« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月27日 (木)

ハンズメッセ 2015

毎年のお楽しみ、東急ハンズの「ハンズメッセ」に行ってきました。
このセールに出かけると「夏も終わりだなぁ」と思ってしまいます。

私がいつも出かけるのは心斎橋店です。偶然にも仕事がお休みなので初日の今日、行くことができました。

初日の午前中だけ楽しめるのが、各階の数量限定セールです。
棚卸しで出たハンパものかなとか、売れ残りで処分したいのかなと思うようなものが激安で放出されていて、ここからいいものやヘンなものを発掘するのが楽しいのです。

今日の戦利品はこれ。

Img_3202
やわらかい上等の皮の小さなファスナーポーチ。
裏地も付いていて、中にはキーリングもあります。
革製品のサンプル、見本品の処分棚から見つけました。1.000円。
3つ折のお札が入る大きさです。今使っている印伝のコインケースが傷んできたので交代させる予定。
ペンケースや手帳、ブックカバーもありましたが、それらはいくつも持っているので購入は止めにしました。
でもどれもいい皮だったから買っておけばよかったかな。

Img_3204_2
もうひとつは雑貨やおもちゃの処分棚からギター型のUSBメモリー、4GB。
形が面白くて、ふざけて買ったのですが、3.000円近い商品だったようです。300円と約9割引きでした。コレですね。

あとは必ず買う一年分の洗顔石鹸や特別提供品色々。
テンションあがりますね。楽しい買い物日和でした。

2015年8月22日 (土)

山本耕史くんがご結婚!

夜9時前でしたかね。
ネットでとあるところを見ていましたら、山本耕史くんが堀北真希さんと結婚とありました。
まるっきりデマだと思い、「またまた~」と苦笑しながらも確かなソースをチェックしたらヤフーの速報に挙がっているではありませんか。
あぁ、びっくりした。

6月に共演を終えて8月に同居。
若者は行動的ですなー。うらやましい限りです。おめでとうございます。

つい先日、吉川徹さんが亡くなられて、山本くんはさぞかし辛いだろうなと勝手に胸を痛めていたのですが、精神的に支えてくれる女性がいたのだと思うと少し安心しました。

関係者のコメントの中で一番読みたいのは両者演出している白井晃さんかしら。戸田恵子お姉さまのブログも楽しみ。

山本君、現在読売演劇大賞男優賞にノミネート中です。
あんなに上手いのに、いまひとつ賞とはご縁の無かった彼です。
幸せついでにもらっちゃえ!

いい年の男性をつい「山本くん」と言ってしまうのは、このお役があったからです。パンフの中身を載せるのはマナー違反かもしれませんが、戸棚から引っ張り出して来ました。
ご祝儀がわりにお許しいただいて、「レ・ミゼラブル」のガブローシュ少年をパチリ。
Img_3201
ますますのご活躍を。

※戸田姐さん、コメント出ましたね。
ほくそ笑んでいる悪い女。いいですね。

また、スマスマの香取くん、冒頭のコメント部分拝見しました。
「オレの山本耕史をヨロシクお願いします」でしたかね。
さすが、期待されているものをわかっておられます。

2015年8月14日 (金)

ソワレとレプリーク

要らない本やファイル類を整理しました。
ここしばらく見ていない、使っていないものは思い切って破棄することにしました。
こういう作業って調子づくとどんどん拍車がかかります。
大汗かいて、あれこれ捨て続けるなかでちょっと手が止まったのが演劇グラビア雑誌の山。

単行本は廃棄してもまた手に入ります。仮に絶版になったとしても、図書館を利用すれば大抵のものは読めます。
が、「雑誌」というのは手放したら再度読むのはとても難しくなるんですね。
毎回部屋の片づけをするたびにその考えが頭をよぎり、雑誌だけはつい置いておいてしまうのです。

「ソワレ」は創刊号からすべてありました。
写真に写っている表紙だけでも松たか子さん、天海祐希さん、本田美奈子さん。つい中を見たくなります。
Img_3193
「レプリーク」は興味のある号だけ買っていたのですが、それでも中々の冊数があります。
Img_3194
世の中には欲しいと言ってくださる方も居るのでしょうね。送料だけ持ってくださるならどこにでもまとめてお送りしますが、そのアクションをおこすのも面倒です。オークションはもっとめんどう。迷います。

パラパラと見て、好きなページだけ切り取ってファイルする案もよぎりましたが思い切ってヒモをかけました。捨て捨て!

来週の紙ゴミ収集日までに気が変わったら救済に入る予定。
若干のモヤモヤを抱えつつも、いちおうスッキリしました。

2015年8月13日 (木)

『オレンジページ』創刊30周年記念トート

佐川急便さんが荷物を届けてくれました。

Img_3179
Img_3180
雑誌「オレンジページ」創刊30周年記念のオリジナルトートバッグが当選しました。うれしいぞー。
Img_3186
Img_3182
30周年の織タグが縫いこまれています。

Img_3185
かなり厚みのある帆布製で「高島帆布」だそうです。
トートバッグの弱点である「上部が開きっぱなしで貴重品が心配」だと言う点を解消すべく、共布で出来たファスナー開閉できるバッグinバッグが付いています。これは不必要ならホックで簡単に取り外せるという優れもの。
ピンクとグレーがありましたが、私はグレーを選んで応募しました。

実は申し訳ないのですが「オレンジページ」はそう頻繁に買う雑誌ではありません。興味のあるレシピが載っていた時や、外出先で読むものが無くなったときとか、その程度の頻度なんです。
ですが、このプレゼントが掲載されていた号は店頭で応募ページをみるなり、なぜか「あ、コレ送ったら当たるワ」という感触があり、応募券欲しさに購入したというわけ。
実際に届くと「本当に来ちゃった」とちょっと不思議な感じがします。

で、もっと不思議なのは以前にも全く同じように当選の予感があって、応募券欲しさに雑誌を購入し、同じように当選して頂戴したものがあるんですね。

奇しくも同じ雑誌「オレンジページ」の創刊20周年カゴバッグです…。
Img_3191
中袋は荷物の落下防止に自分で縫ったもの。

しっかりと編まれた天然素材、縁取りや持ち手に使われた本革。夏になるたびに10年使ってまだまだ大丈夫です。
Img_3192
20周年記念の皮タグが付いています。付けたまま使用しています。

この雑誌とはご縁があるのかなぁ。
もっと度々買わないと悪いかしらと思ったのでした。

2015年8月11日 (火)

ストライク

夏休みに入りまして、毎日ウキウキと過ごしています。
今日はまず大阪市西区にある中央図書館へ出かけました。
デカイ。本だらけ。幸せ。

読みたいけれど館内閲覧のみとなっていて最寄図書館へは貸し出していただけなかった資料を読んだり、欲しいページをコピーしたり、画集や写真集を眺めたり。
出かけるたびの楽しみは3階の大阪本コーナーの芸能棚。
今は無き中座や梅田コマ劇場の上演記録を見たり、そこから新聞縮刷版で劇評を紐解いたり…。
夏休みなのに静まり返ったフロアをあちこち移動して遊んできました。なんだかオタクみたいですね。

その後所用で日本橋へ出かけて、ふと昔良く行った中古CDショップを思い出しました。

昔はYou Tubeもダウンロードも無く、音楽を安く聴きたいと思ったら友人と貸し合いするかレンタルレコードか中古購入かエアチェック(死語かなぁ)しか無かったのですよ。
そのころから時々行っていた店が日本橋にあったのです。

まだあるかしらとウロ覚えながらたどり着きました。道の右側だとおもっていたのが左だった程度の思い違いで到着するものです。懐かしい。
そこで棚を色々物色したらCD探しの熱に火が付いてしまいまして、炎天下の中古CDショップはしご開始。…図書館でのオタク行動が呼び水になっていることは言うまでもありません。
広い街のあちこちをウロウロウロウロ。

で、立ち寄った中の一軒での出来事です。
店内にお客さんの姿は無く、ピアノトリオが流れていて中年男性が店番をしていました。
邦楽棚を奥から見ていますと、BGMが大滝詠一の「カナリア諸島にて」に替わりました。ジャズから大滝詠一。涼風が吹くようです。いいですねぇ。
次はYMOです。「東風」うぅ。懐かしい。手が止まってつい耳がスピーカーに向かいます。さらにピチカート・ファイブ「東京は夜の七時」と来てやっと気がつきました。
!!わたし向けにかけてくれてるんかいっ。年齢的にも趣味的にもドストライクやないですかいっ。

サ?サービス?思わずレジを見てしまいましたが店番氏は黙々と作業中。
でもどう考えても私の入店がきっかけのようで、
結局何が言いたいのかと言うと、
「ワタシわりと若く見えるつもりで、今日なんてカジュアルな服装で、でもやっぱりそういうお年頃に見えるのねハハハ」というお話なのでした。

今日は数枚のCDを手にして帰りました。聞くのが楽しみです。

2015年8月 2日 (日)

自動販売機

職場のすぐ近くにある二台の自動販売機。
ものすごく安くて、スタッフ皆がお世話になっています。
Img_3172
大体50円から80円。ものによっては30円程度です。
メーカーはゴチャマゼ状態で入れてありますが、普通に大手メーカーの商品です。推察するにお安い理由は2つ。

メーカー・問屋側で在庫をかかえてしまったもの。売れ行きが芳しくなかったもの。→ こんな味あったんだっけ、と思う種類や、なんでこんなの売り出したんだろうと思うフレーバーのものが多いです。今現在スーパーやコンビニで売っているものと同じものは入っていたことがない。

賞味期限が近づいてきたもの。→大体残り一年を切っています。30円商品を買ってチェックすると残り3ヶ月くらいになっています。

管理は目の前の激安スーパーがされているようですが、この暑さの中、補充しても補充しても飛ぶように売れていくので、最近は冷え方が甘いときも多々あります~。
Img_3173
この写真を取るときも他の方がいらしたので慌ててしまい、妙な写真になってしまいしました。
信号待ちの老若男女、袋持参でまとめ買いする人、さまざまですが水分を取っても取っても足りない今、とってもありがたい存在なのです。


« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »