« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月30日 (月)

久米寺のあじさい

 久米仙人で有名な奈良県橿原市の久米寺に行ってきました。お目当てはあじさいです。奈良県内だと矢田寺のあじさいが規模も大きくて有名ですが、こちらも中々楽しめました。

Img_2135
場所は橿原神宮のすぐ隣、近鉄南大阪線の線路をはさんだところにあります。回りは住宅地です。立派な鐘つき堂もありました。

Img_2132
あじさいは時期的にそろそろ終わりかと思ったのですが、まだ綺麗でした。

Img_2101

Img_2109_2
Img_2117
かたつむりを発見。最近我が家のまわりでは見かけなくなったので、なんだか新鮮です。可愛い。

Img_2112
池では睡蓮が咲き、鯉が泳いでいました。湿った土の香りを嗅いで、花を見ていると気持ちが穏やかになります。

Img_2113
入園料をお支払いしたときに、こんな手ぬぐいタオルをいただきました。
ちょっとした記念品になってうれしいものです。

Img_2137
Img_2124



2014年6月28日 (土)

トニー賞 2014

一年に一度のお楽しみ、トニー賞の放送。
6月に入ってから、色々検索したりNHKのサイトに行ってみたりしたのですが、
中々情報が見つかりません。

まさか今年は中継ナシ?

NHKさん、今からでもいいです。
短縮版でも字幕がイマイチでも文句は言いません。
放送よろしくお願いします。

2014年6月23日 (月)

カエルグッズ8~小さい3兄弟

通りすがりのお店で見つけた3兄弟です。
ヨーロッパ調のおしゃれで高価な雑貨類に混じってちんまりと引き取り手を待っていました。
大きさは親指大。陶器です。お値段は忘れました。

Img_1856
一人でも良かったのですが、せっかく3人並んでるのだからと、3人とも買って引き取って来ました。
お店の方が一体ずつとても丁寧に紙にくるんでくださったのをなぜか未だに覚えています。
体の花柄と切れ長で離れた目、鼻の穴など可愛さてんこ盛りです。
Img_1857
私の中ではこの子達は仲良し3兄弟のイメージなんです。
普段は同じブルー系の焼き物の飾りかごの中に愛らしく並んでいます。

Img_1858

2014年6月22日 (日)

ミックコスモの「おからボ」

ミックコスモさんという化粧品メーカーがあります。
最初に知ったのは多分なにかのサンプルプレゼントだと思うのですが、使用した感想をアンケートに記入して送ると忘れた頃に、またなにか送ってくださるんですね。で、こちらもまた使って書いて送る。
そうするうちに愛用品も生まれ、やりとりするうちにメーカーさんへの親近感も生まれると言う好循環が発生しています。

いつも手作り感あるお手紙が入っていて、いつだったかはなぜかチロルチョコが同封されていたこともありましたっけ。和む…。
私のイチオシなのは「贅沢プラセンタのもっちり白肌BBクリーム」です。
いろんなBBを使ってきましたが、コスパが良くて伸びも良く、落ち方も綺麗で良いんです。ナチュラルベージュが色的にもぴったりでリピートしています。

で、今回は9月に発売予定だという「おからボ」という洗顔せっけんとパックのモニターをさせていただきました。

Img_2089
届いたのはこんな入れ物です。パッケージがありません。試作品という感じですね。

Img_2093
商品名の通り「おから」を配合した化粧品だそうです。保湿・皮脂の吸着・スクラブ効果が期待できるそうです。
そういえば「豚の角煮」を作るときにおからを入れて下茹でします。余分な油がおからに吸着されて、三枚肉の脂がとてもおいしく仕上がるのですが、この洗顔せっけんは顔の皮脂をおからで吸着するという…全く同じですね。

どれどれとさっそく使ってみたのですが、このせっけんの泡が素晴らしいです。重量感のあるもっちりとした泡がモコモコと出来て、それを肌の上で転がす気持ちの良さったらありません。結構ムニムニと洗っていたのに洗い流すと突っ張ることも無く、しっとりしています。

パックは簡単なのがありがたいですね。
私はお風呂場に持ち込んで、パックしながら体を洗い、済んだらすぐに顔も流してしまいましたが、心なしか肌が落ち着いた印象です。。

ほのかに絹ごし豆腐の香りがします。もたっとしたテクスチャーのクリーム状態のパックで、30秒でいいらしいので、これならものぐさな私でも続けられそうだと思いました。

とにかくせっけんはまず購入決定。発売予定の9月が待ち遠しいです。

2014年6月18日 (水)

カエルグッズ7~きのことカエルのネックレス

美術館や博物館といった場所を訪れる楽しみの一つにミュージアムショップがあります。
私の好きなのは吹田の国立民俗学博物館と中之島の国際美術館、そして大阪自然史博物館のミュージアムショップです。特にここはカエルの気配が濃厚で、コレクション気質も刺激されます。

Img_1898
このネックレスはその大阪自然史博物館で手に入れたもの。
ショーケースに並べてあったものを見て一目ぼれしました。
3センチ足らずのきのこにカエルが登っていて、首をもたげています。

Img_1897
買ったときは大きなピンにこのモチーフがぶら下がっているブローチでした。でもブローチってあまり付けないので、自分で色の合った鎖を探してきて作り替えたのです。
おいくらだったかな。多分1.000円くらいで鎖もそのくらい?

Img_1899
少々重めですが、大変気に入っています。
きのこはすぐ気づかれるのですが、そこにカエルがくっついているのを発見した人は大抵びっくりされるようですね。

Img_1900

2014年6月14日 (土)

雨あがる

NHKでノーカット放送していた「雨あがる」を観ました。
たしか公開当時話題になっていたはず…と言う程度の知識で録画しておいたのですが面白かった。

雨に足止めを食った人たちの宿屋での様子がいいですね。
色彩のトーンが綺麗で、絵のよう。ふと黒田清輝を思い出しました。

宿屋のご主人が下川辰平さんでした。「太陽にほえろ!」を欠かさず見る子供時代だったので思わず声がでました。

原田美枝子さん、ズルいなぁ。もうけ役。

殿様の棒演技に一寸イライラしたのに、見続けるといいアクセントかもと思ってしまいました。
そこが三船の血でしょうか。

檀ふみさん。地味だけど好きな女優さんです。
ドラマ版「藏」の名演はいまだに思い出します。声もいいよね。
エッセイも大好きです。
本当に知的な人は「知的でしょ」アピールをしないという代表格かも。

そして、寺尾聰さん。
自然に、あくまで普通にその場にいるというお芝居がすごいです。
舞台ファンとしてはつい力の入った演技に惹かれる傾向があるのですが、こういうサラッとしたありかたも素直にすごいなぁと思いました。
偶然ですが、昔LPで持っていたアルバム「Reflections」をまた聞いてみたくてCDで買ったばかりなのです。
もうカッコよくて素敵で懐かしくて、悶絶していたところ。

映画館に足を運ぶ方ではないのですが、こうやってテレビでCM無し、ノーカットで見せてくれる時に見てみるといいものですね。
NHKさん、これからも期待してます。

2014年6月 9日 (月)

舞洲ゆり園

舞洲ゆり園が見ごろだというので出かけてきました。

まずはコスモスクエア駅に出て、ここでランチです。駅前にある森ノ宮医療大学の学食が一般歓迎とあったので行ってみました。
最近の学食は自分が学生だったころとは比べ物にならないほど豪華です。広々とした明るい「メディカフェ」という食堂で、3品デリランチをいただきました。一般610円。学生さんは390円だそうです。夏野菜のマリネが美味しかったです。

Img_2023
腹ごしらえが済んだら、バスでロッジ舞洲駅へ。
途中大阪市環境局の前を通ったりしながら、20分ほどで到着です。

Img_2026_2
ゆりです。もう一面のゆりの花。
海辺の土地にただゆりが植えてあるだけといえばそれだけなんですが、その量たるやものすごいものがありまして、色彩と香りに圧倒されました。

Img_2037
Img_2049
広い園内を順路に沿ってどんどん歩きますが、もうゆりゆりゆり。
知っているのはささゆりやカサブランカ、せいぜいオレンジ色の鬼百合ぐらい
なんですが、こんなに色とりどりの品種があるんですねー。

Img_2032
Img_2064
海の向こうは三宮や六甲山、運が良ければ明石海峡大橋も見えるようです。

Img_2044
これだけ咲いていると、「天国」とか「極楽浄土」なんて言葉を連想していまうのが我ながら妙なところ。でも満開の桜や薔薇園とはまたちがう不思議なムードを感じます。堪能しました。

梅雨の中休み、もう夏雲も見られます。

Img_2056
帰りは超満員のバスに揺られてJR西九条の駅まで約30分。途中駅で積み残しのお客さんが出るほどで、これだけは中々大変でしたが、素敵な一日を過ごせました。一応満開とのことですが、見る限りまだまだ蕾がいっぱいで、まだ当分楽しめそうでした。日傘か帽子必携ですよ!

2014年6月 4日 (水)

昆べー

口寂しいときは甘いものも良いですが、昆布やスルメ系の食べ物も美味しいですね。
もともと昆布のうまみが好きで、佃煮やおぼろ昆布は常備していますし、酢昆布なども時々食べたくなります。
中でも一番好きなのはこの「昆べー」です。色々浮気しても結局これに戻ってしまいます。

Img_2021
妙な甘みやすっぱさがなくて、昆布そのものの味が楽しめます。厚みにムラがあるので、分厚いのに当たるとアゴも鍛えられます。それにカロリーも低く、栄養満点。
私はA-プライスというプロ向け業務スーパーで買っています。と、いうか他所で見たことがありません。

62グラム入りの袋で500円弱。
ジャンクフードもたまには美味しいですが、こういうおやつもまたよしです。

2014年6月 1日 (日)

カエルグッズ6~100円ショップの王子様

カエル好きのことをカエラーと言うそうです。
カエラーはどこに出かけてもカエルの気配に敏感なようで、これはダイソーで発見しました。
100円ショップの置物、侮りがたし。

Img_1859
王冠をかぶったカエルの王子様です。
体が白無地で王冠だけゴールドというのが中々洒落ています。妙に着色してあったら多分手を出さなかったと思います。

Img_1861
焼き物。大きさは12~13センチあります。
後姿も大変よろしいです。

Img_1860

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »