« 「砂上」と「氷の轍」 桜木紫乃 | トップページ | 道の駅 かつらぎ »

2016年11月 6日 (日)

藤原宮跡のコスモス

藤原宮跡にコスモスを見に出かけました。
近鉄の花便りではもう「散り初め」となっていましたが、ご近所でコスモスを育てているお宅ではまだ綺麗に咲いているので、まるっきり見られないわけでもなかろうと判断。
いい気候なので散歩がてらです。
近鉄大和八木駅から橿原市のコミュニティバスに乗ります。
多分これが一番便利でお安いですが、本数が少ないので、時間は事前に調べておいたほうが良いです。
あと、藤原宮跡に着いてからゴハンだトイレだと言っても何もありませんので済ませておいてください。
大和八木駅周辺でしたら食事できるお店も色々ありますし、駅前の近鉄百貨店やコンビニでお弁当を買ってもって行くのもアリかと思います。
(ついでに近鉄百貨店の屋上に上ると大和三山が目の前にきれいに見えますよ)
宮跡でお弁当を広げるのは大丈夫ですが、日よけやベンチもありませんのでその場合は対策を。
Img_4654
Img_4655
さてさて、これがバス。里中満智子さんの「天上の虹」イラスト入りです。持統天皇ですね。
平日なのにかなり混んでいましたが、ほとんどの方は途中の県立医大で降車して、八木から20分足らずで藤原宮跡に到着します。
帰りもバスに乗る場合は忘れずに時間を確認しておかないと、悲惨なことになりますので忘れずに。
時刻表はこんな感じ。すっきりさわやかです。

Img_4656
広いー。
京があった場所の中央部分ですから、当然ですが広いー。
見渡すと耳成山・畝傍山・天香久山の真ん中に立っていて、ちょっとした感動です。西方向には二上山も見えます。
Img_4657_2

Img_4662
コスモスはこんな感じでした。まだまだ綺麗でしたよ。

Img_4659
Img_4663
石碑の周りの木にドングリを発見。帰って調べたのですが「アラカシ」の木かなぁ?
みっしりと実っていました。

Img_4674
持参のお茶を飲み、しばし散策。
お天気も良いし、空気が綺麗で気持ち良いです。あちこちで発掘作業が行われていました。
花園としては春は菜の花、夏はキバナコスモスと蓮。秋はコスモスが楽しめるようです。
地図でみると近くに「奈良文化財研究所藤原宮跡資料室」があるので行ってみることにしました。目印といっても特になにもなく、宮跡から外れると住宅地が続きます。
途中、小高い場所がフェンスで囲まれているのでよじ登ってみたらため池でした。奈良は盆地で農業用のため池が多いんですね。遠くにトリがいました。

Img_4676
Img_4675
けっこうな距離をあるいて少し不安になったころ、資料室に到着。
研究棟の一部を資料室として公開されています。
特別広くはありませんし、最新設備というわけでもありませんが、今見てきた「宮跡」の発掘の様子、出土したもの、どういう場所だったのかなどがわかります。

Img_4677
ヒデオ再生などしつつ見始めると面白くなり、けっこうな時間を過ごしてしまいました。
当時の貴人・役人・普通の人の食卓復元したものをまじまじ。私って結局食い気ですな。
資料室前からバスがありますが、ご想像どおりのすがすがしい時刻表なので駅まで歩くことにしました。
畝傍御陵前駅まで田んぼ道や住宅地をのんびり散歩して30分ほどかな。
楽しく歩くうちに到着。いい一日でした。

« 「砂上」と「氷の轍」 桜木紫乃 | トップページ | 道の駅 かつらぎ »

散歩」カテゴリの記事