初級のまま楽しんでいますという私のような状態ではドゥー・ワップを聞きたいと思っても、なにから入っていいのか、どうやって聞けばいいのか迷うんです。

ガイド本を読んで音源を探して聞くというのも大変、オムニバスアルバムを買って聞いても素人耳にでもわかってしまう玉石混交でいまひとつ楽しめないという状態にこのニュースです。すごいものが出るなぁとワクワク心がおさまりません

今まで長年信頼してきたサンデー・ソングブックでの選曲や達郎さんの解説。色んなジャンルで導いていただき、お世話になって来ましたが、こういうものを出していただけるなんてとってもうれしい。

この夏休みはクーラー効かせたお部屋でアイスティーでも飲みながらドゥー・ワップ三昧ってか。エエやんエエやん。

願わくば3枚まとめ買いしたらサービスとかないのかしらん。
といいますのは「ON THE STREET CORNER」は3が出るときに1と2もリマスターされて、これをセットで買うと「0」というボーナスCDが貰えたんです。
(ライヴ音源とカラオケ)
その大盤振る舞いの記憶があるんだよなぁ。

Img_6945
でもさすがにCDなんて無理よねぇ。
んじゃ箱は?

Img_6948

…これはどういう方法で貰えたんだったか、昔のことでよく覚えていないんですが、同じく「ON THE STREET CORNER 3」発売時に全てを納める紙箱がオマケにいただけたんです。両面テープを剥がして自分で組み立てました。
オンスト3はもともと紙ケース入りで微妙に大きく厚みがあります。それとプラケースのオンスト1と2、上記の0をぴったりとひとつにまとめられる絶妙かつ豪華な(?)もので、私のCD棚で黒字にゴールド文字の存在感ったらないのです。

地味なCDにオマケなんて付けていられませんっ。そもそも間に合いませんっ。第一発売日が延び延びでそれどころじゃないんですっ。
とワーナーさんに言われそうですがね。
書くのは勝手なのでおねだりしてみました(笑)
セット買いする人増えるかもよ?

※…そしてこの後、雨がすさまじくなり、恐怖する。

2018年7月 1日 (日)

髙橋大輔復帰!

髙橋大輔さんの現役復帰の一報には驚きました。
いま何歳だっけ?
ケガは?
コーチは誰っ?といろんなことが一瞬に頭を駆け巡る。

私のフィギュア好きは細く長くただテレビ観戦を続けているだけに過ぎず
それも近年色々と思うところがあって落ち着いたと思っていました。
(と、言っても中継があればやはり楽しく観戦はしていたのですが)

それがこのビッグニュースを聞いてただうれしく、会見の様子と最近の練習風景もちらっとテレビで見て、あぁ本当なんだなとジワジワっと闘志がたぎって来ました。(なんの闘志だよ)

1年限定とは言え、またあの特別なスケーティングと身体表現を競技世界で見ることが出来る。ただただ素晴らしいことです。

会見、スッキリした顔をしていらっしゃいましたね。
近畿ブロック大会から出場されるようで、大注目です。

Img_6943

手元に一本だけあるソチオリンピック協賛の髙橋缶のアサヒスーパードライ
毎日ずっと棚の奥で冷えていたのをここで記念に一杯と行きたいところですが、当然ながら賞味期限が切れてます。
開けることが出来ないまま、2014年の9月で「食料品」から「我が家の冷蔵庫の主」に変わってしまっているので代わりに昨日スーパーで買ったビールで乾杯といたします。
髙橋缶にはまた冷蔵庫の奥で今後の活躍を見守ってもらうとしましょう。

※コーチは当然?長光先生のようです。と、いうことは所属も関西大学でいいの?
※「髙橋選手」…いい響きだ。

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »