« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月

2017年5月31日 (水)

映画「関西ジャニーズJr.のお笑いスター誕生!」

当初、夏休み公開と聞いていたように思うのですが、8月26日からとちょっと遅めの公開になりました。映画「関西ジャニーズJr.のお笑いスター誕生!」
私、去年の11月にエキストラとして撮影に参加させていただきました。

プロの仕事現場をちらっとでも拝見したいなぁというのが目的です。
ほんの一日垣間見ただけですが刺激的で楽しかった。

監督は石川勝己氏。
平成の今でも「石川組」という昔ながらの呼び方をするんですね。
事前に打ち合わせなんかは済んでいるのか、思っているよりずっと淡々とテンポ良く撮影が進むのが意外でした。
今日中にここまで撮らなきゃ、という縛りがあって急いでいたのかもしれません。

急に小芝居を求められて苦笑したり、休み時間に知らない人とおしゃべりしたり、長丁場なのに退屈しないで関西人のイチビリ精神むき出しであちこち見て過ごして来ました。

肝心の関西ジャニーズJr.クンたちのことは実は良くわからない。
今予告編を見てもお名前と顔が合致せず。すいません。

でも、真顔でずっと台詞をつぶやいていたりお互い確認しあったり、緊張を解いていたりする様子は、若かろうが経験が乏しかろうが、やはり頑張るプロのお一人なんだなぁと好もしく思って見ていました。

映画は中高生のお嬢さんたちがお小遣いで見に行ったりするのかな。
中々楽しい映画じゃないかなと思いますよ~。

2017年5月24日 (水)

あべのハルカス展望台

この世で一番苦手なもの、それは行列と人混み。

あべのハルカスの展望台がオープンしてから3年間、その下を週に5日は歩いているのに昇ってみる気になりませんでした。

だって、拡声器を持ってチケットの案内をしている係りの方が「今なら入れます!」と台の上で叫んでいるということは「普段は入れない」ということだし、それだけ「混みあって」いるってことでしょう。うわ無理。
せっかく昇っても人の肩越しに風景を眺めるのはしんどそうです。

上記の様子を眺めながら、興味はあるんだけどなぁ、と思ってから早や3年。
気づくと駅コンコースの案内はなくなり、チケット売り場の16階へ通じるエレベーターの乗り場付近を見てみてもガラ空きとなりました。
土日は知りませんが、平日ならストレス無く行けそうな感じが漂っているので、3年目にして初ハルカス展望台に行って来ました。
平日休みの特権ですな。

正式名称は地上から300メートルなので「ハルカス300」。
皆「ハルカス」で百貨店のことも展望台のこともひっくるめて言ってるので知りませんでした。

チケット売り場は16階にあり、そこでチケットを買ってから直通エレベータで昇ります。
Img_5683
売り場はこんな感じ。空いてる空いてる♪
色んな種類のチケットがありますが、普通に昇って見るだけなら1.500円です。あまり派手に宣伝してはいないようですが、毎月15日は65歳以上の方の利用なら1.000円ですって。

Img_5627
エレベーターで60階まで一気に上がります。
ヘンな所に感心したんだけど、ものすごく安定したエレベーターです。
このなめらかさと速さはなんなの。(調べたら三菱電機製だそうで)

で、降りたらこれです。ジャーン。
Img_5648
Img_5639
Img_5647
自分もほかの方も、後から昇ってくる方も、皆一様に「うわー」とか「ひぇー」とか歓声を挙げます。
黄砂で遠くが霞んでいますが、お天気が良かったので遠方まで見通せてめまいがするような風景です。
Img_5680
道頓堀のドンキホーテの観覧車、大阪城、大阪ドーム、大阪港から飛田新地も丸見え、新今宮の駅前の更地も確認。
先日報道された星野リゾートのホテル建設予定地は多分ここかな。

Img_5643
隣のキューズモールの駐車場に「Welcome あべの」と書いてありました。

家を出るときにふと思いついて観劇時に使っている双眼鏡を持って行ったのですが、お手元にお持ちの人はぜひ。
思いがけないものが見えますよ。
20キロ近く離れた万博公園の太陽の塔が確認できた時はうれしかった!
眼下の天王寺動物園は休園日でしたが、よーく見るとフタコブラクダのジャックさん、野間馬の福ちゃん、それから多分ミミナガヤギかなーという黒っぽい動物が確認できました。

