« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月

2017年9月29日 (金)

やすらぎの郷

ウイークデーの真っ昼間放送のシニア向け帯ドラマ「やすらぎの郷」も今日が最終回。なんと全回見てしまいました。

最初に毎回録画の設定にしたため、半ば仕方なく見るという時もあり、家事をしながら画面に背を向けて耳だけ試聴のときも多く、果てはは1.3倍再生にしてざっと見ただけのこともあったのを正直に記しておきます。
けっこうゆるゆるの内容だと思ったり、エピソードに辟易したことが無かったとは言いません。
それでも見るのを止めてしまわなかったのは、やっぱりどこか面白かったから。

最初に見る気になったのは、82歳の倉本聰さんの新作を見る機会はもうそんなに多くないだろうと思ったのと、発表された出演者が豪華だったことに尽きます。

事実、俳優陣の素晴らしかったこと。
ご高齢の方も多く、「あのあたりにカンペがあるのかな」と思うことがあったり、明らかに変な間があってヘッ?となることもあったのに、それを凌駕する魅力ったらなかったです。
出ているだけで、立っているだけで、その人物にはちゃんと生きて生活してきた過去があり、だから今こうしているんだということが黙してなお伝わる存在感。いや感服しました。

時々昔の写真が挟まれることがあり、女優さんのその美しさ、可憐さにはため息がでました。うすっぺらくないの。女優って優れた女のことなんだと思いましたね。

脚本は、言いたいことを全てブチ込んだという感じでした。
タバコや相続問題を描くくだりはははあ、倉本さんは苦々しく思っているんだなと苦笑したり、介護施設の描き方が取材不足だなと感じたり、なんでこういう展開にする必要があったのか全く必然性を感じないところに辟易する場面さえありましたが、一方戦争に対する思いや現代のテレビ業界およびテレビドラマへの苦言はストレートなだけに倉本さんの怒りとして真剣に見ました。時々おっさんドリーム全開になるのは失笑。でもおじさまたちはここが好きかな。
やすらぎの郷の設定は映画「カルテット」から借りたんでしょうか。
どこかで「倉本聰の遺言」と言われていましたが、いやいや意気軒昂じゃありませんか。
ちらっと、ヒッチコックの様に中島みゆきさんと共に登場したシーンもありのサービスっぷりでした。(巻き戻してチェックしたわ)

途中、野際陽子さんが亡くなられて、でも物語には出続けていることが不思議でありつつもスタッフさんの上手い処理により最終回まで完走されていたのがすごいなと思いました。

個人時に一番好きなのは小春(富士眞奈美さん)のエピソード。演技も素晴らしかった。

最終回のエンドロールは、端役まで含めた全出演者を延々流しました。文字の大きさも同じであいうえお順。
たしか「北の国から」もそうだったと記憶しています。
端役なくして物語は完成しませんよ、皆で物語は作るのですよというメッセージ。

で、最後に「このドラマはフィクションです。ですが、まぁ諸々お察しください」で締め。声出して笑った。
芸能ファンにはあっと思わせる色んな出来事を押し込んでありましたものね。
なんだかんだといいつつも半年間楽しませていただきました。

2017年9月25日 (月)

ROOTS66 「おそ松さん」CD情報

ROOTS66による、アニメ「おそ松さん」テーマの発売日他が先日発表になりました。

最初、特典の多彩さにえぇーっとなったものの、これってよく考えたらアニメキャラの特典ですね?
特典先の「アニメイト」とか「とらのあな」あたりまで読んで気づいて一気にしぼみました。
アニメファンの方はそれでいいとして、ROOTS66モノの特典ってないのかしら。新しい66メンバーのアーティスト写真が使われているでしょ?あのポストカードとかクリアファイルで十分うれしいのだけど。12月の発売までに何か出てきたらいいですね。

我が家のある地方ではアニメ放送は見られないようなので、見るなら配信になる模様です。これまであまり興味のない世界だったのでいちいち新鮮なんですけど、いまアニメの(アニメだけではないのか)配信ってこんなに多彩になってるのねぇと公式サイトの「オンエア」を見て感心しきり。

気を取り直して商品内容をもう一度見ると、こんなに作ったのかと思うくらいパターンがあって、あこりゃもうお祭りだわと承知しました。ミュージシャンファン向けとアニメファン向けそれぞれあります。ふっふ、オモチャ箱みたい。

早松・遅松と分けたのは要するに1パターンでは人数的に入りきらないと。いや大歓迎です。
ROOTS66のライブパンフレットを見ながら確認すると、2月1日生まれの宮田和弥さんから7月12日生まれの渡辺美里さんまでを早松組、7月28日生まれのスガシカオさんから12月28日生まれのトータス松本さんまでを遅松組と律儀に分けてるみたいです。上手いこと女性が一人ずつになるのねー。

DVD+CD盤とCDのみ盤のCD内容は同じですね。どこかのグループのように音源違いとかではないようです。
DVDはミュージックビデオがこれまた早松と遅松の2パターン。
せっかくこういう企画なんだから、ROOTS66ファン向けのミュージックビデオにしてくださってると期待しています。
ミュージシャンの皆さんがワイワイやってたり、製作している所が見たいんです。よろしくお願いします。(←誰に言ってる)

あとさ、彼女がちゃんと入ってくれていて良かったなと。
私らなんも迷惑かけられてへんもん。
降板とか辞退とかになってたら、せっかくやのに楽(たの)しないわー。

追記
雑誌「ポップティーン」の付録がおそ松さんのステッカーだかポスターだそうで。
これってティーンが見るアニメなの?
どうも近年アニメ事情が全くわからんです。

※うちの地方では番組を見られないなと思ってたらBSジャパンで見られるようです。10月7日(土)深夜0時30から。

彼岸花と曼珠沙華

土手道を散歩のようなお買い物のようなどっちつかずの気分で歩いて来ました。

Img_6081

二上山です。雄岳と雌岳の間に夕日が沈むのを毎日自室の窓から見ていますが、川べりから眺めると一層美しいですね。

Img_6082

土手のあちこちに彼岸花が満開です。

小さいころから両親にも祖父母にも、友達の親御さんから果ては通りがかりの知らないおじさんにまで「毒があるから取ったらアカン」と言われ続けたせいで、今でも怖いような気がする花です。
突然にょきっと伸びてきて葉もなく固まって咲く様子もちょっとおどろおどろした感じです。綺麗なのは綺麗なんですけどね。

Img_6084

Img_6078

別名曼珠沙華。山口百恵さんの名曲もあります。

Img_6087

Img_6086

公園に出ると、大きな銀杏の大木があり、毎年周辺の皆が楽しみにしているギンナンがたわわに実っていました。
実はそろそろ収穫時期かなと思って、使い捨てのビニール手袋と入れ物を持ってきていたのです。
年配の女性が一人拾っておられるところに混ぜていただいて、ほくほくと拾いました。

この方は「今年は実が小ぃさいの」と言っておられました。茶碗蒸しに入れるそうです。私はまず炊き込みご飯に入れる予定。

Img_6088

帰ってきて臭うので庭で種を出し、綺麗に洗うとこうなります。
室内に移動して、テレビなんぞ眺めながらペンチを使って殻を取り、湯がきつつお玉のお尻で撫でて薄皮を取ります。ふむ、確かに今年は小さい。
ここまで済ませたら冷凍できます。
炊き合わせや掻き揚げなどに入れても美味しいです。素揚げで塩をつけるだけもよろしい。秋はいいですね。また拾いに行こうっと。

追記
懐かしくてYou Tubeで山口百恵さんの曼珠沙華を聞いてみました。
いや改めて凄いわ。
上手いし迫力というか貫禄というか、ドラマティックで、これを歌ったのが二十歳の時のアルバムというのがまた恐れ入りました。
二十歳の女性にコレを書いた阿木燿子さんと宇崎竜童さんも凄いわ。

2017年9月19日 (火)

「音楽主義」田島貴男インタビュー

ネットで読みましたが、紙媒体のほうが断然好きで頭にも入りやすいので冊子も貰ってきました。
この田島貴男さんのインタビュー、えらく面白いですねぇ。
これまでのインタビュー記事ではあまり読めなかった「ビジネス」という側面からの発言に興味をそそられます。

しかし、ネット上で一読した時に意味がわからなかった部分があったんです。
「リハもツアーもお金がかかる。だからツアーも東名阪になってしまう」のトコロ、皆さんすっと理解できました?
私、なんで突然自動車道の話なのかと頭をひねってしまったことを告白します。

…「東京・名古屋・大阪の大都市中心になってしまう」ということね。
えーっ、これって業界の言い方?私が無知なの?
まぁ、こういうアホな読み方も紙ベースて読むとすぐに気づけるということで(恥)

