« エキデモAED | トップページ | 大阪クラシック 2016 »

2016年9月11日 (日)

V6 "HAPPY" Coming Century, 20th Century Forever

「味園ユニバース」!ぴったりーとか、
「NESTA RESORT KOBE野外ステージ」ひー、なんちゅう辺鄙なトコで!とか(関西人ですが東京に行くほうが時間的に早いかも)
「文藝春秋」!また意外な雑誌でグラビア、とか。(写真も文も素敵でした)
DVDパッケージデザインはもうちょっとなんとかならんかったんかとか、もうORIGINAL LOVE 関係の情報が多すぎて、追っているだけで波に飲み込まれそうです。これ書いてる最中に「AOMORI ROCK FESTIVAL’16 」も発表されましたし。田島さん、忙しすぎませんか?大丈夫ですか?

そのうち「今夜の渋谷でのライブ最高」
「え?さっき梅田で歌ってたよ?」
「嘘、今福岡で生ラジオ出てるのに?」なんてことが本気で起こりそう。ドッペルゲンガー。どうかくれぐれもご自愛ください。

その波の中でもSuchmosとのライブという大波がありましたね。
ライブ後のご本人たち、関係者やお客さんから発信される感想や写真はどれをとってもものすごく楽しかった。
私、その後すっかりSuchmosにもハマってるのでもう、うれしくって興奮状態で、中でもHSUくんの「接吻」競演動画は何度か見るうちになんだか感動しておりました。今見たら再生数15.1千回というエラいことになってますね。

田島氏がライブ翌日・翌々日になってもまだSuchmosのことをツイートしているのを見て、よほど楽しくて刺激的だったのかなと思ってます。
「けっこういろんなミュージシャンが気にしてたりする」というのは例の66ラインで話題にされたのかな。
コーラスのオリビアさんは、「友達の代わりにコーラス」とつぶやいておられたので真城さんからのご縁だったのでしょうか。

ちょっと残念なのはSuchmosとの写真。ひとり足りなーい。TAIKINGくんがいなーい。揃ってから撮れーっ。引率者(←違う)は頭数を常に確認すること。でも良い写真です。思わず壁紙にしました。

Img_4348_2
さて、「図書館収蔵CDでORIGINAL LOVE 田島貴男さんの提供曲を聞いてみようシリーズ」第三弾。
V6の「野生の花」です。おぉ、聞いたことあるぞと思って調べてみたら
関西セルラーのCMで流れていたようです。関西セルラーっていう会社名が懐かしい。今のドコですか?

シングルとしては2000年の2月リリース、収録アルバムは「"HAPPY" Coming Century, 20th Century Forever」。
2000年8月の作品です。

V6。イノハラ君とオカダ君はわかりますが、あとは申し訳ない。
名前と顔が一致して全員わかるジャニーズグループってSMAPとTOKIOだけなんですよ。ジャニーズ好きの友人と街を歩くと、看板やらポスターを指して「コレ誰っ?」と抜き打ちテストされますが、いつも落第して笑われてます。テレビで歌っているところを見かけると「元気な若者たちじゃのう」と目を細めてみているのでアンチというわけではないんですが顔と名前は頭に入らないんですねぇ。※

ちなみにイノハラくんはかんぽさんとして郵便局で覚え、オカダ君は大河ドラマとひらパー兄さんとして覚えました。
(大阪にひらかたパークという遊園地がありまして、そこのキャラクターをしておられます)

このアルバム、佐藤竹善さんや藤井フミヤさん、曽我部恵一さん、サエキけんぞうさんなどが参加しています。
頭から流して聞きましたが、明るく元気な聞きやすいアルバムでした。
ドライブの車中でおしゃべりのバックに流れていたら楽しめそうでいいかも。
しかしやはり演奏陣のクレジットはありません。
ひとりすっとんきょーな声の人がいますね。目立ってていいねー。
Img_4349
「野生の花」は3曲目。田島氏は曲提供のみで、なぜかタジマタカオとカタカナ表記です。
クレージーケンバンドのリミックスとルパンもそうだったっけ?と思って調べたら、2000年の仕事はカタカナ表記が多いんですね。
気づかなかった。なんで?ミレニアムな気分がそうさせた?

ORIGINAL LOVE としては「ムーンストーン」がこの年の3月リリース。
「野生の花」に関しては派手でキャッチーでアイドルグループが歌うことを十分に意識して作ったような気がします。さすがプロのお仕事って感じです。
田島バージョン、聞いてみたいな。
タツローさんが「硝子の少年」を歌うたびに「シャレです、シャレ」と言ってる、あんなノリで聞きたい。

歌詞は真木須とも子さん。
「自分の価値」の「価値」は「いみ」とルビがあり、以下
「未来」は「あす」。「疾風」は「かぜ」。だそうです。こういうの多用すると私はなんかカユくなります。

もう一枚、SMAPも借りてきたので次にそれを。

※よく考えたらV6はもう若者ではないかも。

« エキデモAED | トップページ | 大阪クラシック 2016 »

音楽」カテゴリの記事