Img_5646
あと、人から行けと聞いていたトイレ。ここもものすごい眺めです。誰もいなかったので一枚。
Img_5635
Img_5632
60・59・58階を自由に行き来できて、お土産さんやカフェも中にあります。
お土産はあべのべあ一色。か、可愛いかな?雨の日は展望室に登場するそうです。近鉄さんたら商売上手。
カフェはこういう立地にしては良心的なお値段かと思います。皆さん食べていたのでパインアメソフトをついつられていただきました。
20151101010
Img_5667
まだ食べてません。買ったばかりの写真ですよ(苦笑)
見本の写真より二巻きくらい少ない気がするけど、美味しかったです。

思っていたよりもずっと楽しんで来ました。夕暮れから夜も綺麗だろうねぇ。
時間つぶしにはきっと下の百貨店でゴハン食べて買い物してお茶飲んで散財するんだから再入場可にしてくれたらいいのにな。

2017年5月21日 (日)

サボテンの花

ことしもサボテンが花をつけました。

いつ我が家に来たんだっけな。
買ったときは20センチくらいですりこぎのような素直な形をしていました。

Img_0106
2010年に花を付けたときの様子です。頭のてっぺんに花冠をかぶった娘さんのようで愛らしいです。

その後毎年5月には花を付け、たのしませてくれた後の真夏にはグングン成長します。

Img_3915
で、去年がこれです。↑
頭が2つに割れはじめて、それぞれが機嫌よく花をつけているものの、胴体はまがりくねったり真横に伸びたりと中々手を焼かせられて、可愛いお嬢さん感はどこかへいってしまいました。

去年大きな鉢に植え替えをし、なんとかまっすぐ成長しないかとつっかえ棒をしたり、枠にはめこんでみたりしたのですが、まったく言うことを聞きません。
トゲがあるので手入れもおっくうになり、その後はあきらめて放置していました。冬も屋外で、水遣りも思い出したときのみの放任主義です。

で、現在の姿。なんじゃこら。
Img_5692

キングギドラというかヤマタノオロチというか、好きな方向に伸びて、頭の二股も成長しました。

Img_5690
本当はまっすぐ上に素直に伸びて欲しいんだけど、これで花が咲くということはこの子にとってはゴキゲンな状況なんだろうなぁ。
上手く行かないものです。

2017年5月16日 (火)

ベストアルバム

ORIGINAL LOVE 田島貴男さんの5月10日ツイートを受けて、のんきなブログを書きましたが、その後の5月15日、帰宅してさらなるツイートを見てから自分のピントがずれていることに気づきました。
酔っ払ってるので、後々微修正するかと思いますがとりあえず書いておきます。

またまたベストアルバムが出るんですね。
ORIGINAL LOVE プラチナムベスト ORIGINAL LOVE~CANYON YEARS SINGLES&MORE。
タイトルにあるようにポニーキャニオン時代の音源のみからのもの。
ご本人がやんわり(?)と、了解なし、不本意だという意の発言をしたベスト盤というのは既発のものではなくて、おそらく新しく出るこのベスト盤を差していたのか。
なるほど、唐突なツイートはそういうことでしたか。

その割には現オフィシャルサイトからアナウンスがあるものなのかというのが権利関係に疎くてよく分からないんですが気を取り直してラインナップを見てみます。

2枚組30曲というボリューム、最新リマスターという文言には一瞬気を惹かれますがとりあえず全部手元にあるので個人的にはパス。

「美貌の罠」のシングルバージョンはどこがちがうんだっけ?間奏?
「沈黙の薔薇」のシングルバージョンはアルバムとは確かに違うんだけど、ご本人が気乗りしない発売形態なのであればそれを押して未聴の方にお勧めするかは迷うところ。

アルバム「RAINBOW RACE」から3曲「DESIRE」から2曲「ELEVEN GRAFFITI」から2曲「L」から2曲「ビッグクランチ」から2曲「ムーンストーン」から3曲「踊る太陽」から5曲「街男 街女」から2曲「キングスロード」から3曲そして「東京 飛行」から3曲。
あとは多分公認ベスト「変身」にしか入っていないのが『Dear Baby』と『STARS』でシングルしかないのが『冒険王』でしょうか。
ざっと見て書いたので違っていたらすいません。

「踊る太陽」はアルバム10曲のうち5曲と半分も収録されていますが、この5曲をこの流れで聞いても当然アルバムの魅力は伝わりませんし、「冒険王」は単曲で聴くよりマキシシングル通しで聞くのが面白いんですっ(言い切る)

ベスト盤の存在自体は入門のきっかけとしていいものだと思います。
気になる曲があったらオリジナルアルバムに手を出すという流れは自分も何度と無く経験して来ました。
でもこのベスト盤はご本人が(多分)非監修なのに加えて、長い音楽活動の中の特定のレーベルに限ったものなので隔靴掻痒感がぬぐえません。

個人的には「未発表曲」とか「レア音源」というのが無くてよかったです。
もしあったら「非公認」という言葉と「聞きたい!」という気持ちのせめぎ合いでジタバタするところてした。
(こういう機会ですら表に出ないあの曲は完全にお蔵入りということ?)

後はどんなアートワークかなという点だけに興味がありますが、それは店頭なりネット上なりで確認すればいいや。

原版権に関しては山下達郎さんも悶着がおありでした。(後に和解)
気に沿わないベスト版のリリースというのは色んなアーティスト・ミュージシャンが通ってきた道ではありますが越後獅子というか鵜飼いの鵜というか、権利さえあれば商売とは言え理を通さずしてもいいのかと思いますね。
これってお子ちゃま考えなんでしょうがね。

2017年5月10日 (水)

オススメのアルバム

ORIGINAL LOVE 田島貴男さんの今日のツイート、ご覧になりましたか?
ご自分のベスト盤のことと、オリジナルアルバムのオススメについて触れておられます。

オススメはラヴァーマン、白熱、ビッグ・クランチ、Desire、風の歌を聴け、結晶、Love! Love! &Love、そしてRED CURTAIN Original Love early daysですって。

いつも、何度も聞いているアルバムなのにご本人にタイトルを並べられると自分がそれぞれに向けて持つイメージとか好きなところとか、語りたいことが色々浮かんでくるなぁ。
私が特に好きなのは以前も書きましたが「ビッグ・クランチ」と「ムーンストーン」。この2枚は私の中でセットで別格。

最近はオススメに入っていない1枚、「EYES」を聞きなおして、いいアルバムだと再確認していたところです。
「I WISH」ってこんなに可愛らしい曲だったっけ。
聞きながらなんだか照れて、幸せになります。
ジャケットデザインには好みが分かれるかと思いますが。あ、でもディスクの緑と紫の補色グルグルは綺麗ね。

うーん、自分が誰かにオススメするならどれだろう。
(聞かれてないのに考え込む)
自分の好きなのとオススメはまたちょっと違いますよね。「ビッグ・クランチ」を最初に聞いたらお腹壊しそうだし。
答えは出ないけど…どれもいいよー。すごいよー。多彩かつ多才よー。

特定の人を思い浮かべて「この人へのオススメはこれ」というなら割と浮かびます。
たとえば最近転職したKさんには「白熱」を。
バンドやっているらしい新しいアルバイト君には「RED CURTAIN Original Love early days」を。
音楽好きなAさんには「ラヴァーマン」にPIZZICATO FIVE「THE BAND OF 20TH CENTURY」のDISC 2をセットにして。
いいぞいいぞ。

ちょっとスカした感じのそこの青年よ、「結晶」聞いてみ?
毎日の生活に倦んでいるアナタ、「踊る太陽」貸したろか?
視覚派で音楽はあまり聞かない?んじゃ「東京 飛行」ほれほれ。
ほっほっほ。妄想。

で、田島氏はなんで急にこんな話を始めたのかと思うに、ツアーのセットリストをお考え中だったのかな。
もう一ヶ月切ってますものねぇ。夏が来る。

追記。

ヤフーニュースにもなっとる。5月10日(水)18時39分配信。ちょっとニュアンスが違ってるけどね。写真はROOTS 66の東京競馬場での記者会見の時のものですね。この3点テカテカのお写真もキュートですが、もっとエエのがあるやろと

5月15日再追記。

え、ちゃうやんちゃうやんということでこの項慌てて続く。

2017年5月 7日 (日)

シャンプー

美容院で
「新人がシャンプー担当させていただいてもよろしいでしょうか」と聞かれました。やってきたのはニコニコと愛らしいお嬢さんで、聞けばまだ入社1ヶ月にも満たないそうです。

ド金髪なのには驚きましたが、これは先輩の洗礼だそうで、そういえばこのサロンでは去年も新人さんがオレンジの髪をしていました。
金髪と言ってもさすがプロの手によるもので、お人形のようで可愛く清潔感ある仕上がりになっています。

入社内定してから美容師国家試験受験、それから専門学校卒業式を経て合格発表、入社式の順番だそうです。
けっこうな綱渡りで…。万一試験に落ちたらどうなるんでしょう。

お世辞抜きに丁寧なシャンプーで気持ちよかったですよ。
美容院のシャンプーって、これで後頭部ちゃんと流せてるんかいな、もう一回すすいでくれへんかなといつも思いながらもヘタレなので言えないのですが、彼女はなんだかいつまでもすすいでくれてスッキリ。

私にもこんな初々しい時があったのかな。思い出せないなぁ。
ドライヤーはまだ触らせてもらえないようで、先輩のすることをじっと観察している様子も大変可愛らしかったです。

長年お世話になっているサロンなので新人さんも毎年紹介していただきます。みなさんみるみるうちに立派な美容師さんになって、人によっては転勤したり(多分)独立したりで頼もしい限りです。

美容院に限らず、お店でも駅でも、街に新人さんがいっぱいあふれていますね。この連休でなにを考えたかな。もう会社へ行くの嫌だったりするのかな。
まぁ、なんとかなります。皆なんとかなってきました。
またちょっとこらえたらすぐお盆休みがくるから、それまで頑張りましょう。

2017年5月 1日 (月)

食博覧会・大阪2017

南港インテックス大阪で開催中の「'17食博覧会・大阪」に出かけて来ました。
最寄り駅はコスモスクエア駅になります。期間中駅前からシャトルバスが運行中ですが歩いても大した距離ではありません。

Img_5527
Img_5530
入り口はこんな感じです。
ゴールデン・ウイーク真っ最中とは言え、一応月曜の平日なのでおそらくほかの日よりは空いているんだと思います。
食博ってなに?と問われたら、どういえば良いのでしょうね。
物販、飲食店、展示に催しと盛りだくさんの4年に一度行われる食に関する巨大イベントって感じでしょうか。
広い広いインテックス大阪の6つの建物とステージがテーマ別に分かれてなんだかんだのお祭りです。
Img_5532
イベントステージでは青森県の知事さん自ら県の魅力を熱弁中でした。
昨日ならくまモンが来場していたそうで、知事さんには悪いですがそっちを見たかった…。

Img_5536
飲食スペースはこれくらいの人出でした。そんなに並ばずストレスのない混み具合で、行列嫌いの私としては一安心。
Img_5538

ソーセージ屋さんの看板。こういうデザインが大好きで素通りできません。

Img_5543
あちこちにキャラクターがいて愛想を振りまいています。この子はヨード卵光のコ。

Img_5545
博多ラーメンを食べたり、キリンのブースでビール飲み比べを楽しんだり(奥の2個はコロッケ)。試食も色々頂きました。で、つい財布の紐もゆるむ。
Img_5564
Img_5583
野菜やフルーツのカービング実演や、料理の展示、企業のアピールブースなどもあります。

大昔にも数度来たことがあるのですが、そのころよりも飲食店の割合が増えていて、ほとんど物販な分、見て参加して楽しめるコーナーが減っているかも知れません。
入り口でもらえるパンフレットをまずチェックして、決められた時間に行われるイベントを細かく見て回る楽しみ方も出来そうですが、巨大な会場の中ではそれも中々大変ですよね。

実は私は招待券を頂いての無料入場だったのですが、当日券を購入すると2.200円なんですって。
飲食コーナーの商品は、珍しいものやアイデアを凝らしたものが多くて楽しく美味しいものの、その分けっこうなお値段です。
ご家族で入場して、ノリで色々食べまくったりするとちょっと青ざめることになるかもしれません。

「遊びに来たんだからそういうことを言うのは野暮。発泡トレイに割り箸、場所を探して簡易テーブルでの食事も良し」派と「これだったらちゃんとしたお店を予約してコースが食べられたなと考えてしまう」派。
私そろそろトシなのでしょうか、楽しんでおきながらも後者の考えがよぎってしまった一日でした。
あ、なんだかネガティブに締めちゃいましたね。ちゃんと楽しんだんですよ。お腹いっぱい。ごちそうさまでした。

Img_5526

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »