« こどものなみだ | トップページ | 桜の開花 »

2018年3月20日 (火)

靴問題

痛んだ靴をいくつか処分したので春の靴を補充したいと思い、最近なんとなく物色を続けてきたのですが、これ、というのが見つかりませんでした。
ならば腰を据えてじっくり探そうと、今日一日かけてあちこち回ってきたのですが、いや~靴を買うのは難しいです。

私の足は23.5センチ。とは言え手持ちの中には23センチも24センチもある。要するにサイズは目安に過ぎずモノによるということです。
かかとがわりと扁平なのでサイズが合っていても歩いていて抜けることがある。
バックストラップはダメね。
一度無理を承知で、でも履いてみたくて買ったバックストラップがどうしても歩きにくくて眉間に皺を寄せてキーッ!となりつつよたよたと出勤し、どうしてもそれを履いて帰宅することができなくてオフィスサンダルを履いて帰ったこともあります。
後日、その靴は欲しいといってくれた人に進呈し、以後バックストラップは絶対アウトとなりました。

恥ずかしながらワイズもあります。つま先はできればオブリークトウがありがたい。
資金には限りがあるけれど、あまりにお安い靴は(たまの当たりもありますが)ハズレ率が高い。

ヒールの高すぎるものは前すべりして痛い。
ストラップのついているものは比較的足に合いやすいが、年齢的に可愛らしくなりすぎて注意が必要。
歩くことが好きで、ガンガン歩きたい。が、歩くことに特化した靴はどうもデザインが…。

通販?
ほとんど賭けで買ってもハズレが多すぎ。(千趣会のオルビスだけはわりとイケる)
シューフィッターさん?
ごめんなさい。隔靴掻痒。なぜか言葉をつくしても伝わらない。
オーダー?
庶民には資金というものがあってですね。

もうどうすりゃいいのって感じですよね。
今日はトチ狂ってルブタンを覗いてしまい、当然うわ~綺麗。ひぇー素敵と思いましたよ。
でも悲しいけど私の靴ではないの。あれは観賞用。
いつだったかテレビ朝日の大下アナが素敵に履いておられたのに見とれたけど、私の足を先方が資金的にも足のカタチ的にも選ばないのね。
ビジューてんこもりのシューズの素敵なこと。でも手は届かない。
シンデレラのお話は良くできていると思います。

私はほんのたまに和装になることがあって、そのときの草履も下駄も以前は「おき宗」で決めていました。
ちょいと大人しめの上品過ぎるデザインの品揃えでしたが、購入したその場で鼻緒の具合を完璧にお店で合わせてくれて、おろしたその日からずんずん歩けました。
こればかりはほかのお店が考えられないほどの全幅の信頼を寄せていたのに、そのお店も今はなく…。
(少々粋な「てんぐ」さんも無くなってしまいました…。こちらは「おき宗」さんに比べるとお世話になる機会は少なかったけど無くなるのは同じくらいショックでした)

いや本当に、皆さん履物選びはどうしていらっしゃるの?
今まで無駄にしたものもいくつもあり、買ってから中敷やなんかで調整必須のものも数限りなくて。もう悩ましいったらありゃしない。
洋服のようにカラダから合わせに行くわけにも行かず、悶々としています。

今日は一足だけ購入。疲れた。

« こどものなみだ | トップページ | 桜の開花 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事