« 小学館のマーク | トップページ | 青いナポリ イン ザ パーク »

2016年6月30日 (木)

イトキンマキシー館閉館

大阪の堺筋本町にイトキンのマキシー館というのがあります。
本社ビル(多分)の上階を業務フロア、下階を一般のお客さん向けの直売フロアにしていて、そのうち1・3階は今期モノの販売、6階から9階はアウトレットになっています。

アウトレットが嫌いな女性はあまりいないと思いますが、大抵郊外を目指して遠路はるばる行かなきゃならず、人混みも大変で、せっかく行ったからにはと色々買い込んで結構な出費になり帰宅してから反省することもしばしば。
その点、このマキシー館は大阪のド真ん中、船場にあるため他のお出かけとあわせて見られるところが便利で、私はこのアウトレットにわりとよくお世話になっていました。
平日などはガラガラの店内でゆっくり掘り出し物を発掘し、試着もじっくり冷静に出来て、お買い物は熟考型の私にピッタリだったのです。

最初は何で知ったのか、いくら考えても思い出せません。
一応入店カードも必要なのですが、これもどうやって作ったのでしたか、会員制といってもユルい感じですぐに入れたのだと思います。

サンプルやB級品の値段なんてあってなきがごとし。
ほつれ品やボタン取れで数百円になってるものを買って自分で修繕したりするのも面白いし、時にはなんでコレを作って売ることにしたんだろうと思うようなデザインの珍品や、素敵なシャツだけど黄色ばっかり残っちゃったんだな、なんてものを見るのはとっても楽しいものでした。
また、シビラなんてプロパーでは庶民の私は躊躇しますが、ここではちょこっと買えたりして。また長持ちするんだこれが。(最近ぐっとお安めになりましたが)

いつだったか、コシノヒロコさんのショーで使ったものだという宇宙人のようなぶっとんだ巨大なアクセサリーなんかも販売していて、日常使いするひとがいるのだろうかとしげしげ拝見したこともありました。面白かった。

と、お気に入りの場所だったわけですが、このたびこのビルが閉店することになりました。えーっ、ショック。
案内には「耐震工事のため」とありましたが、イトキンさん色々話題になっていたのでそれもあるのでしょう。まぁ仕方ないのかな。

最後に一度行っとくかとお名残の買い物をしてきました。

Img_4258
平日のせいか、閉店日間際でもとくににぎわっているということもなく、いつのとおりゆっくりお買い物。
とは言えクレージュなどは早々と閉鎖していましたし、全体に品物数が少なくなっていて沈下ムードでした…。

今日は靴とショールとタンクトップをお買い上げ。大人しめの買い物でした。
(手持ち多過ぎでショールもう買わないと誓ってたのに。布に弱い)

「イトキン」って、繊維業をさす大阪言葉「糸屋さん」と創業者のお名前「金五さん」をくっつけての社名なんですね。
おおらかな社名でよろしいではないですか。

閉店は7月3日とか。船場ショッピングの楽しみがひとつ減って残念です。

« 小学館のマーク | トップページ | 青いナポリ イン ザ パーク »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事