« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

2018年6月18日 (月)

大阪北部地震

仕事休みの月曜日、ベッドの中で「そろそろ起きようかな」と思った瞬間、
地震が起こりました。
第一波に「地震っ」と思ったもののなにも出来ず、第二波のさらに大きな揺れとともに部屋のものが次々と落ち始めて、ガラスの割れる音が続き「あ。これはマズイ」と思いながらも揺れが落ち着くのを待つことしか出来ませんでした。その間阪神淡路大震災が頭の中にありました。

うちの辺りは震度5とのことですが、うちは築年数も経ったボロ家なので恐かった。

ガラスの割れる音を聞いて、てっきり大きな姿見が割れたと思ったのが、割れたのは棚にコットン入れとして置いていたガラスのキャンディボックス。
そして落ちたのは、CD棚から溢れて仕方なく上に積み重ねていたCDの山と、蓋をあければ大したことはありませんでした。

テレビで最初の情報収集をした後は片づけをしながらFM COCOLOへ。
情報が早いのもありがたかったですが、いつもよりゆっくり話すヒロ寺平さんと意識して選んだ優しい音楽に落ち着きました。

Img_6929

なぜか1枚だけCDが割れました。ケースもバキバキになったマーヴィン・ゲイのI WANT YOU。
再入手しやすいもので良かったと思うことにします(涙)

我が家は結局先に書いた少々の出来事と、別室の棚から本と飾り物が落ち、絵の額がゆがんだくらいで済みました。
とは言え、一日中ザワザワと気持ちが落ち着かず、ニュースで駅で足止めの人や帰宅困難者の人を見るに付け、たまたま休みでよかったとおもったり、ちょっとうしろめたかったり。
昨日のライブで、どこの誰とは知らないけれど一緒に楽しんだ人たちの多くが今日地震にあったんだなと思ったり。

大阪北部地震で被害にあわれた方にお見舞い申し上げます。
ある程度の年齢の人は阪神淡路大震災も覚えてますもの、色々思い出しますね。
お互い余震に注意して、しばらくは色々用心して過ごしましょう。

2018年6月17日 (日)

ORIGINAL LOVE 「WAKE UP CHALLENGE TOUR」大阪サンケイホールブリーゼ

行って来ました、サンケイホールブリーゼ。1時間半かけて帰ってきたら近くの田んぼでカエルが大合唱中で、さっきの光景が夢のようです。

目いっぱい楽しんで、大満足でした。
席も良かったので、田島さんはもちろん、バンドメンバーの皆様の表情までよく見えてそれも楽しかった。

でもまだツアーは続く。
書いても差し支えないことって難しいですね。でもさらっと触れたい。
セットリストなどは書きませんが(そもそも完璧に覚えてないし、順番が怪しい)
完全に真っ白状態がいい人は写真から下はごらんにならないでください。

Img_6918_2

●17時スタートが押して17時10分スタート。ダブルアンコール(感激!)終えて19時25分終演。(遠征のお役に立てば)

●客入れ時の曲

●スタンディングがそろそろ辛い、でもホールでも結局立ちどおしかしらという理由で行くのを迷ってるアナタ。
ちゃんと着席タイムを作ってくれています。大丈夫、行けーっ。

●男性多かった。
私の前も横も後ろも男性よ?半々より女性が少し多いかな、という感じでした。男性率だんだん増えてるみたい。
2列ほど前の人が感極まってタ゛シ゛マ゛~ア゛ァァァと野太い声で数度咆哮

●わかるんだけどちょっと苦手かなと思っていた曲がスッゲー良かった。

●ツイッターの写真で見て、この演出はスベってないかと思ったのがスベってなかった、スマン。

●ご本人がおっしゃっていたように新曲数曲。
まだ仮タイトルで歌詞も変わるかもということでしたがどれも良かったです。
私の大好物の変態リズムの曲がどんな風に形になるのかワクワクします。攻めてるなーっ。

●確かに CALLENGE!なライブでした。
昔からのファン、最近のファン、多彩なために求められるものも広範囲に広がりがちだと思いますが、どの角度から聞いても応えてくれる内容だったと思います。

●今更だけど真城さん素敵~。ガハハと笑ってらしても可愛ゆし。

●MCも色々楽しかった。芦屋での少年時代の話も。○○町でしたか。山側の邸宅街ですなぁ。

●○○○○○○○が聞けて感動。あとさ、52歳にしてあの曲を○○○○○○でってすごくない?

…あぁ、これ以上書くと桃色伏字小説のようになるのでこの辺で~。

Img_6921

追記
物販の話。会場限定CDがあるということをもっとアピールしたらいいのに。
Tシャツは迷ったとしても、音源なら欲しいという人はけっこういるのでは?
「限定」という言葉には皆弱いし、知らない人多いんじゃないかな。張り紙1枚貼るだけでもいいのになぁ。

※東京帰宅後の田島さんのツイート見てびっくり。ギャー、私も今ロバート・キャパの「ちょっとピンぼけ」再読中ー。
今日この本もバッグの中で一緒にライブを聞いてたんですよ。偶然。

Img_6922

…継ぎ足し継ぎ足しなのである。
ここからは楽日終了後のさらなる追記。

●楽日7月7日に公開された写真を拝見しました。大阪からは3週間経っています。
あの写真はなんだっけ?
フランケンシュタインの顔だよね?
「フランケンシュタイン」の歌は確かにあったけどあんな写真覚えてないわ。
メンバーだけガン見しすぎたのかしら私。
同じく、時計を持っておられるのも思い出せない…。
スマホを使って新曲に入ったのとかは覚えてるんだけど。

●楽は男性陣皆さんシャツがお揃いでしたが、大阪は田島さんと木暮さんのお二人だったような。格好いいシャツ。ミリタリーなのかしら。

●It's a Wonderful Worldのファルセットにのっけからやられた。
ORIGINAL LOVEのミュージシャンとしての熱量とか魅力はあらゆる角度から語られ続けていて今更言うまでもないのだけど、それプラスこの技術力はなんなんだと今回一番感じたのがこのシーンです。
長尺の曲をファルセットで、安定したピッチでさらにあの声量で一曲目に持ってきて歌うテクニックの凄みよ。

●「セーリングボート」がちょいと苦手だったのに今回はとても好きでした。
個人的に一番聞かないアルバム「ELECTRIC SEXY」からの曲がどれも良かった。降参。

●「一撃アタック」の時だったかな、弓矢を取り出してお茶目に木暮さんを射抜いてました。迎え撃つ木暮さんは打たれて「ウッ」とかはしてなかったような。

そうそう、新アルバムも近いようなのであとひとつ。

ちゃんとしたアナウンスがあったわけではないのですが、ORIGINAL LOVEはメジャー復帰ということなの?
ペトロールズのトリビュート・アルバムがビクターで「SESSIONS」もそう。
だけど「ハッピーバースディ・ソング」は盤が出ず配信のみ。うーん?

今の時代インディーズとメジャー、作り手側からはどっちがいいんでしょうか。
昔と違ってどっちが上ということも無く、例えれば中小企業の社長さんでいるか、大会社の社員さんでいるかって話だと思っているのは間違い?
やっぱり「寄らば大樹の陰」?

好きな形で、好きな内容で、好きなタイミングで自由に制作出来て、実入りもダイレクトな分シビアにならざるを得ない部分も多々あって、クリエイティブじゃないことも全部自分で片付けなきゃいけない前者と、
契約に窮屈な思いをすることもあるし、搾取(?)されるけど、宣伝が広範囲な分ファンにもファンじゃない人にも伝わりやすく、煩瑣なことは人にお任せできる後者としたら、ORIGINAL LOVE的にはどっちがいいんでしょう。
まぁ、ただのファンがそんなところを心配しなくてもいいし、早晩はっきりするかもしれませんね。
あぁそうか、大手の系列としての契約というパターンもあるよなぁ。

ただ聴く側の立場からひとつ書いておくとしたら
もし、田島さんがそれを望んだ時に、金管やストリングスの豪華アレンジや生ピアノでも何でもやりたいようにたっぷり使えるんだったらその点においてはメジャー大歓迎。

2018年6月16日 (土)

言葉のマス目表

うーわー。ちょっとご覧になりました?
6月15日付けで公開された田島貴男さん投稿のお写真ですよ。

歌詞を書くときに言葉を埋める丸印の並んだノートの一頁を写したものです。
ご本人は「言葉のマス目表」と表現しておられましたが、こんなの見せていただいていいのでしょうか。
え?ほんとに見てもいいの?と戸惑いつつも言葉に反して目はじっくりしっかり凝視しているという状態。

なるほどねぇ。日本語は基本、一音符に一文字がはまるからこうやって枠組みを作って言葉を組み立てて行かれるのですね。
ええもんみせてもろうた。あぁありがたいありがたい。(合掌)

で、あのー、紙の裏の文章がなんとなく透けているんですね。
告白すると、なんとか読めないものかしらと目を細くしたり矯め眇めつ見てしまいました。無理。読めませんでした。
この点はご本人も確認してから載せてらっしゃいますでしょう。

使っているのはどこでも手に入りそうな普通の糸とじノート。
そういや普通のノートがお勧めだと以前どこかで言っておられたような気がします。(ほぼ日だっけ)
まだその主義は続いているようで、こんな普通のノートから珠玉の歌詞が…と妙に感心してしまいました。

これ、次のアルバムが手元に届いたら、絶対この写真のマルの数と合う歌を探すなぁ。
で、このときに書いていたのはこの歌詞か、と納得し、一人で密かにへへっという気分になると。皆さんこっそりやりますよね。そんなのやらない?

Img_6915

さ、日曜はブリーゼだ。
去年Hum a Tuneで幕を開け、マント?ポンチョ?姿がカッコイイっ!と思ったのもつかの間、
歌いながら跳ね上げる→肩に落ちてくる→フンッと跳ね上げる→また落ちてくる→ムキーッ!と跳ね上げる
となってるのを見て申し訳ないけど可笑しかった、あれからもう一年ですよ。
楽しみで既にソワソワしています。お天気も良さそう。

2018年6月15日 (金)

カエルグッズ39~カエルと天道虫

Img_6777

4センチほどの置物です。
ガラス細工のお店で買いましたがガラス製ではありません。お店の方の話だと、
たしか樹脂に人工砂(?)を練りこんだもので出来ているということでした。
確かに大きさのわりにはそこそこの重量があります。

Img_6774

私の好みの適度にリアルなカエルくんで、切り株の上で天道虫と一緒です。
これは食料として狙っているのか、和やかに会話シーンなのか、どちらでしょう。

Img_6776

彩色は丁寧なのに、天道虫の点々を書き入れるときは気を抜いたのか星は6つしかありません。

現在パソコンのモニターの下という日々一番目に付く場所に鎮座しています。この場所は小さな置物カエルの寵愛ポジションで、気分でコレクションが入れ替わる場所であります。

2018年6月 6日 (水)

平日の京都鉄道博物館へ

ゆるーく鉄子ちゃんなワタシ。
昔大阪の弁天町にあった鉄道博物館が2年前に京都に引っ越してしまい、行きたくとも京都は微妙に遠いし、大人気の大混雑だとかで数時間待ちなんて話を聞くと萎える。
どうしようかと様子を伺っているうちに早2年も経ったので、さすがにそろそろ空いてきただろうと出かけて来ました。
行ったのは6月4日の月曜日です。
場所はざっくり言うと京都駅の西側、梅小路公園の中。歩くかバスに乗るか迷いましたが、バス乗り場を探して来るのを待っている間に着きそうな気がして歩きました。

Img_6823
歩き出してすぐに電車を模した小さなオブジェが点々とあることに気づき、これをたどればいいのねーと喜んだのに途中で見失ってしまいました。…推奨の道からはずれたらしい。
でもまぁ、なんとなく歩いてると着きます。そんなもんです。

Img_6828
これが入り口です。
思ったより小ぶりかななんて思った自分を後で反省することになります。中は広いよー。
エントランスから入ったらもうずらっと電車が並んでいます。
大興奮で見て歩きたいところですが、この時点で11時半。先に食事をすることにしました。
お弁当を販売していて、食堂車で食べられるというのに心惹かれていたものの、混雑していて並ぶのはいやなので最初から諦めて食事は持込にしました。
横を通るときに見たらこの時間の食堂車はやはりそこそこ混んでいたようです。
2階に休憩所・レストランがあり持込の食事も大丈夫だと公式HPにも書いてあったので
我々は京都駅の伊勢丹でお弁当を買って持っていきました。
ムードを出したい人は駅弁を持っていくとよろしい。
窓辺の席で電車の行き来が見たかったのだけど(ホンモノの新幹線と京都線の様子が見られます)さすがに人気席で無理。
とは言え窓が大きいのでどの席からでも電車の行き来は見えます。
すぐに着席できましたが思っていたより混んでいました。
平日なのに小学生が多かったのはひょっとしたら運動会の振り替え休日だったのかも知れません。

Img_6906
食後、まずは運転シュミレーターの申し込みを済ませました。
入館券を見せて整理券をもらい、時間がきたら抽選会場で当選者が判明、当たれば運転体験ができるというブースです。
結果は私もツレもハズレ。前後の当選番号から察するに10倍くらいの倍率だった模様。
土日はさぞかし狭き門かと。
と、なればあとは見学三昧です。
あっちへウロウロ、こっちへウロウロ。見るものも多いし、体験型の展示も多いので飽きないし楽しいです。
レストランは結構な人出でしたが、他はかなり空いています。
見たり触ったりするのに待つことはほとんどありませんでした。

Img_6850
新幹線といえばやっぱりこの子!

Img_6840
切符を買って、その切符で自動改札を通る、なんて体験もありお子さんに大人気。

Img_6881
扇形車庫。美しい。

Img_6898
スカイテラスからは実際の電車の行き来が見られます。東寺の塔も京都タワーもすぐ近くに見えます。
Img_6848

Img_6872

Img_6839
広いです。上ったり降りたりもありとにかく歩くので靴は絶対スニーカー推奨です。最後のほうは疲れ果てました。
が、もういちど盛り上がりポイントがありました。ミュージアムショップです。


Img_6829
旧二条駅の駅舎を移築して、その中がお土産売り場になっています。
京都の老舗とのコラボ商品も多く、品質も折り紙つき。信三郎帆布のバッグなんていうものもありました。

Img_6907
私はこのキラキラケースが可愛いミントタブレットを買いました。新幹線~♪可愛いぞー♪
Img_6908
出口でアンケートに答えたらグッズプレゼントというのもやっていて、クリアファイルをいただき、博物館を後にしたのでした。
4時間半くらいいたと思います。へとへと。
本当は某お寺のお庭も見る予定でしたが精魂尽き果てて無理なので京都駅でビールをたんまりと飲んで一日が終了。いやー、楽しかった。

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »