« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月30日 (火)

本木雅弘「D+F+M 東へ西へ」

「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2016」放送のうち、無料のプログラムだけORIGINAL LOVE 目当てに視聴しました。
「接吻」一曲だけですが、WOWOWさんノーカットで放映してくれてありがとう。
雰囲気だけでも夏フェスを楽しめました。
しっかし、暑そうだ。真夏の晴天の午後一番暑い時間帯でライトに照らされつつ、もしかしたら太陽に向かって歌ってる?
マイクを持つ田島氏の肘から汗がポタポタポタポタ途切れずに落ちているのを見て、これは「苦行」かと思わずおののきました。
他には人間椅子が良かったです。あと、BABYMETALを初めて見ました。うーん、どうなんでしょ。

さて、体力無くて夏フェスなんて考えられない、インドア派の私は部屋で遊びます。
前回の「ロミオ道行」に端を発した、「田島貴男さんの提供曲を聞いてみようシリーズ」第二弾です。
いつの間にシリーズ化してしまったのでしょうか(笑)

誰かの作品に参加している田島氏ご本人の歌が聴けたり、プロデューサーとしてかかわっている作品などは個性が色濃く出ているので積極的に聞いてきたのですが、曲提供のみで歌唱は別という場合は、機会が無くて(要するに買うほどではなくて)後回しになっていました。

が、図書館ユーザーの私。
最近になって思い立って検索してみたら、そのノータッチの作品を収録しているCDがいくつか見つかったではありませんか。
その作品をお目当てに楽しみつつ、今まで縁のなかった方のアルバムを聞いてみましょうというわけです。

ワタクシ基本的には、本もCDも対価を払って、作り手にわずかでも還元したい派です。
が、その一方で初見の作家さんの単行本に二千円のお支払いをして、合わなかったときには本気で悔しいという庶民でもあるのです。
なので、図書館や古本はその間に立って出会いのきっかけを作ってくれるものと位置づけています。(調べ物したり絶版を読んだりというのはまた別の話ですが)
実際、出会いは図書館でも手元に置いておきたくて同じ本を買いなおしたり、好みの作家さんだったのでその後新刊を待ちわびて買うようになったということも多々あります。
わかりやすく言うと、今回は無料で借りたもので遊ばせていただきますが、好みのアーティスト探しにつながればちゃんと買う心積もりはありますよと、念のために付け加えておきます。

さて、今回は本木雅弘さんの「D+F+M 東へ西へ」というアルバムです。
タイトルの意味、さっぱりわかりません。92年ってモックン的にはソロになって数年が経ち、ヘアヌード写真集出したり、本格的な俳優になった頃みたいです。
Img_4354
作家の顔ぶれが豪華です。玉置浩二・森若香織・朝本浩文・小西康陽・田島貴男。タイトル曲の「東へ西へ」は井上陽水のカバー。
なぜか荒井由実の「ベルベット・イースター」のカバーも入っています。これ意外とよかったです。(敬称略)
クレジットが不十分で演奏者はおろかプロデューサーも不明。こんなCD初めてやわー。ミュージシャンもスタッフさんも立つ瀬ないねぇ。
雰囲気から朝本さんプロデュースかなと想像しますがどうでしょうか。

Img_4355
大変不安定なボーカルです。
その音はどこへいくのか、それで合ってるのか、自信一杯で歌っていますがこちらの眉間には深いシワができます。おのれモックン、このシワどうしてくれよう。
同じ動機で藤井隆さんの「ロミオ道行」を聞いた時に、つい筆がすべって「ヘタ」なんて書いてしまいましたが、藤井氏の方は「味があるかも」に表現を変えて、「ヘタ」はモックンに献上したい。

ハウス?クラブっぽいのやレゲエっぽいアレンジ。お洒落で個性的路線というのでしょうか。
田島氏の作品は「THE CRYSTAL」(詞・曲・編曲)と「BLUE NOTES」(曲・編曲)の2曲。「BLUE NOTES」の詞はなんと小西康陽さんです。
「THE CRYSTAL」はクールでジャズっぽいカッコいい曲です。これいいなぁ。
ただ、提供曲って歌う人の音域や力量を考えて作らなくっていいのかしら。本木くん完全に手に余っています。
詞に登場する Anicient Ocean って「古代海洋」と言う意味だそうで、田島さんがお好きそうな世界ですね。
聞き覚えのあるセンテンスにもついニヤニヤ。後の「ホモ・エレクトス」に引き継がれたのか無意識なのか、田島さんご自身「原始への憧れがある」そうなので無意識っぽいか。

「BLUE NOTES」はホーンたっぷり、華やかに走るピアノ。これまたカッコいい。小西さんらしいワードが散りばめられていてうれしさのあまりクッション抱いてヒャーヒャーと悶絶しましたよ。

えーっ、この2曲田島さんで聞きたいなぁ。
作ったことをちゃんと覚えているかしら。忘れてそう

このアルバムがリリースされた1992年7月はORIGINAL LOVE「結晶」が発売された直後のタイミングとなります。「THE CRYSTAL」は結晶に入ってても違和感無いと思います。

で、ちゃっかりウィキペディア見ちゃいますが、この年の田島さんは提供多いです。
ちわきまゆみ・石田純一・クレモンティーヌ・井上睦都実・池田聡各氏に加えてこの本木雅弘さん。曲提供だけも編曲含めてもありますが、クレモンティーヌの「アン・プリヴェ 東京の休暇」なんて3曲も参加してるし(このアルバム好き!)それだけじゃない、『SESSIONS』もこの年リリースで、高野寛さんとの「冬物語」もこの年で、ライブやってプロモーションやって制作もやってCMもやって、人ってこんなに活動できるかって勢いです。

2016年の今も田島さんという方はよく働く人やなぁと日々感心しつつ驚いていますが、1992年はその比じゃないような感じですね。

本木さんは現在放映中のサントリーのCMでちらっと歌っていますが、24年経ってもけっこうな破壊力です。
俳優さんとして大成して良かった。

2016年8月28日 (日)

ナス

ナス一袋150円。ずっしりと重く巨大な袋です。
買って帰って、我が家で一番大きいかごに入れながら数えたらぴかぴかの新鮮なのが15本入っていました。

Img_4369
焼きなす、揚げびたし、麻婆茄子、味噌炊き、トマトソースとチーズで重ね焼きも美味しいねー。

お店はこれで儲けが出てるんでしょうか。
そして農家さんは大丈夫なんでしょうか。
ともかく美味しくいただきます。

2016年8月25日 (木)

ハンズメッセ 2016

夏の終わりのお楽しみ「ハンズメッセ」に行って来ました。
東急ハンズのセールです。
Img_4357
毎年必ず買うのが石鹸とタオル。
去年買いすぎた石鹸がまだ残っているので、今年は数を控えめにしました。「ラベンダーせっけん」です。タオルは普段使いの「今治残糸フェイスタオル」を数枚。

しかし年々小規模になっている気がするなぁ。それに合わせてお客さんの数も減ってきているように思います。
上記のフェイスタオルなんて、年によってはすぐ売り切れてしまっていたのに、今年はコーナーの前に人も無く、お店の方が所在無げにしている様子でした。

Img_4361
後は、残り少なくなってきている「クレージーソルト」を買い足したり、

Img_4359
隣の女性が山のように買い込んでいた歯磨き粉を釣られて買ってみたり。
これ良いものなんでしょうか、楽しみに使ってみます。

私が行ったのはミナミのド真ん中、心斎橋店です。大きいスーツケースを持った中韓からの旅行客の皆様がセールに喜んで、予定以上に(多分)豪快に買い込んでおられるのがあちこちで見られました。
いつもながらすごいパワーで圧倒されます。声がデカイくてびっくりするほど賑やかです。
一杯お金を回した後は、せっかく来られたのですから観光もよろしく。
大阪の良いところを見て、好きになって帰ってくださいね~。

本日の買い物でいちばん満足なのは革小物。
Img_4362
赤いのはペンケース。
グリーンのは文庫本カバー。
茶はマチなしのファスナーケースです。
文庫本はカバーは色変わりのファスナーが付いていてポケットになっています。実際何を入れたら良いのかは思いつきませんが、登場人物の多い小説を読む時に名前と相関図のメモをつくったりするのでそういうのを入れたら良いのかな?しおりとか?あ、イコカを入れて改札でピッとするとか?
ペンケースも文庫本カバーもいくつか持っているのに、文房具が好きでつい買ってしまうんですよね。

