« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月20日 (火)

リサ・ラーソン トートバッグ

先日ふらっとユニクロに行った時に、新商品としてリサ・ラーソンのトートバッグが並べられているのを発見しました。1.500円。

欲しい!と思ったものの、その場では
一体いくつバッグを持っているんだとか
これを持つのは可愛すぎて気がひけるのではないかとか
生地が薄めかなとか
街中で人とかぶる率が高いぞとか
自分に対してストップがかかってしまい、帰宅。

しかしやっぱり気になる。心斎橋店でずらーっと並んでいるのを指をくわえてみていたら哀れに思ったのかツレが買ってくれました。うれしい。
Img_2795
マイキーが好きなこともあり、何種類かあるなかで赤を選びました。
いざ買うとなると、柄の出方が色々で悩みます。
平日でお店がガラ空きだったのをいいことに、
マイキーが3個散っていて、柄の天地が綺麗に出ていて、プリントの汚れが無く縫製も綺麗なこれを選びました。

ファスナーはありませんが、留め金がついているので安心です。
Img_2797
デパートの北欧フェアのリサ・ラーソンショップで以前見たトートは17.000円だったかな。もちろんもっと丈夫なキャンバス地でしたが、この値段だったら皮のバッグにするなぁと思った記憶があります。
うーんユニクロすごいわ。
Img_2796
なんだか幸せでにこにこ眺めています。

2015年1月19日 (月)

天王寺でお値打ちランチ

今日は天王寺でランチです。
場所は安倍乃荘というJR西日本の施設です。
会議や研修の案内が貼ってありました。食堂・会議室ともに一般の人も利用できるようです。
Img_2779
近鉄阿部野橋駅から歩いて3分ほど。落ち着いた構えの建物です。なにもなかったら入りにくい佇まいだと思いますが、入り口にメニューがありますので安心して奥へ進みました。玄関のシュロの木がものすごく立派です。

和洋軽食ドリンクと、ラインナップはこういう会館にありがちな内容で、とくに目新しいものはありませんが、お値段はとてもお手ごろで驚いてしまいます。
Img_2774
私がいただいたのは日替わりの洋ランチ。今日は牛ロースカツがメインです。これで730円。なかなかのボリュームでしょう。
お味も真っ当で、大満足の美味しさ。穴場ですねー。
和定食は520円で、ちらっと見たところこれもとても美味しそうでほぼワンコインと思えば驚愕の内容です。

12時になるともう満席。常連さんには軽く世間話をし、新規さんにはてきぱきと応対するお店の方たちの接客も気持ちのいいものでした。
Img_2778
窓辺の席はぽかぽかと暖かく、冬枯れの庭も風情がなくもない。
いいところを見つけたわと思ったのですが、2015年3月で建物の老朽化のため閉店だそうです。あぁ、残念。
Img_2793
その後難波に出てウロウロしていたところ、オーエスドラッグでボディショップのハンドバターを発見。
ワイルドローズの香り、100mlサイズがどういうワケか298円。
狂喜して2個買ったのでした。

2015年1月18日 (日)

ピペット

昨日は阪神大震災から20年という節目の日でした。
在阪各局は特別番組を組んで大きく長時間取り上げていましたが、私は正直言ってあまり触れたくない、思い出したくないという気持ちがまだ残っています。なので、それらを正面から見ることはしませんでした。

さて、近所のため池に渡り鳥を見に行きました。
まるいフォルムの鳥たちがぷかぷかと浮いているのを眺めるのは大好きです。

Img_2767
足音を忍ばせて近づいてもすすーっと逃げられます。
野生動物は敏感ですね。一度離れたら絶対戻ってきてくれないので、遠目に眺めて帰ってきました。
Img_2773
夕方の庭で蝋梅のほころびを発見しました。
ホンマに温くなるのかいなと思いつつ毎日震えて過ごしていますが、ちゃんと春への準備は進んでいるようです。もうすこしのガマン。

閑話休題

大きな病院にいくと、病気予防のパンフレットや催し案内が置いてあります。
そこで、フィギュアスケートの鈴木明子さんのインタビュー記事の載った小冊子を見つけました。
Img_2760
日本臨床衛生検査技師会発行の季刊誌「ピペット」です。
表紙プラス4ページのカラーインタビュー。
普段目にする記事内容とは一味違って、アスリートチェックに触れたりした点が面白く読めました。
「なぜここ(病院)にアッコちゃん!?」と驚きました。あちこち興味のアンテナは張っておくものです。

HPの出版物から「ピペット」を選ぶと読めるのですが、この6号は残念ながらまだ反映されていないようですね。
「空想検査」の記事、バックナンバーも含めてすっごく面白いです。

Img_2762

2015年1月13日 (火)

思い込む前に調べろ!

毎日楽しくNHK朝の連続テレビ小説「マッサン」を視聴しています。
過去、連ドラを見たのは「オードリー」「いもたこなんきん」など、事前に出演者を知り魅力を感じたときだけだったのですが、今回はそういった理由も無く、ただなんとなく見はじめて、面白さに継続しています。
自分としてはめずらしいことです。

シャーロットさんはご本人の演技がしっかりしているので安心してみていられるなぁとか、玉山鉄二さんは映画「ハゲタカ」の印象しかなかったので今回随分おおらかで魅力的だなぁとか、そういう発見もいいものです。
住吉酒造のシーンが今まででは一番好きでした。
(ご贔屓の白井晃さんの大阪弁にニヤニヤ。住吉はおもいっきり地元でいらっしゃいますものね。)

さて、そうこうする中で気になったのが、マッサンの妹のすみれさんです。
大正から昭和のお嬢さんにちゃんと見えて、可愛らしいし、いい女優さんだわと惹かれました。
早見あかりさんという方だということはタイトルで分かったのですが、今の若い俳優さんやタレントさんに疎いものでお名前を知っただけで満足していたのですが、そうこうするうちに「ももいろクローバー」のメンバーだと知りました。

あの色分けされた元気なお嬢さんたちの一人なのか。
随分お芝居が達者だけど、器用な方なのかしら、将来もいい女優さんになるでしょうと納得したのです。

で、年末の紅白。
ももクロさんの出番で、すみれちゃんはどの子だろうと一生懸命見たのですが、よくわかりませんでした。
衣装を着ているし、動きも表情も激しいし、最近の若い子達の見分けがつかないし、一人インフルでお休みだというので、もしかしたらその子かなと思ってその場は終わりました。

一方「マッサン」は先週からまた広島に舞台が移って、再度すみれちゃんの登場です。
すっかり忘れていた「すみれちゃんはももクロの子」という記憶がまたよみがえってきました。
で、結局この子は一体何色のお衣装の子なのかしら?

…前置きが大変長くて失礼しました。
最初の情報を頭にインプットするときから間違いだったのですね。
彼女は「元」メンバーで、今は女優さんに専念していると。
どんなに目を凝らしてさがしてもそりゃいないワケですわ。ははは。

なんのために目の前にPCがあるのかと自分に突っ込みたくなりますね。
検索すれば一瞬で分かり、3分もすれば昔の活動映像まで見られて全容がつかめる。拍子抜けです。
おかげで必要以上に早見あかりさんに詳しくなってしまいました。





2015年1月11日 (日)

カエルグッズ19~恋人カエルのイヤリング

カップルのカエルが寄り添っているモチーフのイヤリングです。

奈良もちいどの通りに動物モノの雑貨とアクセサリーばかり扱っている小さなお店がありまして、そこで見つけました。
お店的には犬・ネコ、あとは場所柄で鹿がテーマのものが多かったのですが、そこはカエル好き、ちゃんとこういうものを発見してしまうのです。
Img_1892
モチーフは2センチ足らずでしょうか。
色も地味なので、ぱっと見は何をつけているのか分かりませんが、そこがいいんですね。よく見るとラブラブカエルというぐらいで丁度いいです。
Img_1893
後に再訪したところ、残念ながらお店はなくなっていましたので、そこで買えたのはこのイヤリングだけということになります。
面白いお店だったので惜しいですね。

2015年1月 2日 (金)

新年おめでとうございます

町田樹選手の現役引退にショックを受け、テレビ中継の顔見世を見、佳子内親王殿下の可憐さに驚く合間に(姉君の神秘性と違ってこれまたご立派)大掃除をして、買い物をしている間に新年が明けたという感じです。
あっという間の年末年始でした。

紅白はけっこうしっかりと見てしまいました。
中島みゆきが圧巻。あとは椎名林檎がよかったなぁ。

薬師丸ひろ子と松田聖子のアガリっぷりがすごかったです。
この世代くらいまでは紅白を特別なものと思っていて、それがマイナスに働いてしまったという感じでしょうか。
若い歌手の人は「年末の大きな歌番組」以上の感慨はないと見ました。それだけにアガることもない。

それにしても司会が歌い終わった歌手に向かって
「○○さん、ありがとうございました」って必要なんでしょうか。
番組をひとつの座組みとして考えたら、座内の人間にいちいち挨拶をする場面を流す必要はないのでは?
歌の余韻を残して、一拍溜めたあとで次の話題なり歌手紹介なりに行くほうがスマートなのにと思います。
昔の紅白や、長門夫妻の「ミュージックフェア」・芳村、井上時代の「夜のヒットスタジオ」の進行なんて子供心にも垢抜けていると感じたものです。
Img_2732
さて、お正月は可愛いイタリアングレーハウンドが遊びに来ました。
都会っ子なので、田舎の土手道をあるくのは新鮮だろうと、雪の中を散歩に連れ出したのですが、寒いから早く帰ろうと言う始末。
途中出会った他所の犬にもひるんでいました。
立派なセーターを着込んでいるのに情けなや。
Img_2739

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »