« カエルグッズ34~ネイルバッファ | トップページ | グリーンレモンのレモン酒とレモンピール 1/3 »

2016年10月 6日 (木)

Elle a table (エル・ア・ターブル) 2016年 11月号 × 特別セットB

色んな人に意外と言われますが、香り好きです。
ちらほら浮気しながらメインはずーっとシャネルの19番とカルバン・クラインのトゥールース。
グリーンとかウッディなのが好みで、自然界だと花や果物より夏草・水田・夕立・森の香りがたまらんです。
付ける時は香害になるのがイヤなので本当に少しだけ、自分でも日に2・3度「ん?」と微かに思い出す程度が理想なんですね。
皆さんよくやる「空中にワンプッシュしてくぐる」のでもまだ私には多い。
ワンプッシュして霧が床に落ちちゃったかな、というまで待ってその中を全速力で走り抜けてちょうど良い感じです。
人に「意外」と言われるということは、自分だけ気付く量を付けるのに成功しているんじゃないかと思っています。※
ドタドタ走ってるのは百年の恋も冷める姿ですがね。

さて、980円の雑誌に2.808円のオードトワレが付いて1.280円というお値段が話題のElle a table 11月号。
トワレはルディ イタリアンフルーツシリーズ、その名の通りイタリア製です。
開店直後の本屋さんに立ち寄って一冊買ってみました。特別セットBというのがこのトワレのセット。
BがあるからにはAもあるわけで、特別セットAはお洒落なワインストッパーがついていました。
Img_4543
トワレは3タイプあったので、ちょっと迷って「ワイルドフィグ」を選びました。
パッケージの前面が見える梱包なので、好きな香りを選べます。フィグというのはイチジクですね。
エスティローダーのリップもフィグの香りです。
あの香りが好きなのと、ほかのタイプが「ネクタリンピーチ」と「シトラスフルーツ」で香りの想像がついたので一番クセがありそうなのをあえて手に取りました。
Img_4545
そのまま出勤して休憩室で開封、お試ししてみました。
まずパッケージが可愛い。ナチュラルなイラストでなかなかの高級感。
白い硝子のボトルにスプレータイプのキャップで100ミリ入りとたっぷり容量です。
その場にいた女性数人でクンクンしたところ、これは「アリ」であるという結論になり、私も買うっと女の子達がすっとんで行きました。
娘くらいの年齢のお嬢さんたちなんですけどね。女性が集まってこういうものにキャーキャーいうのは楽しいですね。

で、盛り上ったためか、つい残りも欲しくなって帰りにもう2種類買い足して来ました。結局3タイプ制覇です。
Img_4547
吹き口に鼻を近づけた第一印象だけでお知らせしますと
「シトラスフルーツ」は柑橘の中でもオレンジがしっかり立っています。微かに苦味もあるのが良いです。嫌う人はいないと思います。
「ネクタリンピーチ」は熟れ切るまえの若い桃というか、ちゃんとネクタリンの酸味もある香り。3つの中では一番甘いです。
「ワイルドフィグ」は一番年長の香り。イチジクというのが王道の香りではないので、青みがあってなんかいい匂いだけどなんの香りだっけ?という感じ。
3つとも、そのまんまの香りになにかちょっとプラスされた複雑さは感じるので、そんなにチープ過ぎないかと思います。
Img_4544
雑誌が3冊になってしまいましたが、一冊はもちろん自分で読みます。写真も綺麗でレシピも多い、鑑賞と実用の両方に使える好きな雑誌です。
残りは、祝日に会う予定の友人に聞いたら喜んでもらってくれるそうで、無駄にせずに済みました。よかった。

※あんたにそんな洒落っ気あるとは思わんかったという意味かも

« カエルグッズ34~ネイルバッファ | トップページ | グリーンレモンのレモン酒とレモンピール 1/3 »