今年も色々見て楽しかったです。ちょっと迷った商品がいくつかあるので、また期間中立ち寄るかも知れません。

スカート

今日から突然秋を感じるようになりました。
まず日陰に入るとやけに涼しい。さわやかな感じがします。
その後目の前をトンボが横切っていきました。
そして夜。庭で第一号の秋の虫がチッチッと鳴きだしました。
突然に来ますね。
日中は暑くて息も絶え絶えなので秋の気配大歓迎。もうちょっと頑張ろう。

さて、今日JR環状線の中での出来事。

適度に混んでいる車内で座って本を読みつつ、ふと顔を上げると、こちらに背をむけて立っている女性が目に入りました。

ありゃー、透けてる…。
生成り色のくるぶし丈スカートを穿いている女性の、そのー、お尻の部分がですね、透けてるんですよ。
普段、白いボトムの人で「あ、ちょっとマズいかな」というのは時々見ますし、多分お家では確認していても屋外で逆光だったりしたら思っているより透けてしまったりということはよくある失敗でしょうが、この方の場合はショーツの上にペチコートもスカートの裏地もなく、麻に綿混っぽいスカートの生地一枚だけです。足の形はもちろん、ショーツの縁取りのピコレースまでくっきり浮き出ている始末。

お幾つくらいかな、30過ぎ?ほっこりファッションで髪をひとつ結びにした女性です。

この時間だからいまから出かけるんだよなぁ。
あちこちでこの姿晒すの気の毒だ。
とは言え、見知らぬ人(私)に指摘されてもどうしたらいいのって話だよね。
ショールでも持ってたら腰に巻いてごまかせるかなぁ。
私だったら言って欲しいけど、人によってはかえって恥ずかしくてイヤかなぁ。
いやいやもしかしたらそういう嗜好の人でわざとやってる可能性があるかも。
…もう、色々考えてアタマぐるぐるです。

私、けっこうおせっかいな方だと自覚していて、事故現場の救助とか車内トラブルの駅員さんへの通報とかするタイプですが、こんなデリケートに状況にズカッと切り込む度胸はありません。

加えて以前、同じく電車の中で学生さんが盗撮されている現場に出くわしたことがありまして、友人と共におもわず割って入ったことがあるんですよ。
犯人は捕まえられなかったけど、撮り続けられるより良かったかと思いきや、助けたつもりの清純そうなお嬢さん本人に
「あんたら何か関係あるん?」と冷笑されたのがけっこうショックだったので、もう人に余計なことはしないっ、と心に決めたんでした。

でもしかし、うーん、困ったなぁと思っている内に私の下車駅がきてしまい、結局黙ったまま降車してしまいました。
降りる時にそっと見たら、スカートの前の部分は脇の布をエプロンのように紐で止める、布が何重にもなるデザインでした。
なるほど、だから着てみたときに後姿には気づかなかったのでしょうね。

彼女、その後どうしたでしょうか。
やっぱり、そっと降りる時にメモでも渡したら良かったかしら、いやあくまで自己責任かなとしばらく悶々としたのでした。

2016年8月17日 (水)

星屑スキャット

NHK「The Covers」。星屑スキャットの回を見ました。

すいませんすいません。わたしこの方たちもっと色物かと思っていました。
普通に上手いやん。
ハーモニーもユニゾンも丁寧で綺麗。お見それしました。

「The Covers」は真っ当なアーティストを、ちゃんとしたミュージシャンで聞かせてくれる、今時めずらしい音楽番組のひとつだと思っています。
選曲も興味深いし、どう料理するのかも楽しみで、30分じゃなくてもうちょっと長尺で見せて欲しいくらいです。

一方、ミッツ・マングローブさん。
同じNHKの「スポーツ酒場 語り亭」のママとしてずっと見ていますし、当意即妙のトークが面白くて好きなタレントさんの一人でした。
ブログも時々読んでいますが、こちらも明晰さとユーモアが入り混じって面白いんですよね。
なのに、星屑スキャットがどういう音楽ユニットなのかというところまでは興味が至らず未聴のままでした。
二丁目ノリでやってる余技のユニットなのかなと思ってたんですよ。

毎週録画の設定でレコーダーに入っていたからと何の気なしに見始めたのに、とても楽しめました。
今回の選曲は少年隊の「仮面舞踏会」、うしろゆびさされ組「バナナの涙」、オリジナルの「新宿シャンソン」。

トークの面白さは期待通りとしても、こんなに音楽的にちゃんとした方たちだったとは。そうだよね、「The Covers」のゲストなんだものね。
オリジナル曲はタイトルどおり、シャンソンに寄せた歌い方で存在感あるものでした。ドラマチックでコーラスワークばっちり。
(作曲・ピアノが上田禎さん。やっぱりお帽子かぶってらっしゃるのね)

しかし司会の仲里依紗さん、あまり音楽が好きでないのか物事に興味がないのか、いつも同じ質問ばかりだし、醒めてらっしゃる。
前任の夏菜さんが毎回キャッキャと楽しんでたのが可愛かったので余計目立つなぁ。

9月5日は野宮真貴さま。
前回は年末でしたっけ。赤いファー、素敵だったなぁ。
次回も音楽はもちろん、ファッションも楽しみです。

追記、
ミッツさん公式ブログによると、今回のこの番組、郷ひろみさん、福山雅治さんに次ぐ番組史上3番目の高視聴率だったそうです。すっげー。

2016年8月16日 (火)

夏休み

夏休み満喫中。
あちこちに買い物に行ったり、部屋の整理をしたり簡単なDIYを楽しんだり。
お墓参りにも行きました。

特別なことは何も無いけど、休みは休むためにあるのでいいのです。

今日は自転車に乗って遠く離れたスーパーまで、買い物のようなサイクリングのような気分で出かけました。

桜並木の緑陰を潜り抜け、

Img_4339
知らない植物につい見入り(白い部分はフワフワかと思い触ってみたらけっこうゴワゴワ)

Img_4333
青々と稲が育つ田んぼを抜けてキコキコと進みます。むせるほど青臭い、夏!っていう香りがします。
海の無い町に住んでいると、潮の香りの代わりにこの香りが夏の匂いです。

夏休みのおやつで美味しかったもの2つ。
Img_4322
カルディで買った「トムヤムナッツ」。レモングラスがこれでもかとくっついたカシューナッツのお菓子です。本格的なタイ風味が濃厚に楽しめます。好き嫌いのある味ですがなんだか病みつきになります。これとビールの組み合わせはたまらんですな。
Img_4329
もうひとつは「れんこん天チップス」。ダイコー食品というところのものです。
ちょっと前からレモン味が流行のようで、それは知っていたものの性格が天邪鬼なので流行れば流行るほど、その手には乗らんと無視していたんです。

ところが偏屈と同じ程度に食い気もある私。
お店のポップに「当店売り上げ1000個突破!」とあるのを見て、ケッといいながらつい買ってみたら…美味しかった。
かなり酸っぱい味と、カリカリした食感が相まってあっという間に食べてしまいました。ちょっとくやしい。

から揚げにレモンが許せない人にはおすすめしませんが、容認派にはぜひぜひ。偏屈はどこへやら、また買ってこようっと。

2016年8月11日 (木)

黒猫と犬

通りがかりに見た出来事。

宅配便の若いお兄さんが、古いお店のインターホンを押して荷物の到来を告げ、ガラスの引き戸を30センチばかり開けたところ、中から通りに向けて犬がトコ、トコ、と出てきてしまいました。ヒモなし。

薄いベージュの毛並みで口の周りが真っ白。柴犬くらいの大きさで、よろよろした動きから見ても相当なご老犬です。

体がすっかり通りに出てところで、
「ワタシは何処へ行くんでしたっけ?」とばかりにぽやっと立ち止まったのを、宅配さんは荷物のダンボールを足元に置いて、犬の胴体にそっと手を差し入れて180度くるりと回転。
犬は
「そうそう、おウチに帰るんでしたワ」とトコ、トコ、と穏やかに戻って行ったのでした。可愛いったら。

お兄さん、犬好きなのかな。足で押し戻したりしないで優しいね。

私、犬は大好きなんですが、長く飼った柴犬を見送ってから次を考えられなくなってしまって、以来我が家に犬はいません。

お盆にはご先祖様と一緒に可愛かったあのコも帰ってくると信じています。
明日にでもお花とお供え物を揃えにいくつもり。

2016年8月 7日 (日)

既視感

お?
この場所見覚えがありますな♪

2016年8月 5日 (金)

天ぷら「まきの」とジョア

いつ見ても長蛇の列で気になっていた天神橋筋商店街の「まきの」。
久々に通りかかったら、さすがに人気も落ち着いてきたのか少し待てば入れそうだったのでいただいて来ました。
この暑さですから、天ぷらを食べたいという元気な胃袋の人も少なくて空いているのかもしれませんね。
私は今年はまだ大丈夫。この夏はめずらしく食欲が落ちていないので油モノOKです。

場所はJR大阪環状線天満駅から商店街を北へ歩き出してすぐ。
お店の前にお客さん用のガイドポールが出ているのですぐわかります。

Img_4303
Img_4302
お店の造りは和食ファミレスとか街の気軽な和食屋さんとか、そんな感じでした。定食が何種類かあり、どれもお手ごろ価格です。
私は一番注文の多そうだった「天ぷら定食」を注文しました。

カウンター前には天つゆや塩、七味やお漬物が準備されていて、自分の陣地であるトレイにはごはん(たしか大盛り無料と言ってました)と赤だしをセット。
あとは揚げ物用の小さなバットがあって、ここに目の前で揚げた天ぷらを順に出してくれるしくみです。

何種類あったっけ。
えび、かきあげ、タマゴ、とり…6種類ほどの食材を次々と揚げ、満員のお客さんのバットにそれぞれ食材の名前を言いつつひょいひょいと乗せて行ってくれます。お仕事とは言え、よく覚えているものですねぇ。
タマゴはご飯に乗せて別に置いてある出汁醤油で小さな丼にしてほぐしながら食べるのをオススメしてくれます。おいしー。

このタマゴを揚げる道具が面白かった。
豆のさや状態にくぼみがつながった銅の道具にタマゴを入れて衣をつけ、半熟に揚げてくれるんです。
一個ずつではなくてこういう連結形のがあるんですね。

天ぷらは揚げたてが身上ですから、いま揚がったのをハフハフサクサクといただけるのはとても贅沢です。
おなか一杯。体が反り返りそうになるボリュームでおいくらだったっけ。えー、790円でした。すごいコストパフォーマンスです。

近所の会社員さんやお買い物ついでの方、お年寄りやらカップルまで客層もいろいろ。
おうどんチェーンの丸亀製麺さんがやっているお店だそうで、だからこのお値段でできるんでしょうね。店舗数はまだまだ少ないようです。
食べながら入り口付近に目をやると次のお客さんが並んで待っているので、ゆったりおちついてという感じではなく、さっといただいてさっと出るお店ですが、これだったらまた食べに来たいですね。

このあと、腹ごなしに商店街をぷらぷら。
天神橋筋商店街に来るとなんでも安くて見ていて楽しい。
あと、喫茶店がとっても多いんです。
イマドキのチェーンもありますが、その中で健闘中の個人営業の喫茶店さんを贔屓したくなります。
一軒で美味しいアイスコーヒーをいただいて、油でもったりしたおなかもスッキリしました。

Img_4309
Img_4308
南へ歩くとコロッケで有名な中村屋。ほの甘くて美味しくて、齧りつつ歩くのも楽しいですが今日は無理。入らん。

Img_4306
すぐ近くに天満天神繁盛亭。落語の常設寄席です。いつぞやはORIGINAL LOVEの田島貴男さんもこのコースで歩いておられました。
ふらっと来て中村屋というのは美味しいものセンサーが鋭すぎると思うので、おそらく誰かに教えてもらったか案内してもらったか。
もうずいぶん前ですが、大阪の街歩き、楽しめたかなぁ。
Img_4325
…と、言うわけでジョア、飲んでます。(強引な展開だなぁ)
久しぶりに飲みましたが美味しいですね。
CMも無事見られました。もし関西の方で探している方がおられたら、読売テレビの平日朝「スッキリ」で捕獲できますよ。

えーそこでですね、あのー、ヤクルトさん?
このCM、剛力さんが華奢で可愛らしくて素敵ですが、ビーチにいる紅白シマシマ水着の男性、続編は田島氏でというのはいかがでしょう。
あ、ビーチでギターを弾いてCMソングを歌うとかもいいなぁ。
もしくはJR東海のCMに一瞬出た山下達郎さんのように、剛力さんの向こうでザバザバ泳ぎながら横切る謎のスイマーが実はビックリ、田島氏だった!
なんて、どうですか?
話題沸騰、問い合わせ殺到、視聴者(局地的)大盛り上がり必至ですよん。
(猛暑ゆえの妄想)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »