« ツタンカーメン | トップページ | 「雨ノチ晴レ。」 TSUKEMEN »

2018年5月28日 (月)

あざみの花

通りがかった道沿いにあざみの花が咲き始めていました。
素朴にも見え、赤紫というかフューシャピンクというか、この色のせいか華やかにも見え、独特な魅力の花です。

Img_6812
Img_6817

伊藤久男さんの歌もありますね。

山には山の愁いあり
海には海の 悲しみや
ましてこころの 花園に
咲きし あざみの花ならば

横井弘氏の作詞、 昭和24年の歌だそうで、生まれるずっとずっと前の歌を
なんでワタシ歌えるんでしょ?しかし昔の歌は格がありますなぁ。

Img_6815
Img_6816

かなり大きな株が側溝のガードレール脇に3つほどありました。
他の雑草はどなたかが抜いている気配があるのに、あざみだけ残っているのはこの花がお好きな人が残しておいたのか、それとも棘があるので抜けずにあきらめたか。
後者かな。
トゲ、ものすごく痛いです。葉も茎もどこも触れなくて手折るなんてとんでもない。薔薇やからたちなんて目じゃない、ホームセンターにある作業用の皮手袋じゃないと無理じゃないでしょうか。
綺麗だといいながらも、我が家に生えてきたらイヤだもんな。
見るだけ、見るだけ。

« ツタンカーメン | トップページ | 「雨ノチ晴レ。」 TSUKEMEN »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事