« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月30日 (木)

「WHERE, WHO, WHAT IS PETROLZ?」

ペトロールズのトリビュートアルバム「WHERE, WHO, WHAT IS PETROLZ?」。
入手してからずっと聞いてます。
ORIGINAL LOVEとSuchmosが参加、ということだけで購入決定してしまいました。

何に驚いたって、ジャケットデザインですよ。
あちこちで見た日付入りスナップ写真はてっきり本当のジャケットデザインが決定するまでの(仮)なんだと思ってました。
ホンマにこの写真やったんですか。大把過ぎるような一周して洒落てるような。

Img_5161
事前の情報をなるべく断って、まっさらの状態で通しで聞いたのですが「雨」に関しては最初の何小節かで「あ、Suchmosの音」とわからせる所がまず凄いではありませんか。
低くラフに歌いだしTAIHEIくんのメロウなエレピを経て(これ泣けるねぇ)終幕はドラマチックにという構成がニクい。
後半を決めてからどんどん引き算しつつ作ったのかなと勝手に想像しています。感情を乗せたボーカルの生々しさが魅力的。

ORIGINAL LOVEの「Fuel」は格好良すぎ。
良すぎてヘンな笑いが出るほど格好良い。
自由でやんちゃで尖ってて、この融通無碍な振る舞いはどうよ?
凝ったリズムがいやほんとたまらんです。
ORIGINAL LOVEの過去のアルバムに例えれば「L」あたりがぐっと熟成したような印象を受けました。

ご本人がツイッターでおっしゃっていた「1978年ニューヨーク」がテーマっていうのは残念ながら私には良くわかりませんでした
 (どうにもビリー・ジョエルが浮かんできてしまう…)

世には色んなトリビュートアルバムがありますが、これは挑戦的で刺激のあるトリビュート作品に仕上がってます。
お目当ての2曲にだけ触れましたが、全体を通してもどれもいい。
自分にエンジンをかけたい時に選ぶアルバムになりそうです。

※このアルバムには素敵な仕掛けがありまして…おぉ♪
※「Fuel」と言えば、本家ペトロールズ版の長岡さんの歌い出しの声、田島さんの今より少し若いころの声にギョッとするほど似てるよねぇ。

2017年3月25日 (土)

バウンス表紙はゴールデン・タイム

毎月25日のお楽しみ、タワーレコードの「バウンス」を貰って来ました。
この情報量でフリーマガジンだなんていいんでしょうか。
バウンスを読んで知らない音楽へのきっかけを作ってもらうことも度々ですし、 新譜のアルバムジャケットを眺めているだけでも楽しいのです。 通勤電車の友。

Img_5145_4
今月の表紙を見てひとり笑いしました。
この場所ってここ ← で、ここ ↓ だー。

ORIGINAL LOVEの「ゴールデン・タイム」撮影場所です。 ほかにも見たことがあるような気がするし、有名な撮影スタジオみたいですね。

2017年3月24日 (金)

ブルータス「新しいティーカルチャー」

春の甲子園、わが町のチームが久々に出場するというので町中大騒ぎだったのに本日初戦であえなく敗退…。
でも強豪校相手によく点数をもぎ取ったと思います。夏も期待してるよ~。

Img_5130
さて、雑誌BRUTUSの3月15日号、「NEW WAVE OF TEA ~新しいティーカルチャー」がとても良かったです。
英国式のおすましたお茶もいいけれど、今回はティーバッグを使ってマグカップにたっぷりと入れた紅茶を、毎日の生活で楽しむという感じの特集です。
うんうん、いいですねぇ。コーヒーも好きですがお茶も大好きです。
開いたトランクに紅茶が詰め込んである特集冒頭の見開き写真がすっごく素敵で気持ちを鷲掴みにされました。
この写真はポスターにして部屋に飾りたいぐらいです。

これは保存版だ!と思ったのはティーバッグのブランド別特集です。
庶民的なのから高級品、超有名どころから珍しい(多分)メーカーまで、国別・解説・デザイン・価格まで整理してあって見ていて飽きません。
それぞれのパッケージデザインも綺麗だし、見たことあるもの、全く未知のもの、高級すぎて縁のないものまで見ているだけでいい香りが漂ってくるよう。これが110種類も見られます。興奮。
大好きなムジカティーもちゃんと載ってました。

