« バッグ・イン・ボックスのワイン  フランジア | トップページ | サイン本にあれこれ想像 »

2015年6月23日 (火)

ごはんの間

所用で近鉄奈良駅近くに出かけました。
ランチに立ち寄ったのが「ごはんの間」さん。「ごはんのま」かと思ったら「ごはんのあいだ」のようです。

駅前の行基さまを北に、奈良女子大の方角へ歩きます。郵便局を過ぎてすぐ、右手にあるお店です。平日とはいえ丁度12時。入れるかどうかと思ったのですが、けっこう空いていました。
この後どんどん混んできましたが、待っても1~2組のようです。

Img_3146
キレイな店内は定食屋さんのそれではなくて、カフェ系を思わせます。
が、客層はおばさまグループから近所のサラリーマンの皆さん、男性・女性ともにお一人様と色々です。
カフェご飯ってボリューム的に物足りなかったり、見た目ばかりで大して美味しくなかったりしますが、この客層だとルックスだけじゃないお味が期待できます。

お昼は定食2種。どちらも800円で、今日のメインは春巻きか天ぷらを選び、これにごはん、サラダ、白和えと具沢山のお味噌汁が共通で付きました。
Img_3143
お味噌汁が美味しかった。具はわかめ、もやし、ニラ、薄揚げ、豆腐、えのき。
ニラの香りと濃い目のお出汁がマッチした熱々に大満足。
噛み切りにくいえのきと香りの強いニラは小さく切り、濃い味の野菜の中で負けそうなお豆腐は大きめに切ったとみました。
Img_3142
Img_3144
私は天ぷら、連れは春巻きをいただきましたが、天ぷら、何種類あったかな。上品に盛られていましたが量はたっぷり。
タマネギかと思って口に運んだらなんと大根。
出汁でしっかり煮含めた大根に衣を着せて揚げてあるのは驚きの美味しさでした。
そういえば、お正月に残って数日経ったお煮しめを、風味変更と再加熱の為に油で焼くととても美味しい、あの味を思い出しました。大根の天ぷら、アリですねぇ。

すごいと思ったのは連れの男性のご飯が、何も言わないのに少々多めに盛ってあったことです。行き届いた心遣いですね。
隅々まで清潔。髪をきちっとまとめ、爪も短くしてきびきびしたスタッフ。
味と量にも満足ですが、こういう基本的なことを守ってくださると気持ちいいです。
いいお昼ごはんをいただきました。

さて、その後三条通の骨董屋さんの店先で、こんなレリーフ皿を買いました。
HOYAクリスタルの新古品、箱入りがたくさん積んであったなかから一枚。
100円という信じられないお値段でした。
さすがHOYA、澄み切った透明で、重量どっしり。
アクセサリートレイにしましょうかね。
Img_3149


« バッグ・イン・ボックスのワイン  フランジア | トップページ | サイン本にあれこれ想像 »

」カテゴリの記事