« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月

2017年11月19日 (日)

Suchmos「WIPER」最新ライヴ映像

Suchmos「WIPER」最新ライヴ映像の店頭公開、仕事帰りに行って来ました。
…が、私が立ち寄った某CDショップでは後ろでガンガンとアムロちゃんが鳴り響き、店内放送もひっきりなしという最悪のコンディション(泣)
いやアムロちゃんは全然悪くないのよ。

もともとボリュームが絞ってあるので全然!まったく!ちっとも!聞こえないので
映像だけぼーっと眺めて帰って来ました。
音はバッチリで映像は名刺大のほうがまだいいんだけど。
近々難波に行けるかな。タワレコ難波に期待しようっと。

あ、そうだ「THE KIDS」日本レコード大賞最優秀アルバム賞、おめでとうございます。レコ大って長年ご無沙汰ですが、胸にカトレアとか飾ってもらって賞状貰ったりするのでしょうか。古い?

Img_6350


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

帰りに天王寺でものすごく上手いストリートミュージシャンが弾いているのに出くわしました。ギタリストさん。
すっごく良くて、信号渡りそびれて延々聞いたあと、休憩時にお尋ねしたらプロの方でした。
そりゃこのレベルだもんなぁ。
CHUTAさんという方。天王寺はあまり来られないようですがまた逢いたいものです。

2017年11月18日 (土)

伊勢志摩温泉 ランチ&湯めぐり

駅のチラシで知った「伊勢志摩温泉 ランチ&湯めぐりセットプラン」というのを利用して日帰りで賢島に行ってきました。

先月、楽しみにしていた旅行を台風でキャンセルして以来、どこかに行きたい気持ちがおさまらず遠出したかったんです。
我が家からは特急を使って片道2時間半くらいかな。旅行気分を味わって来ました。

ホテル・旅館が5つある中からで1箇所でランチを楽しみ、お風呂はお好きに回ってください、全部回ってもいいですよという3.800円の近鉄のプランです。
もちろん電車は別。
私は賢島宝生苑での松花堂弁当の和食を選びました。
お風呂は車ならともかく、点在している5軒を回るのはかなり慌しく大変そう。
第一、脱いだり着たりを繰り返すのも面倒くさい。
と、言うわけで食事をした旅館と同じところのお風呂に入るのみにしてその分のんびりゆったりすることにしました。

近鉄特急で賢島に11時ごろ到着。手前の鳥羽までは何度も来ていますが賢島ははじめて。
そして賢島は本当に「島」なんだと知って驚愕しました。数十メートルしか離れていない島へ電車に乗ったまま線路で渡ってしまうので「島」感がありませんでした。そうだったのねー。

駅まではホテルのバスでお迎えにきてくれます。走るのは3分程なので歩けそうな距離ですが、ありがたく利用。
やや古いですが中々立派な和風ホテルで、昨年の先進国首脳会議時に安倍首相が宿泊し、議長国会見を行った場所だそうで、あちこちに写真がありました。そりゃまぁご自慢ですよね。
(各国首脳のお泊りはすぐ近くの志摩観光ホテル。安倍さんは和風が良かったのかしら?)

Img_6234

フロントで受付とお支払いしたら食事チケットと温泉チケット5枚つづりと参加記念のタオルをくれます。
お食事は海の見える椅子席のお食事レストランで。綺麗なお弁当でお味も中々。接客も中々。
そういえば予約電話を受けた若い女性も、バスの運転手さんもフロントの方も皆さんいい感じのホテルでしたよ。

Img_6241

のんびり時間をかけて話をしたり海を眺めたりしながらちまちまと色んなものが並んだお弁当を頂いて満腹になりました。おいしそうに見えない写真ですいません。食後はホテルのお庭を散歩。
お庭はその議長国会見が行われた場所です。ここにもサミット当時の写真が誇らしく飾られてました。うん、よーくわかった(笑)
海が見渡せて、多分真珠の養殖場が見えて、船がのんびり何艘か行きかって…はぁ、きれいだこと。

Img_6252

お風呂は後回しにしてバスで一度駅に送ってもらい、船に乗りました。
賢島エスパーニャクルーズという観光船です。もしコレを読んで実際にお出かけになる人がいたら、賢島駅内のコンビニでチケットを買うと前売り扱いで100円安いのでぜひ。

実は船は2種類あります。
遊覧船組合がやっている小さな船と近鉄グループの大きい船。
前者は小回りが効く分小島の隅々までたっぷり回ってくれるようですし、後者はいかにも観光用の展望デッキ付きの船でゆったり巡る。
組合のおじさま方は軽く客引きもしておられますが、強引では無いのでコワくはないです。
好みで選べばいいのですが、我々はデッキで風に吹かれて乗りたかったので大きいほうにしました。

Img_6277
Img_6321
Img_6287

最後に10分ほど真珠の核入れを見学のため直売所に立ち寄らされます。
興味なくて船から降りない人もいますが、降りると船の真横でいいアングルの記念写真が撮れます。
出航待ちのスタッフさんも気軽にシャッターを押してくださいます。皆さんお願いしていました。

Img_6313

こんな昭和ムードあふれる怪しい海女さん人形がいました。真珠のネックレスをしています。こういうヘンなの大好き。

ちょいと冷えた体と潮風でザンバラベトベトになった頭は再度ホテルに戻って温泉であったまります。
バスタオル含め、なんでも準備してありますから、本当に手ぶらでOKです。
露天風呂はちょっとぬる目かな。平日の早い時間なのでとっても空いていて本当にゆったりできました。

あとはホテルのお土産売り場を冷やかして、駅の上のサミット記念館をちらっと見学し、コンビニで帰りの車内のビールなんざ仕入れたらちょうど時間となりました。
ひゃーっ、楽しかった。日帰りなんてもったいないと思っていましたが、これはこれでとっても良かったです。

Img_6343

2017年11月15日 (水)

anan おそ松さんSPECIAL

雑誌anan。
ちらっと見たらそれでいいかなと思って書店で手に取ったのに、ROOTS66の写真を確認した途端足はレジへ直行(笑)
アイドル雑誌を買う中学生女子と変わりません。
うわー、anan買っちゃったよ。何十年ぶり?そしていつの間に580円もするようになったの。
Img_6349
短いけれど「レッツゴー!ムッツゴー!~6色の虹~」完成までの流れやらやり取りやら誰がドコを担当したやら、とーっても楽しく読めました。増子さん、文字で読んでも面白い方だ。

懺悔しますと、アニメの方は楽しみ方がよく分からなくて2回ほどで脱落してしまったのです。
それでも十四松だけはキャラを理解して見分けがつくようになりました。
これも田島氏が♪じゅうしまつぅ~♪と歌っているからでして、ファン心理ってコワイわ。

そろそろCDの情報も出揃って欲しいんですが、どう?
以前田島氏が「踊ってきた!」とつぶやいていたのがこの曲のミュージックビデオだったらいいなと楽しみにしているんですが…。

そしてそして、12月22日の ROOTS66による「The Covers」。
多忙な皆さんが(全員ではないものの)テレビ番組で一堂に会する機会があるとは思いませんでした。もう楽しみで楽しみで♪
一報を見てギャーッと叫びましたよワタシ。

追記。
そんなことを言っていたら11月16日にMVが一部公開されました。
うはは、チープと言うかゆるゆると言うか、なぜか田島さんは
♪あーらしを おーこして すーべてを こーわすの♪
↑ → ↑ → 状態だし キャーッ。良い、良いではありませんかっ。

2017年11月 6日 (月)

樟脳の入れ替え

休日と晴天が合わさって、かつ予定の無い日を秋になってから待ちわびていましたが、ずっと長雨と台風でお天気が悪く、天気予報とにらめっこが続きました。
やっと条件にかなう日がやってきて、懸案だった着物の虫干しとしょうのうの入れ替えがかないました。

全然衣装持ちではありませんが、それでも1枚1枚広げてしばらく干し、チェックしながらたたみ直してしょうのうを取り替えるのは手間がかかります。

Img_6175
着物の写真はご披露するほどのものではないので、手入れ中に撮った1枚。
きものしょうのうは某ホームセンターがめっぽう安くて買い込んでいます。
たとう紙もシワが目立つのはそろそろ取り替えたいところ。

近年とんと和装の機会が少なくなりました。
着物雑誌が好きで、着物本も山のように読み、呉服屋さんのショーウインドーを素通りできないタイプの私でも実際に着るのは年2~3回あればいいというていたらくです。

柔らかものを着つける自信があんまりなくて、堅いものだとまぁ大丈夫。
そしてお太鼓を結ぶたびに毎回手順を確認して、汗だくのタコ踊りで完成したらクタクタ。このレベルですからハードルが高くてねぇ。

春と秋の手入れの機会のたびにもっと着ないともったいないなと思い、普段着を半巾帯で着て上っ張りというスタイルでいいからチャレンジしようと誓うのに出来ません。

まず前の日から着物と小物を合わせ、じゅばんの襟つけが必要で、
当日は前述のようにタコ踊りして、着たら自転車には乗れずダッシュも出来ず、脱いだら風を通して汚れを確認し、ベンジンで拭くなり悉皆屋さんにお願いするなりして、肌着洗って足袋洗って襟はずして洗って…。
あー、また今度でいいやとなりますよねぇ。
だって呉服屋さんですら洋服姿で店頭にいらっしゃるくらいですものね。

とは言え、愚痴グチ言いつつも着物に触れつつ、譲ってくれた母のことや、前にこの着物を着たときのことを思い出す作業は楽しいものでもあります。
こういう点が着物の喜びでもありますね。

Img_6183

作業のBGMはバート・バカラック。
いいライプやコンサートに行くとしばらく音楽を聞く気になれないので、3日ぶりに音楽を聞きました。
町のどこかで流れていても、電話の安っぽい保留音になってさえも「あ、バカラック」と耳が捕まってしまう。
豊かで、洒落ていて、品がよくて茶目っ気のある、言うまでも無く素晴らしいメロディ・メーカーで大好きです。
最近この2枚をよく聞いています。

2017年11月 3日 (金)

ふたりソウルショウ味園ユニバース

晴れた!よかった!

いや、味園ってロッカーないでしょう?
荷物は駅のロッカーに押し込めばいいとしても、傘よ傘。
地下道はないし、商店街から走っても濡れる距離、折りたたみにして持っていくか?(現場でかさばる)
紛失前提でビニール傘を持ち込んで入り口に放置か?(迷惑だって)

変なところを心配していましたがセーフ。
じゃ、洗濯して食事して行って来ます。田島さんはもうご到着の模様。 12時記

※※※※※※※※

…帰ってきました。ふたりソウルショー。
楽しかった~。

Img_6140
Img_6163

これ、クルクル回っているのですよ。↑

60~70年代の宇宙船の中のようでいてキラキラ、ちょっと隠微なムードの
味園ユニバースと田島貴男さんのイメージはぴったりでした。
まだツアー中で、曲名などは控えさせていただきますが、ちよっこっと感想など。

●聞きなれたはずの曲が進化してまたすごくなっていてうおーっとなりました。
血が沸きました。すごすぎる。

●○○は、聞きながらオールドディズニーの映画をなんとなく思い出しておりました。「ダンボ」とかね。
また聞きたいですね。いつになるかな。

●ご本人が盛大にネタバレしているあの写真。一番左が座っていることからこんな感じのことをするんだろうなと想像していて、それは当たっていたものの、曲目に驚きました!
えー、これもっとちゃんと見たい。このツアー限りかなぁ。
曲そのものはすっごく良くて、そして趣向に自慢げな田島さんがちょっとおかしかった。
多少の突然感はあり。ご愛嬌。

●ペトロールズは白い三角形のアレしか聞けていない(だって他は手に入らない)状況で初の生長岡さん。
もっとクールな感じを想像していたのですが、なんと言うかな、水のような、漂うような存在感。不思議に素敵でした。

●男性客多し。

●長岡さんと弾きまくりシーンはひたすらカッコいい。ギター全くわかりませんが多分すごいことを軽々楽しみつつやっているんだろうことが伝わりました。
何度もアイコンタクトしながら。

●味園の「出汁」が出ていてお気に召したようです。

●あの曲が聞けてうおーーっとなり、
アンコールのあの曲にひえーっとなり、翻弄されてきました。

Img_6167

Img_6131
Img_6173
味園ダブル(笑)↑

この夜は頭が枕についた瞬間を覚えていないほど熟睡。ほとんど気絶。で翌日は筋肉痛。

田島さんのつぶやきでビリヤニを食べに行ったことを知る。
土曜日にあの店にビリヤニ。
通ですなぁ。美味しいのと盛りが良いのとで人気のお店ですよ。

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »