« 葛井寺の遅めの藤 | トップページ | 演劇チラシ6~アイ・ガット・マーマン »

2016年5月 9日 (月)

某所つぶやき

けっこうデリケートな話なんですが。

無の状態からなにかを作るプロフェッショナルの人って、凡人の想像が及ばないくらいギリギリのところでやっているんだと思いますよ。
上手くいかない焦りとか恐怖とかもきっとあるでしょうが、歯を食いしばりながら前進してるんじゃないでしょうか。
そしてそのことは、ほとんどの人が想像しているんじゃないかと思います。

待ってる人は作り手の満足のいくもので、受け取る自分もうれしいものができるように、楽しみにしたり、案じたりしながらそっと様子を見ている。

でも一方では無遠慮な人や、考え無しに触れてくる人がどういうわけか何人もいらっしゃるんですね。悪気は無いとしても、傍から見てハラハラしています。 そこ触ってもエエの?触り方あるんちゃう?無神経とちゃう?

ご本人は触られてイラッとしてもブチギレるわけにもいかない。
かといって見ないわけにもいかない。
でも、本当にやらなきゃいけないことの妨げになったら意味ないし、そのうち胃に穴が開いてしまいますよ。

あのー、ツイッターをいちどスパッとやめてしまわれるのはどうですか。
もしくはワタシ詳しくないんですが、一方通行の設定とかできないものなんかな?日記主体に戻すとか。

…と、ぐるぐる考えているうちにご本人の判断で削除されたようですが、それはそれで逡巡する感情が垣間見えた気がして気の毒でした。今ピリピリしてるだろうし、しんどいんやろうなぁ。

たまたま気づいて読んでしまって、うわーっと思ったので書いておきます。

これを読んでくださる方がいらしても、なんのこっちゃわからない文章で申し訳ないです。今回は自分の覚書としてなので。はい。

« 葛井寺の遅めの藤 | トップページ | 演劇チラシ6~アイ・ガット・マーマン »

音楽」カテゴリの記事