« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月31日 (金)

ORIGINAL LOVE 「ラヴァーマン」

発売以来ずっと聞いています。すっごくいいアルバムです。
通勤電車の中で行き帰り聞いて休みの日には手仕事しながら。
時間があれば寝る前にも。ほぼ毎日その繰り返し。
と、いうことはトータル何回聞いてるんだ?
でも飽きない、他のCD聞いてもまたもう一度聞きたくて手に取ってしまう。

我ながらアタマに虫が湧いているというか、足元に花が咲いていると
いうか自分がちょっとおかしくなっている自覚が出てきたので、ハマッている
自分を記録しておきたくなりました。

このアルバムの不思議なところは、必ず一曲目からラストまで飛ばさずに
順に聞いてしまうところ。流れがものすごく気持ちいいんですね。
気恥ずかしくなるほど彼女にウキウキ状態の男性があちこちに登場し、
よく聞くと「恋する男」「瞳のきれいな女性」「星座」「寝顔」が曲をまたいで
見え隠れし、ハンドクラップも複数の曲で使われています。
人を喪う辛い曲(…と、私は感じた)も強い曲もあるのですが、アルバム全体の流れがあるせいなのか、飛ばし聞きをさせません。

でも曲は多彩。
一曲一曲が粒立った出来ですが、中でも4曲目から7曲目まではものす
ごく凝ってお洒落だったりジャズだったり変態だったりと聴いていて酔っ
払いそうになります。
この部分がものすごーく好き。聞きながらうれしくて笑ってるもん。キタキターッといつも一人で盛り上がってます。

「今夜はおやすみ」はオリジナル・ラブの「乙女座宮」かと思いきや、百恵
さんは男性たちを翻弄する女性なわけで、一方こちらの男性は紳士と
いうか一途な男です。
ベッドでおやすみを言ってくれる男性なんてオリジナル・ラブの曲で初
登場ではない?
今までは、もっと奥までとかふたりで地上を揺らしたりとかですから。

「フランケンシュタイン」なにこれスゲエ。わっはっは。
アルバム「ビッグクランチ」の濃厚で変態な世界(失礼)が好きな私は
大喜びでした。
すごいメロディ。いやでもこれを普通に歌う田島さんの超絶上手さは
驚嘆モノ。この垢抜けっぷりったら。

「四季と歌」はあふれんばかりの幸福感で、うっかりしていると涙腺がまずい
ことになります。直球、ド真ん中、と受け止めました。
洋楽の「愛のプレリュード」の前途洋洋感とか
「What The World Needs Now 」のきらめきを連想したのですが、
もっともっとロマンチックで胸がいっはいになる、素晴らしい曲。
四季があるだけに日本の歌だと限定して良いのかな。わずかにウエットな
ところが感じられるのもいいんですねぇ。

あと、今更ですが田島貴男さんは大変なヴォーカリストです。
ポップな曲が並んだせいか、このアルバムはその上手さが前面に出た
感じがします。
アルバム「踊る太陽」や「街男 街女」の世界を表現したクセを押し出した
歌唱も好きなのですが今回は万人向けの上手さです。

なんて言うのかなぁ。
健やかな体の中で素直に共鳴した声がスコーンと届いて歌の世界と
感情を投げ込んでくるような、ただ声をアーッと出しても聞きほれるような
感じといいましょうか、で、そこにテクニックがイヤミ無く乗っかっているイメージ?
年齢的にもヴォーカリストとして円熟期に入ったということなのかも知れません。ご本人はそんなことを言われたら本気で嫌がりそうですが。
殴られそうです。

イヤホンで聞き、スピーカーで聞いてまた印象が変わり、歌詞カードを
読んでおおっとなり、私はアホかと思います。
でも音楽って、幸せになるためのモノですからね。
飽きずにまた聞く。

※でもFNSうたの夏祭り(だっけ?)の歌はイマイチだったなー。残念。
イヤーモニター付けてる姿は新鮮でした。

2015年7月30日 (木)

カエルグッズ25~バールセン ズージャングル

今日のお八つです。
ドイツのバールセン、ズージャングルビスケットのココア味。
美味しいかと問われれば正直言ってそうでもないような…?
癖のないサクサクしたお菓子です。
Img_3171
パッケージのかわいらしさと、中央に映っていたカエルを見てつい購入。
外国のお菓子は口に合ったり合わなかったりですが、デザインの美しさや口にするまでのわくわく感も含めての楽しみがあります。
Img_3169
カエルはこれ。
ニコニコと一口でいただきました。
カエル「グッズ」ではなかったですね。

2015年7月26日 (日)

芋づるBGM

自室でCD棚の整理と机回りの片付けに明け暮れました。
こういう長時間の作業時には音楽を聴きたいので、ちょっと迷ってまず一枚選んだのは近藤房之助 さんの「 HEART OF STONE」1990年六本木ピットインのライブ盤です。カッコいいんですよこれ。ライブがひとつの生き物になってる、ラストにかけてのグルーブ感がたまりません。
近藤さんはお顔も好き。あの立派なアゴの骨格と歯を見ているとセサミ・ストリートのマペットがパカッと口を開けた様子を思い出します。ラブリー。

Img_3160
一枚聞いたら、あとは連想ゲームです。日によって発想の方向は変わりますが、芋づるに広がっていきます。

ライブつながりのポンポコリンつながりで次に坪倉唯子さんの「やさしく歌って」。

Img_3162
この方も大好きな歌い手です。同じくピットインのライブ。1991年。
ピットインってたしか上にソニーのスタジオがあってラインでつながっていたために録音が容易だったとか。あ、タツローが言ってたんだ。
唯子さん、ちょいハスキーでクールにも甘くにも歌えるなんてステキ。クーッ、たまらん。

次に山下達郎さまの「IT'S A POPPIN' TIME」に行きかけて、これはアリジゴクになると思い直して坪倉さんが歌っていたThe Roseでべット・ミドラー。
ベスト盤です。けっこうヤッツケ仕事なジャケットデザインに思えますが、中身は色々楽しめます。Do You Want To Danceが好き。大昔、鶴橋康夫監督のドラマで使われていましたね。「天国への階段」だったでしょうか。
Img_3165Img_3164
同じく坪倉さんのIt's too late からの連想でキャロル・キング「Tapestry」。文句なしの名盤ですが、私の持っているのはボーナス・トラックが最後についているもので、これが蛇足なんですねぇ。
完璧!になるところをオマケが邪魔しているようで、いつもナチュラル・ウーマン聞いたら止めてしまうのです。このCDに限らずボーナス・トラック問題はいつもアルバム世界を壊すようでもどかしいです。オマケのうれしさももちろんあるワケで。
Img_3166
久々に聞きたくなって村上ポンタ秀一さんの25周年記念アルバム「Welcome To My Life」。
ものすごい数のミュージシャンが福袋かおせちの重箱を思わせる密度で参加しています。ボーカルだけで記しても近藤さんのTravelling、山下達郎さんのI've Got You Under My Skin、矢野顕子さまの青い山脈と目白押しです。
アッコちゃんのピアノは山下洋輔さんと競演。個性強すぎなピアノが楽しいです。

ここまで聞いて作業終了。ついでにプチ模様替えも実行。
部屋もすっきり、耳もニコニコ。いい休日でした。

  •  
  • 2015年7月22日 (水)

    カエルグッズ24~名前不明。クリップ?

    大のお気に入りのカエルグッズですが、こういう形状のものをなんと呼んだらいいのか分かりません。
    カレンダーや掲示したメモの上からひょっこりと顔を出すリアルカエル。
    タイトルにはひとまず「クリップ」と書いてみましたが、紙類をまとめる機能はありません。
    ひっかけて、顔を出してる様子を愛でるものです。
    Img_1915
    常にカレンダーの上からひょっこりと顔を出しています。
    なんどか書いていますが、ファンシーなカエルより、こういったリアルなものの方がぐっとくるのです。

    大阪南港のATCで随分前に買った物だと記憶しています。
    自然科学、宇宙関連の輸入品を扱うマニアックなお店があり、興奮して見回っているときに見つけました。4センチくらいの大きさです。
    お値段は忘れましたが、1000円もしなかったはず。
    Img_1913
    その後、訪れたときにはもうこのお店はありませんでした。がっかりしました。
    ATCはずいぶん寂れてしまいましたね。
    Img_1914_2
    こういうタイプの商品もそれ以来見かけたことはありません。大事にしています。

    2015年7月12日 (日)

    カエルグッズ23~ESSENCE OF POISONの手鏡

    鏡台周りを整理していたら出てきました。
    どうやって入手したのかあまり記憶にありません。
    コンパクトについている鏡で十分なので、普段別に手鏡を持ち歩くことはないのです。だからわざわざ買うことはないと思うのですが…ノベルティかなにかでいただいたのでしょうか。
    Img_3154
    ザ・紫といった色にエッセンス・オブ・ポイズンの動物たちが金色で描かれています。カエルくんもちゃんといます。
    Img_3156

    2015年7月10日 (金)

    お弁当三箱

    電車の中で、オリジナル・ラブの曲を聴きながらふと腕時計を見ると19時過ぎ。
    今日は梅田クラブクアトロだなぁ。
    さぞかし盛り上がっているんだろうなと思いつつ帰宅したのでした。

    一息ついて田島さんのツイッターを見て爆笑。
    ステージ直前のタイミングでお弁当三箱も食べてるよこの人。
    (まぁ小ぶりな鳥そぼろ弁当みたいだけど)

    ステージ前にどのタイミングで何をどれくらい口にするか、あるいはしないのか、
    細心の注意を払うミュージシャンや歌手が多々いる中で、今更ながらダイナミックな方ですね。
    体が重くなったりしないのかな。いやー、大好きだワ。

    明日はカレー食べて帰るんですかね。大阪楽しんでくれるといいな。

    ※あ、正起屋のとり弁当かっ。真城めぐみさんが書いておられました。
    お弁当じゃなくて店内でなんどか食べてるわ。なんか見覚えあったのですっきりしました。

    2015年7月 6日 (月)

    サンスタートニックリンスインシャンプー 限定品

    汗かきのせいか、夏になると頭皮のかゆみに悩まされてきました。
    美容院でスペシャルシャンプーをお願いしても、さっぱりするのは一時のことですし、今年も暑くなるにしたがって、どうしたものかと対策を考えていました。

    色々ネットで調べて、選んだのがこれ。
    サンスタートニックシャンプーのリンスインタイプです。通常品は香りがオジサマ風なのを知っているので、女性が使うにはどうだろうと躊躇していたのですが、夏期限定品で「アクアティックメロン」と「フローズンフローラル」というさわやか系の香りが出たのを知ったのでした。
    おまけにメントール成分が従来に比べて10パーセントアップしています。
    Img_3150
    さっそく2種類とも入手して、「アクアティックメロン」を使ってみたら、
    あぁ、幸せ。
    洗っている最中からスースーして、気持ち良いです。
    リンスインなのでシャワーをさっと済ませられますし、髪を拭いている間もスースーします。
    気になっていた香りも、ウリ系のさわやかメロン。女性から香っても大丈夫な香りでした。髪も今のところきしまないので、時々トリートメントやヘアパックをすれば痛まないのではないでしょうか。
    この夏、これは頼りにできそうです。うれしい。

    メーカーさんは限定と言わず、女性ターゲットのトニック系ももっと視野に入れてくれたらいいのにと思ったのでした。

    ところで、これを買ったのは家の近くのホームセンター「ダイキ」です。
    大阪市内をあちこち探しても見当たらず、休みの日に出かけて店頭で尋ねたところ、先方から、担当者が今日休みなので詳しく分からないのだが、調べて電話させると申し出てくださったのでした。

    そんな手間をかけていただくのは悪いと一度ご遠慮したのですが、せっかくお運びくださったのに申し訳ないと言ってくださり、結局こちらの不在時の留守番電話を通じて
    担当者からの入荷OKの連絡 → お願いするの伝言 → 入荷お知らせの電話とやりとりを経て購入できたのでした。

    1ケースずつ入荷し、そのうち1本ずつの購入でもまったくかまわないと言ってくださり、わざわざの取り寄せと連絡。
    複数の店員さんとやりとりをしましたが10代と思われる方からベテランと思しき年齢の方までどの方もテキパキと言葉遣いも美しく元気で、申し訳ないやらありがたいやらでした。感謝。

    2015年7月 2日 (木)

    サイン本にあれこれ想像

    古本屋さんの棚を眺めているときに、小池真理子さんのご本を見つけました。
    小池さんの著作は色々と読んでいますが、これは未読です。
    背表紙からして見るからに美本で、つい手に取りました。

    「虹の彼方」。パラパラと中を確認しましたがやはりまだ読んでいません。ハズレのない作家さんなので安心して買って帰りました。
    Img_3087
    さて、自宅で改めて手に取ってビックリ。サイン本だったのです。
    この本はどういう経緯を経て私の手元にやってきたのでしょうか。つらつらと想像してしまいました。

    まず、著者の謹呈しおりがはさんでありました。
    新刊が出るときに、作家さんの手元には出版社からまとまった数の本が届けられるそうです。そのときに「謹呈」と書いたしおりもセットとなっていると聞いたことかあります。
    実際、私の家族がある出版にかかわったときにも同じ流れで本としおりがダンボールで届いていた記憶があります。
    どうやら書店でのサイン会でもらったものではなく、小池さんご自身からの献本だったように思われます。

    サインの日付は2006年5月27日。
    この本の発行日は4月30日。実際店頭にはもう少し早く並ぶ気がします。
    執筆するにあたっての取材関係者や、日ごろお世話になっていて一刻も早く読んでいただきたい方に第一陣を送り、その後もう一息ついたタイミングでのサインかなと思いました。
    もっとも売れっ子作家さんなので、忙しくて世に出回る前に贈る機会を逸しておられるかも知れず、この推理は当たっているかどうか不明ですね。

    で、写真では隠しましたが、なによりも贈られた人のお名前が書いてあります。
    …あまり品のいいことでは無いと思いつつ、興味が勝ってしまい、贈られた人のお名前を検索してみました。
    そう多くない苗字、平凡な女性名。
    いくつかヒットした中で、小池さんとかかわりがあっても驚かない、ある程度の社会的地位とお名前ををお持ちの関西で活躍しておられる方。
    この人かな?と思う人が存在しました。

    元の持ち主は多分大量の本が回りにあるお仕事かと思います。
    どんどん処分なさるときに混じったかな。
    しおり紐の状態から見ても、多分読んでませんね。
    Img_3088
    ちなみに買ったのは有名全国チェーン古本屋さんではありません。大阪の老舗古本屋さんです。
    めぐりめぐってご縁を経て私の手元にやってきた贈呈本。
    読書の楽しみより先に、想像の遊びを届けてくれました。

    しかし美人は字も美しい。落款もきりりと上品であります。

    « 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »