« 伊賀市観光 2/3 | トップページ | 食博覧会・大阪2017 »

2017年4月24日 (月)

伊賀市観光 3/3

食事の時間を逃して、ちょっと遅くなってしまいました。
夕食を19時半に予約していたので、軽めにおうどんを食べることに。

事前に調べていたものの、住宅地の中でちょっと迷ってあちらへウロウロ、こちらへウロウロして「九重」さんにたどり着きました。
大正時代からの料理旅館をおうどん屋さんとして今も使っておられるそうです。

Img_5334
Img_5330
Img_5332

お部屋で卵とじのおうどんをいただきましたが、これがとっても美味しいおうどんでした。偉そうな言い方ですが、品のよさと庶民的な美味しさのちょうどいい間を突いた味。
「おいしいねぇ」と言いながらお出汁も残さずいただいて大満足。
応対の女性の接客も味と同じく、話しかけてくださるけれどしつこくなく、目端が行き届いていて静かに親切。
お支払いの時にご主人も出てきてくださり、ちょっとお話しましたがこちらもにこやかでさらっといい感じ。
なんなんだこの店。掃除も隅々まで行き届き、前庭やしつらえも気配りを感じ、そして異様にお安い。

お店を出た後、ツレと「あのご夫婦(?)はきっとキツネさんかタヌキさんで」
「夕方になったら葉っぱを頭に載せてくるっと回転して上野公園の森に帰るんだ」などと戯言を言ったりしました。
ごめんなさいごめんなさい。だってそれくらい不思議で素敵に浮世離れした感じのお店だったのですよ。

ふわふわと歩いて大きな通りに出たら「伊賀越」の本店に出ました。


Img_5336

外から覗いたらなんだかすごいセールをやっていて、お漬物やお味噌をお土産に大量購入。美味しかったですよ。なんてあんなにお安かったんだろう?
伊賀越は瓜に生姜他色々詰めてたまり醤油に漬けたお漬物です。辛いけど白いご飯がすすんて美味しいんです。
レジの女性がほがらか。伊賀は夏暑いそうです。

そこから住宅地を東に進んで北上すると寺町に出ます。

Img_5337
城下町を守るために配置された7つの寺院が並んだ通りで、美しい町並みに桜や連翹が咲き、美々しい衣姿のお坊さまが歩いておられて静かなところでした。

ここまでのコースで5時間くらい経ったでしょうか。
私は歩くのが好きなので苦ではありませんが、けっこうな距離だと思います。

ホテルのお迎え時間から逆算した電車の時間までまだ結構あったのでまた駅前を散歩。この写真は駅前のメーテルと鉄郎。

Img_5345
和菓子屋さんが多いのは城下町の常ですが、なぜかイタリアンレストランが多いです。あちこちからオリーブオイルとニンニクの香りが漂っていましたよ。

Img_5225
商店街にスーパーがあり、ふと思いついて入ったらやっぱりおみやげ物屋さんとは違うお菓子とかお醤油、お酒など地のものがいくつか見つかりました。旅先でスーパーに入るの、大好きなんです。

まだ20分あるぞと駅前の伊賀焼古陶館も駆け足で見学。
箸置きやぐいのみなど手ごろなものもいっぱいありました。

いやー、伊賀っていいところだし、楽しいではありませんか。
観光地の賑々しさよりはちょっと遠慮した感じが床しくてとても好みでした。
長くなりすぎるのでホテルでの話は割愛しますが、白いご飯が超絶美味しくて、伊賀米恐るべしと思ったことを付け加えておきます。

おまけ。
レコード屋さんの店頭のビクター犬も忍者。

Img_5344

« 伊賀市観光 2/3 | トップページ | 食博覧会・大阪2017 »

旅行・地域」カテゴリの記事