« クロコ | トップページ | ひまわり »

2011年8月26日 (金)

心星ひとつ

高田郁さんの「みをつくし料理帖」シリーズの最新刊「心星ひとつ」読了。
急展開というかなんというか、最後まで読んで「なんでそーなるのっ」と力が抜けました。ま、結論に関しては次巻を待つことに致しましょう。

Img_1053 ずっと楽しく読んではいるのですが、同じ表現の使い回しが気になります。特に効果を狙ってのものでもなさそうなので、作者がお好きなのかな?
あと、戯作者の清右衛門さんが突然馬琴になってたような気がするぞ~。

小松原さんは読んでいて劇団M.O.Pの三上市朗さんの姿が浮かびます。映像化の折にはぜひ推薦したいものです。

« クロコ | トップページ | ひまわり »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 心星ひとつ:

« クロコ | トップページ | ひまわり »