もう次の4月1日号が発売されていますが、良く行く本屋さんではまだこの紅茶号が並べて置いてありました。
売れ行きがいいのか、雑誌担当者の方の好みなのか。
ともかくお茶好き必見の一冊だと思います。

個人的には濃さと量が調節できるという意味でリーフティー党ですが、ティーバッグの手軽さもいいですね。
そういえばスーパーでこんなのを見つけて買ったばかりです。

Img_5140
リプトンのさくらティー。
フレーバーティーも楽しくてたまには良し。どんな香りかな?楽しみです。

2017年3月20日 (月)

「MUSIC FREAKS」田島コメント2

(1 から続く)

●YONCE

「SEAWEED」。
田島さん好きだろうなと思いながらレコーディングしてました、フッフッフ。
ちょっとウレシイことばかり言われちゃったな。
「ヤンキーだけど生徒会長」はどうなんでしょうね。僕真面目だったからな、毎日オール5目指してたしな。…スイマセン、嘘です。

ORIGINAL LOVEは6月18日、サンケイホールブリーゼでライブがあります。
ナマのORIGINAL LOVE凄いっすよ。
田島さんがロックスター、日本人としては前代未聞ですけどロックスター100人分くらいのエネルギーをバコーンと打ち出してくるから、そのぐらいの気持ちでいないと多分死にます(笑)
中々見られませんよ、こんなにエネルギーの高いパフォーマンスは。
皆さん見に行ったほうがいいと思います。
私もツーマン以来ちゃんとライブ見られていないので行きたいなと思いますけど、大阪の皆さんもぜひ。

…と、まぁ大体こんな感じ。
番組最後の曲は今日訃報が届いたチャック・ベリーの「Johnny B. Goode」でした。

書き取っていて気づいたのは、YONCEくんの話って判りやすい。口に出す前に頭の中で整理が出来ているので筋道が通ってる。
親戚のおじさんの方は、今に始まったことではありませんが、本当に思いつくまま口に出して咀嚼無しだなと。でもその分愛情ダダ漏れでした。

そして声がちょっと低め、というか荒れ気味に聞こえました。ツアー中でお疲れですよね。

バンドとして品性がある、の部分は同感です。
そして、それはORIGINAL LOVEの音楽に常々私が感じていることでもあります。

※※※※※※※※※※※※※※

そうそう、ついでに田島氏の話を思い出した。
先日カバーアルバム「キングスロード」が出た頃の記事をたまたま読み返していたんです。2005年ですね。

「デヴィッド・ボウイがなぜここに入らなかったのか、選びそうだと思ったのに」と聞かれて

「最初候補に挙がった。“Starman”やろうと思ってたのよ。ただ、歌詞見たらすっごい複雑で、全然ポップじゃないんですよ(笑)。シンプルに訳しようがないなと思って(選曲からはずれた)」と語ってるのを読んで、お?と思いました。

この2月にあったデヴィッド・ボウイのトリビュートライブ「CELEBRATING DAVID BOWIE JAPAN」で田島氏が歌ったのは“Starman”じゃなかったっけ。
数多ある曲の中からこの曲を歌ったのは、指定されたのではなくてご自分の意志だったのでしょうか。

もしかしたら「キングスロード」であきらめた“Starman”は、いつかモノにする、消化してお客さんの前で歌う課題としていたのかも知れないなと妄想してニヤニヤしてしまいました。
だとしたらこういう粘り強さも好きな部分ですなぁ。

「MUSIC FREAKS」田島コメント1

今日のMUSIC FREAKSはSuchmosのYONCEくん担当日。
毎回楽しみですが、今夜はORIGINAL LOVEの田島貴男さんのコメントありということで録音しながら生でも聞きました。

しかしこの顔ぶれとタイミングだと22日発売のペトロールズのトリビュートアルバム「WHERE, WHO, WHAT IS PETROLZ?」の曲が流れる可能性大。
どんなアルバムでもできればまっさらの状態で楽しみたい自分としてはちょっと困ったなと思っていたら案の定ですよ。
今日まで曲がかかりそうな場所を避けてきたので、ここまできたら頑張りたい。
はい、YONCEくんが「雨」と言った途端ボリューム落としました。
終わったかな?とかすかにボリューム上げては「まだ流れてる」とまた落とす数分間(笑)
トークをはさんで「Fuel」。ええいボリュームを(以下略)。おし。乗り切った。
他の方はこういうときどうしているのでしょうか。あんまり気にしない?

●YONCE

「WHERE, WHO, WHAT IS PETROLZ?」にはキャリア的に見て先輩も参加している。それは田島貴男さん、お馴染みですね。
田島さんとSuchmosはもう親子と言ってもいいんじゃないですか?(照笑)

まず音楽好きとして俺たち6人と田島さんはすごくいい間柄、いい関係性を持つことが出来たなと思っているんですけど。
なんと言っても象徴的だったのは去年の9月に渋谷のWWWXのオープニングでORIGINAL LOVEとSuchmosのツーマンライブがあったんですけど、なんかこう、会う前からわかってた感があったんですね。

田島さんもきっとそうだったと思うし、俺たちもそうだったんですけど、ああ、この人は俺らと同じようにきっと音楽が好きで、俺らと同じような気持ちで音楽をやっていて、俺らと同じような志で音楽でなにかを成し遂げたいと思っている人なんじゃないかなと思ってて、そのツーマンやったりラジオでご一緒させてもらったりとかして。

お互い「知ってました」って、そんな感じだったんでだから初めてな気がしない、「お父さん」というか、「お兄…」(←なぜ止めた(笑))「親戚のおじさん」というそんな風に僕は思ってます。

今後ともね、切っても切れない縁だと思うので、これからも田島さんとは何かしら面白いことをやっていくんじゃないかなと勝手に思ってます。
で、そんな田島さんから我々のアルバム「THE KIDS」を聞いた感想コメントがありがたいことに届けられまして、いいんですかね、うれしいですね。

キャリアで言ったら大先輩、僕の生まれた年にデビューしてますから田島さんは。だからそんな大先輩からのお言葉をいただけるなんてのは励みになるし、背筋を正されるような気持ちにもなる。
とにかく僕らにモチベーションをくれる大先輩でございます。

「Fuel」をはさんで

●田島

えー、こんばんはORIGINAL LOVEの田島貴男ですが、ね、YONCEくん、元気ですか。(←嬉しそう)

ツイッターとかでは語りかけたり、なんだかんだありますけどSuchmosとは去年WWWX東京渋谷のオープニングセレモニーで対バン、ツーマンやらせていただいて。
ま、その前からSuchmos好きでファーストアルバム買ってたし、聞いて注目してて一緒にライブやりたい、会いたいなと思ってたんだけど、やっとあの時に会えてね、ライブを見てもっと好きになりましてね、全員がすごい音楽的だったんで。とにかく楽しかったんですよ、会えて嬉しかったって言うかね。

Suchmosがこんなに勢いづいちゃって、音楽をやる気に満ち溢れた人たちじゃないですか。
そういうミュージシャンらしいミュージシャンが作ったアルバム「THE KIDS」がヒットするって言うのは、僕みたいなミュージシャンやってるものにはただ嬉しいですね。

…彼らの持ってるムードが心地良いですよね。
音楽的にももちろん優れている、そういうことは判りきってる。
演奏力が、こういう言い方したら偉そうかも知れないけど、ファーストよりも上がってんなって感じがするんですよ。
前よりも黒くなったって言うのかな、リズムが粘ってんだよね。
それがワクワクしますね。もっと行くんじゃないかって(笑)

グルーヴがきてるんだよ。今回のアルバムは。そしてよりロック的にもなってる。
ロックって言ってもひとつひとつのフレーズがSuchmosならではの凝り方、一筋縄では行かないただのブルーススケールじゃないぞみたいな。
ジャズを知ってる人たちのフレーズが入ってたりしてやっぱり一々良いですよね。

YONCEくんの歌詞がいいんだよね。YONCEくんの世代の人たちが持っている苛立ちとか不満って言うのがロック的に聞こえてくる。
サウンドも僕らの世代よりもSuchmosの世代は非常に洗練されているし垢抜けているんだけど、さらにYONCEくんの言葉…彼ら全員の言葉を代弁しているのかもしれないけど、たとえばSNSとかで発言される軽薄な発言とか、情報がこれだけ日常生活にあふれていると判ったような気になっちゃう人たち、
そういうところにある欺瞞、自覚していない嘘ってのは生活の中にいっぱいあるわけで、(それに対して)「なにかちょっと違うんじゃないか」って言ってる歌の感じがいいんだよね。

YONCEくんってなんかね、クラスの中にいる「ヤンキーだけど生徒会長」みたいな(笑)なんて言ったらいいんでしょうね、色っぽいんだけどなんか真っ当っていうか、そういう感じがあるんだよな。
そういう感じが曲にも現れてるし、バンドの品性と言ったらいいんでしょうか。
だから人気でたんじゃない?って気がしますね。

ストリートミュージックなんだけど欺瞞というものを訴えてるって言う目線がある、そこが色んな人に響く部分じゃないのかって感じがします。
ただ悪ぶってるって感じじゃないんだよね。

じゃ、気に入ってるこの曲。
レアグルーブっぽい…今、レアグルーヴって言うのかな?若者たちよ!
フヘヘ。教えてくれ!(笑)
サビのメロディもカッコイイ、大好き。「SEAWEED」を聞いてください。

「SEAWEED」をはさんで

(この項2へ続く)

2017年3月19日 (日)

赤い羽根の愛ちゃん

赤い羽根共同募金のシンボルキャラクター、愛ちゃん…の抜け殻…(涙)

Img_4700
イベントが終わった後、道端に放置してはいけません。
お子様方が無言で見つめているのは悲しい光景でございました。

ご丁寧に足の部分も揃えて向こうにおいてあります。
Img_4701

ミがちゃんと入った愛ちゃんはこんな感じ。
あぁもう台無し…。

2017年3月14日 (火)

扇子にサイン

万が一にもこの文章が風波を招いてはいけないと思うので、誰の、何に対しての記述かは書かずにおきたいと思います。
ですから、この文にのみ行き当たって、なんのことだろうと思う方がもしいらっしゃれば申し訳ありません。
…と、先にお断りを申し上げておきます。

私も正直言って最初に見たときは、珍しい良いものを拝見したわと思いました。
これすごいな。
岡本太郎氏の影響が大きいことは語るまでもないけれど、それでもこの方のアートとしてちゃんと完成されてる。バランスも完璧。やはり只者ではないなぁと思ったのです。

が、ちょっと待てよと。
扇子にお墨付き(サイン)を記すのは普通によくあることですが、この意匠は言うまでもなく国旗を表現したものなんですね。

おそらく赤い丸が太陽であることからイメージを広げて書き込んだ、要するにデザインとして活かしただけのことで、思想的な意味はないだろうと思います。
普段の言動から推測してもこの表現にそういう背景はない、そこまで考えてないでしょう。
当時のタイトルとも合致しているし、お、この感じいいじゃんというノリとか勢いで書いたというところかな。
(ついでに言うと私個人は右でも左でもないです)

しかし、この画像を全世界に発信されるとなると話は違う。
実を言うと昨夜のうちにあ、ヤバいかもと思い至りました。

国旗を汚したと受け止める人がいるかもしれない。
それがこの方の信条だと取られて攻撃されるかもしれない。非常識だと言われたら?
乗じて騒ぐことを楽しむ人が出るかもしれない。
もしそれが大きくなったら、「祭り」になり、売国だなどと思いも寄らぬ広がり方をしたら…。

私も一度は感心したので言いにくいのですが、これってかなりデリケートな配慮が必要だったのでは…。
うーん、このまま流れて行って欲しい、人目に付かずに終わってほしいと思ったんです。
だけど、ご本人がリツイートしてしまって、正直血の気が引きました。
これ、妙なことになる前になんとかしたほうが良くないですか。
考えすぎですか?いや、火がついたら思わぬことになる危険性をはらんでいるように思うんですよ。
このまま過ぎることを祈るばかりです。似たような行為が騒ぎになった某スポーツチームの例を思い出して、結構アワアワしています。

2017年3月 9日 (木)

井之上隆志さん

舞台友達からのメールで井之上隆志さんの訃報を知りました。
ちょっと動揺しています。

映像の仕事としては「渡る世間は鬼ばかり」内の「おやじバンド」の方というのが一番通りがいいのでしょうか。

でも、その前に「劇団カクスコ」というグループがありましてね。
男性6人組で、設定は変われどやってることや舞台上の空気はいつも同じ、でもその世界観がたまらなく素敵な劇団だったんですよ。
井之上さんはその6人のうちのお一人でした。

どぎつさやあざとさや媚とは対極にある、落語のようなあたたかい話と笑い。
練りに練り、稽古に稽古をつみあげて、それを語らずにさらっと見せるプロ集団。
会話のテンポとか間が絶妙で、だれも傷つけることない幸せなお話に6人のアカペラ。
このアカペラが決して上手くないのにとにかく魅力的で、舞台で聞くたびに誰の何と言う曲かCDを探して聞いたりして、私の試聴ジャンルを広げるきっかけにもなってくれました。

舞台の立て込みからご自分たちで行い、大工さんさながらに道具を使い、汚しをかけて作りこまれたセットを、開演を待ちながら隅々まで見るのは楽しかったですね。
小さな小屋にこだわり、紀伊國屋演劇賞というビッグタイトルを得たあともなんにも変わらない。
たしか賞金は、「どう使おうか?」という相談を繰り返しているうちに皆で飲み屋さんで飲み切ったという話でした。

リーダーの中村育二さんと井之上隆志さんの「歌会」と言われる場面では
昭和歌謡やフォークソングを育二さんがギターを引きまくるのに合わせて井之上さんが積み上げた雑誌をバカスカ叩いて歌いまくるシーンが名物になっていました。
この場面はお二人とも「素」で楽しんでいると言っておられて、観客も皆楽しみにしていたシーンです。

劇団は、メンバーのお一人近藤京三さんが「娘を田舎で育てたいので劇団を辞める」と決めたのをきっかけに2002年にあっさりと解散してしまいました。
私、最終公演の大阪はほぼ全公演見ました。
東京に遠征してシアタートップスでも見ました。
ファンは皆、解散は惜しいなぁと言う一方で理由が彼ららしいなぁと苦笑していましたっけ。

再結成は彼らの美学としてないだろうなと思いつつも、老人ホームでの6人なんて設定でお年寄りになったメンバーが集まるのを想像するのはちょっと楽しかったです。ですがその夢想すらできなくなってしまった。

井之上さん、どう考えても早いですよ。

Img_5129
写真は楽屋で頂いたサイン。
普段はどなたにもサインをお願いしたりしないのですが、この時だけは自分の記念に撮って持っていた新宿シアタートップスの看板写真に頂いてしまいました。
「あれー?これなんの写真?」とすっとんきょーな声で聞かれたのを思い出します。
井之上隆志さん、残念です。どうぞ安らかに。

2017年3月 6日 (月)

パンダ柄のレスポートサック

レスポートサックは軽くて洗えて好きです。
中でも動物関係のプリントが好みで以前は色々集めたのに、最近はこれといったものに出会えなくてしばらく遠ざかっていました。

Img_5128
でもでも、なにこれー。可愛いー。
今日お買い物に行った先で一目惚れしたのは朱赤の地色に竹とパンダ模様。ギャー、ラブリー。白鳩もいるっ。
Img_5125
CELEBRATIONというプリント名のようですが、公式にはまだ取り扱いがないみたいです。
いくつか種類がある中からレクタングラーコスメティックポーチを選んできました。
今PCの前に展示中。にこにこ。

2017年3月 5日 (日)

スウィング・ジャズとちりめんじゃこ

WOWOWとかスカパー、興味ある番組をやってはいるのですが、加入するところまではなかなか。
地上波とBSだけの現在の状況でも、録画したものを消化するのに追いかけっこですから、この状態に追加して有料チャンネルに入っても見る時間なんてあるわけないです。

とは言え、無料放送の日になにを放送するのかはちょっと気になります。
タイトルでどうかな?と思って録画したスカパーでの「ALL STAR SWING FESTIVAL」を視聴しました。

なにか手作業のBGMにでもなるかしらと思ったのが、いざ再生したら画面にかぶりつきですよ。
ベニー・グッドマン。カウント・ベイシー。ライオネル・ハンプトン。
ジーン・クルーパーにテディ・ウィルソン。ひー。
普段CDで聞いてはいても、大画面でこの人たちを見た経験はそう多くないので、口ポカーン。
You Tubeで検索して見聞きするのとは音も説得力も違うー。

エラ・フィッツジェラルドに至っては画面ににじり寄って正座状態。
スウィング・ジャズ大好き。思いがけず幸せ。

スカパー、調べたら(← 思うツボ)昔よりお安くなっていませんか?
しかしなぁ。見る時間がなぁ。加入して見ないのももったいないしなぁ。
うーん、番組単位で買い取り視聴できるようにならないものでしょうか。

※※※※※

その後買い物に行って、ちょいと高いが絶対美味しいご贔屓の魚屋さんで淡路産のちりめんじゃこのパックを買って来ました。

Img_5114
…?
な、なんか入ってるやん。

Img_5115
これ何?長細い魚の稚魚でしょうか。うーん、太刀魚とか?面白ーい。

Img_5117

これはタコだな。うす赤くて、ちゃんと足が一杯あるところまで確認できます。可愛いぞー。

こういうのも楽しくて幸せ。もちろん一緒においしくいただきます。
いい音聞いて、きゅうりとちりめんじゃこと春ワカメの酢の物を食す。
地味だけどいい一日だ。

2017年3月 3日 (金)

「エー・ファモサ」でランチ

お昼ごはんにマレーシア料理「エー・ファモサ」に行って来ました。
場所はJR天満駅の程近く、「ぷらら天満」の北側で市場の中の路地奥になります。
実際にマレーシアの方がやっておられるお店は大阪でも少ないそうで、お昼時には色んな種類のランチが800円で食べられます。

Img_5077
入り口はこんな感じ。
カウンターとテーブル2席のそう大きくはないお店です。まだ新しそうで、とても明るくて綺麗。
入ったら日本人の女性と、目のくるんとした本国のシェフがいらっしゃいました。ランチメニューをみて目移りしながら、私は野菜カレー、ツレはナシゴレンを注文。どちらも辛さ調節をしてくださるとのことでしたが、お店の標準が判らないので普通でおまかせしました。
ランチメニューにはスープとサラダ、デザートがついています。

後から知りましたが、オーナーシェフはエルトン・チョンさんというお名前だそうで、なんだか派手なファッションでピアノを弾きそうな連想をしたりします(笑)

それはともかく。

Img_5070_2
まずはスープ。あっさりとあたたかく美味しいです。

そしてメイン。ナシゴレンと、野菜カレーがやって来ました。

Img_5071
Img_5072

我々がメニューを相談している様子から、味見しあうと判断して、取り分け皿も準備してくださいました。
見ていない様子で気を配っていてくださったのですね。洗い物を増やして申し訳ありません。

ナシゴレンは葉っぱを模した可愛いお皿に入ってきました。
とっても美味しい。今までインドネシア料理として食べたナシゴレンよりもちょっと甘みが少ないようです。
マレーシアの特徴なのか、このお店の特徴なのは聞きそびれてしまいました。

カレーはこれでもかというほどの野菜たっぷりです。
私はもう少し辛くしてもらったらよかったと思いましたが、ツレは大汗かいて食べていましたね。さっぱりと美味。

Img_5076

美味しくいただいて一息のタイミングでアイスクリーム登場。
ごちそうさまでした。美味しくて見た目よりボリュームたっぷり。
これで800円はお安いなぁ。
夜も来てみたいです。

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »