« 「MUSIC FREAKS」田島コメント1 | トップページ | ブルータス「新しいティーカルチャー」 »

2017年3月20日 (月)

「MUSIC FREAKS」田島コメント2

(1 から続く)

●YONCE

「SEAWEED」。
田島さん好きだろうなと思いながらレコーディングしてました、フッフッフ。
ちょっとウレシイことばかり言われちゃったな。
「ヤンキーだけど生徒会長」はどうなんでしょうね。僕真面目だったからな、毎日オール5目指してたしな。…スイマセン、嘘です。

ORIGINAL LOVEは6月18日、サンケイホールブリーゼでライブがあります。
ナマのORIGINAL LOVE凄いっすよ。
田島さんがロックスター、日本人としては前代未聞ですけどロックスター100人分くらいのエネルギーをバコーンと打ち出してくるから、そのぐらいの気持ちでいないと多分死にます(笑)
中々見られませんよ、こんなにエネルギーの高いパフォーマンスは。
皆さん見に行ったほうがいいと思います。
私もツーマン以来ちゃんとライブ見られていないので行きたいなと思いますけど、大阪の皆さんもぜひ。

…と、まぁ大体こんな感じ。
番組最後の曲は今日訃報が届いたチャック・ベリーの「Johnny B. Goode」でした。

書き取っていて気づいたのは、YONCEくんの話って判りやすい。口に出す前に頭の中で整理が出来ているので筋道が通ってる。
親戚のおじさんの方は、今に始まったことではありませんが、本当に思いつくまま口に出して咀嚼無しだなと。でもその分愛情ダダ漏れでした。

そして声がちょっと低め、というか荒れ気味に聞こえました。ツアー中でお疲れですよね。

バンドとして品性がある、の部分は同感です。
そして、それはORIGINAL LOVEの音楽に常々私が感じていることでもあります。

※※※※※※※※※※※※※※

そうそう、ついでに田島氏の話を思い出した。
先日カバーアルバム「キングスロード」が出た頃の記事をたまたま読み返していたんです。2005年ですね。

「デヴィッド・ボウイがなぜここに入らなかったのか、選びそうだと思ったのに」と聞かれて

「最初候補に挙がった。“Starman”やろうと思ってたのよ。ただ、歌詞見たらすっごい複雑で、全然ポップじゃないんですよ(笑)。シンプルに訳しようがないなと思って(選曲からはずれた)」と語ってるのを読んで、お?と思いました。

この2月にあったデヴィッド・ボウイのトリビュートライブ「CELEBRATING DAVID BOWIE JAPAN」で田島氏が歌ったのは“Starman”じゃなかったっけ。
数多ある曲の中からこの曲を歌ったのは、指定されたのではなくてご自分の意志だったのでしょうか。

もしかしたら「キングスロード」であきらめた“Starman”は、いつかモノにする、消化してお客さんの前で歌う課題としていたのかも知れないなと妄想してニヤニヤしてしまいました。
だとしたらこういう粘り強さも好きな部分ですなぁ。

« 「MUSIC FREAKS」田島コメント1 | トップページ | ブルータス「新しいティーカルチャー」 »

音楽」カテゴリの記事