Img_6074

それにしてもしょっちゅう前を通る音楽スタジオでこんなフリー冊子が配られているのを知りませんでした。
B6サイズの小さな冊子ですが内容が濃くて興味深く、イヤホンやイヤモニの話、音楽著作権存続期間の話などもとても楽しめました。

巻末の日本音楽製作者連盟正会員一覧なんてのも読んじゃう。
誰もが知る大手芸能事務所から、自分の好きなミュージシャンの所属事務所を見つけつつ、最後に(有)ワンダフル・ワールドも発見。あら、大トリ。



●夜中にちょっと追記

この冊子、配布先リストにあったベースオントップの某店舗に貰いに行ったんです。
どういうわけかあいにく置いていなかったんですが、カウンターにいた青年が
店内のあちこちを探し、他の店舗に問い合わせたりと対応してくださいました。
フリーペーパーに時間を取るのは申し訳ないので固辞したのですが笑顔で「大丈夫ですっ!」と動いてくださって、こちらもごめんなさいねと連呼しつつ一緒にあちこち探す成り行きに。

真摯な行動に、この方はマニュアルで動いているのではなく、これはこの人個人のご性格なんだなと感じてうれしくなりました。ありがとう。

接客にあまり慣れていない印象の、多分アルバイト君でしたが
「足を運んでくれた人の要望に応える」使命感というか責任感に満ちた青年で
そのお気持ちにちょっと感服したのです。
Sシマくん、ありがとうね。
最後にお礼をいう時に私に名前を呼ばれてびっくりしていたけど、名指しでお礼を言いたくて電話をしている時の名乗りを聞いていたのですよ。

結局Sシマくんの尽力で別店舗で入手しました。
申し送りをちゃんとしていただけていて、私の名前のついた付箋を貼り付けた冊子をもらいました。
こちらの店員さんも笑顔、元気。うーん、ベースオントップさんすごいかも。
ありがとうございました。こういう接客に会うと途端に元気になってしまうのよね。私も仕事頑張るわ。

2017年9月18日 (月)

『MUSIC FREAKS』 YONCE 最終回

ヨンス君担当のFM802 MUSIC FREAKS が9月17日放送分で最終回となりました。毎回欠かさずとはいかなかったけれど、1年間楽しませてもらいました。
隔週とは言え、大阪まで通うのも、ライヴの後での放送なども大変だったことと思います。

最初はSuchmosのボーカル君ってどんなしゃべりをする子なんやろという興味が大きかったんですが、ヨンス君の語彙の多いことや、気配りの効いたトークが意外で、あ、これは聞こうと毎回放送が楽しみになりました。
独特の笑い声もクセになったりね。
関西の地名に苦戦していたのが、だんだん引っかからなくなり、読めるようになったのもスタッフさんに教えていただくのかな、だんだん覚えてきたのかなとニコニコ聞いておりました。
気持ちのいい音楽も楽しく、いい放送でしたよー。

今日は最終回ということでラストに弾き語りがありました。
緊張しているということで言葉を間違えたりするのもご愛嬌で
「さあ冒険だ」和田アキ子さんカバー。ポンキッキーズの曲のようで、初めて聞きましたがいい曲。
そして「OVERSTAND」。大サービスですね。台風18号大接近で家が揺れる中、一所懸命聞き入っちゃいました。

ツイッター止めたり、ヒゲ生やしたり金髪にしたりとなんだか最近お年頃なのかと少々気になりますが、ま、いろいろ節目なのかも知れませんね。
こちらとしてはまた新たにいい音楽を聞かせてくれれば(大抵は)なんでもアリでございます。

お疲れ様でした。一年間楽しい夜をありがとうね。

↑我ながらメールで番組に直接送れよ、という感じの文だわ

2017年9月17日 (日)

玉村豊男 「料理の四面体」

玉村豊男「料理の四面体」読了。
いやー、面白かった。夢中で楽しみました。

論説書、分析書と言うには面白すぎるし、エッセイというには論理的に過ぎる。こういう本はなんと呼べば良いのでしょうか。

世界の料理を作り方から分類しつつ、最終的に料理法の方程式を導きだしていく形の本です。
とは言え硬い内容ではなくて、上にも書いたようにものすごく面白い。
私は通勤電車の中で何度もフフッと鼻息を漏らして笑っておりました。

玉村さんの著書はずいぶんと読んでいますが、明晰な頭脳から繰り出される上品なユーモアは本当に好き。
加えて、相手に対する敬意を忘れない、舐めてかからないところが安心できるんですね。
(都会を離れて農園をひらき、ワイナリーを作るまでの記である「種まく人」シリーズが素晴らしい。何度も読み返しています)

「料理の四面体」は初版が1980年だそうで、なかなか古い本になりますが、中身はまったく古くないです。
頭の中がサクサクと整理されてていく快感が楽しめる良書。
読書好きな子供さんに、物語を楽しむことからもう一歩進んで、論理的に思考することを知ってもらうにも最適な本だと思います。
この中公文庫の表紙は初版の復刻だそうで、これもいいデザインです。単行本には「トラフグのごとき魚」も書いてあったそうで、文庫デザインには採用されていないのが唯一残念かな。

Img_6061

ところで。

この本の冒頭部分にアルジェリアでの羊肉シチューに出会う記述があります。
玉村氏ご本人も“印象深いという読者が多かった”と述べる部分でありますが、ここを読みながら私の頭の中で何かがチカッと点灯したのですよ。

しばらく考えていてあっ、とひらめいたのが栗本薫の「グルメを料理する十の方法」。
こちらは食べ歩きが趣味のでっかいアザミさんと色っぽいえりかちゃんが殺人事件に挑むという全くの娯楽作品であるものの、料理の描写や食をとりまく人間表現がとにかく秀逸な一冊なんですね。
エンターテイメントはかくあるべしという、栗本さんのいいところが存分に楽しめるという本です。

Img_6064

この中に、アザミさんの部屋でふたりが料理本を読むシーンがあるんですよ。
物語の中の登場人物が書いたという形で二人の本の一部が登場するんですが、描かれる内容も文体そのものもその本の著者として見事にガラッと書き分けているという「アンタは北島マヤかっ」と思うほど栗本さんの天才っぷりを感じる部分なんです。
このうちのひとつがこの「料理の四面体」の冒頭の羊肉シチューの場面だと思うなぁ。

もちろん写しであるといっているわけでは断じてありませんよ。
文章から受ける印象~若者のやり取り、調理の描写、料理途中の観察から美味へ~の流れや後日挑戦してみるところまで、全く違う文章だけど、ヒントにしたんじゃないかと思ったんです。
読み手が受ける印象のみ酷似させている感じを受けます。
「料理の四面体」が1980年、「グルメを料理する十の方法」の奥付をみると昭和61年、えぇーっと1986年。
栗本さんご自身も料理好きで、無類の料理本・グルメ本好きでしたから、読んでる。絶対読んでますって。
ヒントというか、色んな文体や視点を変えて書くのなんてお手の物だった氏のことですから、ひとつの愛読書として文体と共に頭に蓄積させていたんじゃないかなと想像するわけです。

どうなんでしょうね。いつか私が天国に行ったら先輩住民の栗本さんを訪ねてお聞きすることにしましょう。

2017年9月14日 (木)

Ribbon In The Sky

最近トシのせいか涙腺が弱くなったのね。


Ahsanのヴォーカルが最初に歌ったのよりずっと気合が入って、花が開いたみたいだと思ったらダーっと来ちゃいました。

今までこの歌詞は男性から女性への愛の歌だと思っていたのに、
Stevieに憧れる少年の歌とも取れませんか。
To share with me this special dayですよ。

2017年9月13日 (水)

Love Musicの田島コーナー

あのー、フジテレビLove Musicの田島貴男さんによる新譜寸評コーナーは無くなったんでしょうか?
直近の放送分を見てみたら、別の方が同じようなコーナーを持っておられるのでバトンタッチしたということなのかしら?

と、ここでお尋ねしてみても答えはでないと思うのだけど、はっきりと「今回が最終回」とか「担当交代」のアナウンスがありました?ワタシが見逃したのかな。他の部分をぱっさり早送りで見るんじゃなかったかと反省しつつ、毎週録画の設定を今後どうしたらいいものか迷っているところです。

あのコーナー、田島さんがおおらかで、人の楽曲を寸評するのに偉そうでなく、闊達な様子が微笑ましいのね。
チラチラと発言が聞こえるスタッフさんとのやり取りもいい感じでその辺りも個人的に楽しみポイントだったのです。

あと、田島さんのプライベートスタジオでの収録というのがツボでして、細かい所を注視してしまいませんでした?

しゃべりながら体重移動する度にギーギーうるさい椅子の音とか
(ミュージシャン的に気にならないのか)

棚にカビキラーが置いてあるところとか
(地下だから湿気があるのか)

殺虫剤が置いてあるところとか
(何が出るんだろ?夏だから蚊か、茶色のアレか)

太陽の塔のミニチュアがあるのとか、あぁそうそう、セロハンテープの台!
アレなんであっち向いてるの?普通テープをカットする方を手前に置かない?
収録日が変わってもやっぱりあっちを向いていて、ということは意識してのことで、これが一番不思議でした。
シジュちゃんに質問して欲しかったわ。

終了したのだとしたら残念なことではありますが、ツイッターでの「なうすぴにんぐ」が継続中なのでうれしいです。こちらの寸評はもっと濃くて勉強になるので毎回楽しみでなりません。
ロック系はふむふむと読むだけのことが多いのですが、ジャズ、ソウル系はメモ取りまくりの上にYouTubeで聞いたりアマゾンに出かけたりCDショップで探したりと楽しい楽しい。
たまに自分の好きなアルバムが登場するとうれしいんだこれが。
田島さん、ツアーに入ったら難しいかも知れませんが「なうすぴにんぐ」は出来れば続けてくださいね。

2017年9月11日 (月)

カンテグランデ中津本店

梅田の茶屋町で用事を終えて、茶ーでも飲みにいけへんかということになりました。
ちょいとおすましの阪急インターナショナルのティールームも良し、いつものドトールもまた良し、ほかにも素敵なお店がいっぱいある場所ですが、今日はちょっと散歩しつつ中津のカンテグランデへ。

カンテグランデへ行くと決めた途端、頭の中のBGMは当然のように「大阪ストラット」。あ、ええ感じですよね、そやねー。

しかしですね、このお店へ向かう時はいつも無事にたどり着けるかどうか不安が頭をよぎるのですよ。
住宅地でねー。目印がこれといってないのねー。
中津駅から行く時も梅田方面から北上する時も、神社と小学校の間だという薄い前回の記憶をたどりながらです。

古い町のせいか道が碁盤の目になっておらず、微妙に入り組んでいるので勘違いしそうになるんですね。
あー、なんかこの高架覚えてるワ。この途中で途切れる歩道も記憶にあるワとそんなこんなでたどり着きましたカンテグランデ中津本店。

Img_6051
お店の方が植物の手入れをされているところでした。これだけ植わっていると手間がかかるでしょう。

Img_6047

Img_6048

見過ごしそうな入り口の階段を降りて、ドアをあける前からもう神経がほどける感じ。エエお店です。
今日はアベックだらけーではなくて女性のお一人様と男性のお一人様、あとは女性グループが数組。
窓際の明るくて緑の見える席と迷いましたが、奥のやや暗めの一番偉そうな席を選びました。

お腹は空いていなかったのでチャイ。上にアイスの乗ったチャイフロート。
普段甘い飲み物はあまり頂きませんがチャイは甘いほうが美味しいですよね。あ美味し。

空いているので少々長居してリラックスして来ました。
もうなんでこんなに居心地エエのん。また来よ。

2017年9月 6日 (水)

ゆうパック再配達問題

また入っていました「ゆうパック不在連絡票」。

出荷元からのメールで今どこに荷物があるのかが刻々とわかっていて、昨日の時点で今日の日中届くのも想像がつく。
持ってきていただいてもその時間に留守なのはわかっているし帰宅時間も変えられない。
なのに、こちらからは何も出来なくて、配達の方が一度来る→留守→不在連絡を入れる→再配達の申し込みという段階を踏まないとゆうパックは配達時間の指定が出来ない。なんでー?

他社さんは会員登録などの必要はあれど、
明日荷物行きますよメール→留守やから何時にお願いメール→オッケー。
がいとも簡単に出来るのに…。

便利な方法があるのに私が知らないだけかと思って窓口でお尋ねしても、やはり一度不在にならないと時間指定はできないそうです。
他所が出来ることなら日本郵便も頑張っていただけないでしょうか…。

配達の方の労力も時間も、無駄足を踏むバイクや車のガソリンも、再度お願いする手間も、受けてくれる方の手間も、不在葉書の紙もなにもかももったいないやん。

せめて近隣の郵便局止めだけでもいいから、事前にできるようにならないものでしょうかねぇ。ここでお願いしてもアカンでしょうねぇ

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »