« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月

2017年6月27日 (火)

Suchmos表紙

雑誌「AERA」を購入した足でタワーレコードに行き、「bounce」をもらって来ました。

Img_5831_2

Suchmos新譜 FIRST CHOICE LAST STANCEも予約して来ました。
初回使用はロゴのステンシルシートが入っているらしいのですが、何に使うの?
DIY?ハンドメイド?なになに、そういうの流行ってるの?へえぇ。

新譜に関してはまだ未聴のまっさら状態です。
「MUSIC FREAKS」でオンエアされたようなのでラジオ録音も封印中。
今回どう来ているのか初聞きを楽しみにしています。

Img_5834
そしてこのアートワークを見てステンシルを理解。共用しようってことかな。
良く見るとbounceの表紙ロゴもステンシルでした。

2017年6月23日 (金)

名古屋クアトロ中止

6月23日のORIGINAL LOVE 名古屋クラブクアトロ公演が中止になりました。

私が動揺してどうするって感じですが、帰宅してWONDERFUL WORLD さんからのメールを見て血の気が引きました。(ブワァーっと一瞬で色々浮かぶタチなんです)

肋骨折っても発熱しても、点滴打ちながらステージに立ってこられた方なので、一体何があったのかと思いましたが、喉ならどうしようもありません。
うーん、よっぽどの状態なんでしょうね。
ご本人は当然お辛いでしょうし、スタッフの方々の心中もさぞやと思います。
バンドメンバーの皆さんの行き届いたツイート、沁みました。
たとえ目の前にいらしたとしてもかける言葉が見つかりません…。

楽しみにしていらしたお客さん、残念でしたね。
皆さんが行ける日程で振り替え公演が出来ることを祈っております。
スタッフさん、奔走中でしょうがよしなに。

今週の田島さんのツイートを見ていると、ジョグを休んでおられるのがちょっと気になって、膝かなと思ってました。
発信を読む限りではスパイスも控えていらした気もする。
18日の大阪は本当に素晴らしくて、喉にもなんの問題も無いと思いました。
その後お疲れが出たのかしら。仙台から大阪、強行軍でしたし。
名古屋入りしていらしたということは、ギリギリまで決断を迷っていたのでしょうか。
昨夜、岡本太郎さんの写真をご覧になっていたのは自分を鼓舞していたのかなぁと想像すると私まで悔しい。(これは妄想の類かも知れないけど)

気に病まぬようと申し上げても無理でしょうが、どうぞゆっくり休んでください。とは言え、すぐ25日が新潟…。

Img_5792

俳優でも歌手でもダンサーでも、代わりのいない人が責任感やプレッシャーやはやる心やプライベートのあれこれや、全てを自分の中で整理して、体調を調えて、その日の数時間に賭けて決まった日時にステージに立ってくれることの凄さとありがたさを今更ながら感じています。
田島さんもきっとずっとずっとこういう状況を続けてこられたわけですよね。
残念なことではありますが、長年活躍してきて「初めて」中止というのは驚くべきことですよ。

ここで無理は絶対禁物です。どうぞしっかり直してください。
軽く言えることではありませんが、新潟も大事をとったほうが…。
ともかく、どうぞお大事になさってください。

※25日追記

翌24日、「病気で学校を欠席した時は、お外に出ちゃいけません」と昔おうちの方に言われなかったかなーと苦笑しつつツイートを拝見しておりました。
なにはともあれ、25日の新潟公演は無事予定通りのご様子。良かった良かった。

※※25日深夜さらに追記

別項設けようかと思いましたが、なんだかそれもイタいのでさらっと。

今日の公演、全国で体調を気遣い、家事や仕事しながらも心配してくれていた人が大勢いるはず。
アイドルのお嬢さん方と公共の場でお話する前に、その人たちや名古屋公演中止を許してくれた人にまず無事の終了を報告して欲しかったですね。

アーティストと呼ばれる人が、常識的でなくても割合許される人達であるのは承知していますが(そしてそれ故に魅力的だったりする)、心を寄せてくれる人を宝物と思えないのはやっぱりアカンし、物事には順序があると思います。
優等生の音楽を聞きたいわけじゃないけど、バンドメンバーの皆様が行き届いたツイートをして下さってるだけに肝心のご本人が残念なことでした。
(皆様フォローしてくださってるのかも)

昨日も、遊んでたらダメなんですよ。
私はひとまず「苦笑」と書くに留めていましたが、百歩譲っても、それを人に言ったらダメ。
調子の悪いのは喉だけで体は平気だったからだと言うかも知れませんが、それは違う。
他のヴォーカリストの中には、真夏でも体を温め、普段から大声を出さないよう努め、首にスカーフを巻いて保護し、炭酸や刺激物を取らずに本番に備えている人が大勢います。田島氏はそういうタイプでないのでしょうが、心構えという点で比べると申し訳ないですがちょっとね。

2017年6月18日 (日)

ORIGINAL LOVE 「ETERNAL RETURN TOUR」

ORIGINAL LOVE サンケイホールブリーゼ公演、行って来ました。

Img_5775
Img_5774
いやー、楽しかった。
田島氏の発する熱量のものすごさったらね。
その熱にグイグイ巻き込んでもらって、渦の中でヒャッホーっとなりながら撹拌されたようなライブでした。
洗濯機の中状態よ。

「ソウル袋」という言葉は出てきませんでしたが、パンパンになってましたのは感じましたとも。

(ソウル袋って絵的にはどんなのかな?
布袋様とか風神様が持ってるこんな↓袋を想像してるんですが。
ここから田島氏がソウルの実を取り出してはお客さんにガハハと投げるの)
Photo
まだ楽まで残っているので曲目やトークには触れませんが、仙台での長岡亮介さんの写真を見て想像していた曲があったのですが違ってた!
でもこのシーンホントに素敵だった!

開演前のロビーはキタの立地に似合いのお洒落した善男善女の集いの様相でした。ライブにハイヒールで来る方、尊敬します。エライっ。
それぞれ楽しく過ごし、歌い、声をあげて出てきたら2時間半後には
毒気の抜けたような、サウナ上がりのような皆ペカペカの笑顔。
この表情が語っていました。お互い良いライブを見ましたね~♪

おまけ
冨田さん、田島さん惜しい。
551蓬莱は「肉まん」じゃなくて「豚まん」なのよー。

※この項、千秋楽後に追記する…か?
セットリストは帰途の電車で書き出してみましたが、曲目は出てきても順番が心もとないです…。

2017年6月 5日 (月)

アマリリス

我が家のアマリリスが花を咲かせました。
2週間ほど前に見たときは葉っぱしかなかったように思うのに、いつのまにか花軸がニョキニョキ伸びたようで気がついたときには蕾がありました。
毎年この急激な変化に驚く鉢です。4つあるので次々に楽しめそうです。

Img_5707_4
Img_5711_3

日当たりのいい場所に置いてあるのに、他所のお家のアマリリスが終わってから花を咲かせます。なんでかなぁ。オクテなのかなぁ。
我が家の花類は全てちょっと遅めなんですよね。

さて、この花を見るたびに思い出す曲があります。
「♪~♪~調べはアマリリスよ」ってあれです。
もっとも、私の場合、どう考えてもこの部分しか出て来ません。 

みんなで聞こう
楽しい オルゴールを
ラリラリラリラ 
しらべは アマリリス
(日本語詩 岩佐東一郎)

…調べてみたら、こういう歌詞だそうです。
記憶にあるようなないような心もとない感じがしますが、
今日からは水やりしながら密かに歌ってみます。

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »