« 玉置浩二×横尾忠則 | トップページ | イトキンマキシー館閉館 »

2016年6月28日 (火)

小学館のマーク

びっくりした。ものすごくびっくりした。
小さいころから目にしていた「小学館」のマークの話なんですけど!

あれは、寒い冬の日に読書やお勉強に勤しむ子供たちの様子を描いた「蛍雪の功」的な風景だと今まで思っていました。
足元にアンカを置いて、かじかむ手に息を吹きかけつつ頁をめくる良い子達を描いているんだなぁ、うんうん、立派な大人になるのだよ、と。

違うんですって。私が足を温めていると思っていたのは、なんとテーブルの足だったのっ。
Udpwys7

上のマークだと足温器に見えるでしょう?
練炭でも仕込んだ陶器製かなにかの足温器で、時々足が触れては「あついっ」となってその度に勉強中の姉と弟が顔を見合わせて笑うような情景を
ほのぼのと思い描いていたのに、あれ、机の足なんですってっ。

864qhxr
これがちょっと新しいマークだそうです。
う…机の足だワ。丸テーブルだったのね。
二人のヘアスタイルもスカした感じになってるし、もう、なんだか裏切られた気分です。

勝手に勘違いしてたのはわかっていますが、長年の思い込みが覆るというのはけっこうなショックです。

« 玉置浩二×横尾忠則 | トップページ | イトキンマキシー館閉館 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事